化粧品メーカーとのコラボ住宅が売れているそうですね

大和ハウス工業が、高級スキンケアのトップブランド「SK-II」とコラボレーション。

共働き夫婦がターゲットの戸建住宅新商品「xevo CLEVA(ジーヴォクレバ)」に、
スキンケアとメークの専用ルームとして利用できる住空間「コクームスペース」を標準搭載とのこと。

化粧品メーカーとのコラボ住宅が高所得者層に売れている – ヒット研究所 – 日経トレンディネット

完成した「コクームスペース」は、おこもり感たっぷりの繭(コクーン)をイメージした上質ないやし空間。メークに適した自然光に近い乳白色の照明や、肌の色が正確に表現できる「ピュアミラー」付きメークカウンターなど、美のスペシャリストによるかゆい所に手が届くような工夫が満載だ。そのため特に医師・美容師・建築士や一部上場企業の管理職クラスなど、第一線でハードに働く女性から評価が高いという。

第一線でハードに働く女性のいる共働き夫婦が、より豊かな住環境を手に入れるために、
こういう上質ないやし空間をつくるというのも、素晴らしい提案ですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です