福岡の注文住宅・新築一戸建てなら 一級建築士事務所でんホーム株式会社

トップページ > 建築実例 > 四季の住まい鳥飼7丁目

四季の住まい鳥飼7丁目

■2階にキッチンとお茶の間リビングダイニング

このお家があるのは城南区鳥飼。
中央区すぐそばの都市部です。

目の前の道路は車通りは少ないですが、人通りは結構あります。
リビングでくつろいでいると、道行く人と「こんにちは」してしまうのを避けるために、2階リビングになりました。
その2階リビングで、さらにお茶の間リビングを加えてみました。

■29.7坪の敷地に1台分の駐車スペースのある27坪の木の家

5

たった30坪以下の敷地で、どれほどの空間ができるのでしょうか?
「やっぱり狭いな・・・」と思われるか。
「えー、意外に広いな!」と思われるか。

■大きな木の窓と太陽の光いっぱいの天窓

でんホーム標準の木の窓。
大きくて、すごい開放的な気分になれます。

加えて、天窓。
電気をつけてなくても、すごく明るいリビングになります。

■吹き抜けリビングから、外に広がるウッドデッキ

1

30坪の小さな土地だからこそ、コンパクトに暮らす。
それももちろん大切なんですが、広く感じられる工夫も大切。
リビングから、ウッドデッキが広がっていて、リビングを広々と感じられる空間にしています。

■料理にこだわる奥様のためのオープンL型キッチン

アイランドキッチンって、よく聞きますよね?
壁についてないアイランド(島)なかたちのキッチンです。
もちろん、それもコミュニケーションがとりやすいですし、動線も短縮できるので便利です。
ただ、料理にこだわる奥様は、それだと物足りない・・・ということも。

この「四季の住まい鳥飼7丁目」では、シンク側はオープンになっているL型キッチン。
オープンなので、コミュニケーションはとりやすく、L型なので、広々と充実したキッチンライフが楽しめるキッチンです。

■素足で歩く住まい

2

せっかくの新築戸建て。夢のマイホーム。
スリッパを履いて暮らすのは、何かもったいないですよね。

でんホームの家は無垢の床材を使っているので、肌触りやさしく、温かく感じられるので、スリッパは要りません。
もちろん、その背景には、でんホームの家が断熱性能の高い、高性能な家というのがあるのですが・・・

■都市部で利便性と自然の恵みを感じられる空間

3

家の中は、木の床、木の天井、白い壁で落ち着く空間です。
家の外は、木々や草といった自然の緑がお出迎え。
敷地全体で自然の恵みが感じられるようになっています。

  • 資料請求
  • お問い合わせ
メールセミナー

メールセミナー

まずはメールで気軽に勉強して下さい

メディア掲載情報

メディア掲載情報

色々なメディアに掲載いただいております。

スタッフ紹介

スタッフ紹介

家族が仲良く幸せになる住まいづくりを

でんホーム

社員公式Blog

ブログイメージ
でん社長
総務竹内
  • 資料請求
  • お問い合わせ

  ・ビジネスパートナー募集