ぎっくり腰と少年ジャンプから幸せを考えてみた

以前のブログで、ぎっくり腰になったことについてお話しました。

あまりにも腰が痛いので、安静にしておこうと予定をすべて白紙にさせていただき、寝たきり状態に突入。

その前に、買い出しに行ったところ、週刊少年ジャンプを発見。
最近は立ち読みばかりで、めったに買ってなかったのですが(すみません)、今回はベッドで読もうということで購入。

ひさしぶりにHUNTER×HUNTER(ハンターハンター)というマンガが再開されていました。

そこにあった画で、貧富の格差や独裁国家などの人間の残酷な側面を描いたものがありました。

私は、ぎっくり腰とこの画をみて、ちょっと幸せとは何なのか?人生とは何なのか?と考えこんでしまいました。

マンガから、幸せや人生について考え込む

ぎっくり腰になった気づく、健康の大事さ。
いつもあるものだから、ついついその大事さを忘れがちになってしまいます。
改めて、そのありがたみを感じさせてもらいました。

その一方では、ハンターハンターの画のように、
どんなに努力しても健康的な生活のできない人々が、現在も、世の中にはいます

たとえば、アフリカの諸国といった国に生まれた人々です。

絶対的な貧困の下で、教育も受けることができず、
ただ単に生まれた環境がそうであったというだけで絶望的な状況にいる人たちもいます。

また、独裁国家の下で生きる一般の人たちもそうです。
独裁者の考えひとつで人生を左右されてしまう。
命を奪われることも当然のごとくあるわけです。

こういう思索にふけっていると、今の日本はたしかに悲壮感が漂っている、
沈滞ムードではありますが、ほとんどの人が健康的な生活を送ることができます。

また、理不尽に命を奪われることもほとんどありません。

さらに努力次第では、富を得ることも、大きな仕事をすることも、国家運営に関わることもできるわけです。

そういう面で、すでに大きな幸せのなかにいると感じるのです

富と貧しさについての考察

加えて感じたのは、富と貧しさについてです。

富と貧しさと書くと、たとえば、富を持つものがエラい、富を持つものはロクでもない、という考えや、
貧しさはダメだ、貧しさは救われるべきだ、という考えのように、
「富」にも「貧」にも、それぞれポジティブなイメージとネガティブなイメージがつきまといます。

世界的にみると、当然、極度の貧困は救われるべきでしょうし、そのためにできることをすべきだと思います。

ただ、先進国、とりわけ、日本においては、
貧富の差、富と貧しさは想像以上にあいまいになっているのだと感じるのです

かつて、とりわけ高度経済成長期以前の日本において、貧しさは文字通りの貧しさでした。
それは物質的な貧しさを指しているからです。

今では考えられないことでしょうが、携帯電話もなければ、エアコンもない、
カラーテレビも普及してなければ、マクドナルドもない(笑)、
スターバックスもなければ、自動車もあまりない、特にモノがなかったわけです。

その状況下では、貧しいということになるのでしょうか。
ただ、当事者がみなさん貧しいと思っていたかというと、疑問の余地があります。
特段、貧しいと意識することもなかったのではないでしょうか。

それは、富も貧しさも相対的なものだからです。
誰も携帯電話を持っていないから、別に貧しいと感じることもない。

みんな携帯電話を持っていて、自分には持つお金がなければ、貧しいと感じる。
そういうものでしょう。

バブル経済、IT時代を経て、現在に至るわけですが、富と貧のあいまいさは特に顕著になります。

富を持つことの価値が薄れてしまっているからです。

それは、端的に言えば、物質的な豊かさが満たされたからだと思います。

たとえば、年収3000万円の人と年収300万円の人をとってみて考えても、
どちらも携帯電話を持っているでしょうし、どちらもスターバックスには行けるわけです。
自動車も持っているかもしれませんし、マンションや一軒家住まいであったりするわけです。

違いは何かというと、スターバックスに行く頻度だったり、
自動車のブランドだったり、マンションや一軒家の立地や広さが若干異なるくらいなわけです。

重要なのは、ここに決定的な違いはないということです。

かつて、200年前の日本は江戸時代で、士農工商と分離しており、殿様は殿様で、平民は平民だったわけです。
たいがいがあばらやに住んで、今から考えれば、極貧な生活をしていたわけです。

しかし、今や、みんな平民なのです。
平民のなかで、政治家になる人もいれば、富を持つような人もいるわけです。

ただ、富を持っているからといって決定的に違うかというと、そうでもないわけです。

私自身、30代で年収3000万円の人300人調査をしましたし、
上場企業の経営者や数百億円の資産家の方ともお話させていただく機会がありました。

そういうなかで気づかされるのは、結局は人間なのだということです。

たとえば、偉い人だからといって、100人分の食事ができるわけはありません。
胃袋もふつうの人と同じものです。

また、フランス料理フルコースばかり食っていると、
カロリーオーバーで逆に不健康だったりするわけです。肥満になります。

そして、偉い人だからといって、バリバリの健康かというと、そうでもありません。
大病を患う人もいますし、ウツ病になる人もいます。
そして、私のようにぎっくり腰になってツラい思いをする人も多くいるわけです。

このように、一見、富と貧は両極にあるように見えるのですが、
実は意外にあいまいで、平らに近い状態であったりする
のです。

その大きな要因のひとつが、ビジネスという仕組みそのものです。
これが、平準化を促しています。

ビジネスという仕組みが貧富の差をあいまいにする

ビジネスは顧客の求める価値を高く提供し、無駄を省くことでコスト抑えて提供することです。

この高い価値をコスト効率的に提供するには、規模の経済を活用することが重要になってきます。
つまり、それなりのボリュームが必要なのです。

たとえば、フェラーリは超高級スポーツカーの代名詞で有名ですが、現在はフィアット傘下の会社になっています。
これは、フェラーリの生産台数が少なく、品質が低い状態だったことが原因で、フィアット傘下になることで、品質が向上したそうです。

つまり、フェラーリはボリュームが稼げず、品質が低くなってしまった。
反面、フィアットは低価格車を販売していましたが、ユニットボリュームを稼ぐことができ、
品質が高い状態で、コスト効率的な生産ができていたわけです。

これは社会的な側面からみれば、提供する価値の平準化を導くことになるのです。
単に価格が高いだけだと、コスト効率的な商品ではないわけなので、意外に低いクオリティだったりするわけです。

じゃあ、高い品質のモノを安く買うには、どういう選択が賢明かというと、
規模の経済を働かせて経営している会社の提供する商品を買うことが賢明
なわけなのです。

合理的な選択の果てに、平準化が待っているのです。

かくして、いいモノを安く買うという選択は、富を持っているからといって、
貧しい人と180度異なったことをしているわけではなくなってしまうわけです。

似たような感じになってしまうわけです。

そして、貧しいからといって、富を得られないわけではない。
つまり、一代で富を築けないわけではなく、多くの人が一代で富を築き、豊かになっています。

それは、今が貧しいことが将来も貧しいということを意味していないということでもあるのです。

富と貧。

それは両極を意味しているようで、実はあいまいで、近い存在のことを指しているのだと感じます。

そして、私は何のために生きるのか、という疑問をまた考えてしまうことになってしまいます。



腰痛のトラブルを忘れないために

先日、ぎっくり腰になりました。

ものすごく痛い。
動けません。

腰痛はたいしたことないだろうと正直タカをくくっていました。
しかし、実際に自分がなってみると、アウトですね。動けません。

ひどいときは寝たきり状態です。
ここでは、そんなひどい腰痛を忘れないためにも、経験を書き残しておこうと思います。

ひどい腰痛になってしまったら、エラいことになる

腰は要(カナメ)と書くように、人体で非常に重要な部分です。
この部分を痛めるとどうなるかというと、短く言えば、動けなくなるということです。

立ち上がれない。
歩けない。
寝たきり状態。

これが腰痛のひどい状態。

今回の場合、何の前触れもなく、打ち合わせの席を立った瞬間に違和感が。。。

座りから立つという行動に、すぐ、強い痛みを感じるように。

それでもまあ、動けることは動けていたので、色々と動いていました。
本当は安静にしておくべきだったんですね。

翌日、朝起きて立ち上がろうとするんですが、痛みで立ち上がれないんです。
体が大きいので、そんな問題と思われるかもしれませんが、本当に動けないんです。

ただ、まったく動けないわけではなく、腰に負担がなければ動けるようで、トイレには這って行きました。
手と膝をついて、四つんばいで行きました

今回は痛み止めの薬を飲んで、痛みをにぶらせて、整骨院に行きました。

その結果、やはりギックリ腰

杖を買って、杖をついての移動をしています。
同じように杖をついて歩くお年寄りの気持ちが本当にわかります。
同様にちょっとしたことが大変なんですね。
介護の問題やバリアフリー住宅の重要性が肌で感じられます。

動けないつらさは、ある種、屈辱的だと気づきます。

部屋のなかのモノをとるのすら一苦労。
トイレに行くのも一苦労。

にもかかわらず、頭は鮮明ですし、他の部分は問題ないんです。
そのため、大いにいらだちを覚え、動けない自分自身に屈辱を感じるのです。

対処法としては、安静にしておくことなので、特効薬があるわけではありません。

じっとしていること。
つらいですが、仕方ありません。

クセになる可能性もあるそうです。

健康は大事ですね。

腰のトラブルの問題点

個人的に考えたところ、腰のトラブルの問題点としては、
気付かないうちに病状が悪化している」ということが大きいかと思います。

日常、腰に多少の負担をかけても、特に問題がないように感じます。
変化がないからです。

しかし、そういうことも実は悪影響を与えていて、悪化の一因になっているのです。

そのため、気づかないうちに病状が悪化していき、気づいたときには爆発!ということになるのです。

実際に痛みがあるわけでなく、影響がないようにみえることで、
ついつい姿勢の悪さ、筋肉のバランス、変な動かし方を
修正する機会がないということが事態を悪化させている
ように感じます。



人生は自分の時間の投資

ROIとは、Return On Investmentの略で、投資収益率をさします。
投資した資本に対して得られる利益の割合。利益を投資額で割ったもの。

この場合の投資とは、金銭の投資をさしています。
ただ、よくよく考えてみると、人生は自分の時間の投資に他ならないのだと気づきます。

ベンジャミンフランクリンが「時は金なり(time is money.)」という言葉を遺していますが、同じような意味だと感じます。

お金もロクでもないものに投資すると、低いROIでロクな成果がでないもの。

反面、賢明な投資をすれば、高いROIで大きな成果があらわれます。

時間も同様で何に時間を使うか、投資をするかが肝要。

高い効果の得られる、高いROIをもつコトに時間を投資することでよりよい人生になるというわけです。

たとえば、読書をすること、優秀な人と出会うこと、話をすること、、、

高いROIの時間投資を意識して生きると可能性も広がっていきそうです。



総合メディカル 小山田浩定会長の講演会を聞いてきました

今日は、総合メディカル株式会社 代表取締役会長 小山田 浩定氏の講演会に行ってきました。

講演内容などをざっくりとまとめていきたいと思います。

小山田 浩定氏が総合メディカルを創業して今に至る経緯

宮崎県都城市出身。
お兄さんが薬剤師で、その関係もあって福岡で製薬会社に就職。

ワクチンを扱う営業をし、売れる営業マンに。
「どうすれば、相手が喜ぶか?」を意識していると、売れる営業マンになれたそう。

8-9年いたけれども、充実感がなかったことで、退社。
新しい会社をつくってみるものの、まったく知らないマーケットであったことから、半年で廃業。

31歳、東京本社の病院専門のリース会社に入社。
九州全域をテリトリーとして、ゼロから事業を立ち上げる。

九州全域を統括し、全社の営業部長になるが、
会社が理念、ビジョン、戦略を欠いていることから、つまらないと感じるように。

そういうなかで、その会社が詐欺に合い、資金繰りが困難に。
銀行から新社長が入ってくると同時に、自分も退社することに。

新会社設立。
それが総合メディカルの始まり。

37歳で、社員5名がついてきてのスタート。
これまで働いてきたなかで信頼いただけた医師の方々などを中心に、
色々な人から出資してもらって、2600万円の資本ではじめた。

総合メディカルを経営していく上での方策

大きな意志決定は、第三者、銀行、従業員に傍聴させることや、
同情、コネをアテにしない経営を目指す。

社員には、高い誇りと使命感をもってもらうことを意識
大義をもって仕事をすることの大切さ。

・創業者は、身内を会社に入れないなど、会社を私物化できないようにする仕組み

魅力のある会社かどうかの差
共鳴・共感する哲学があるかどうか。
期待の抱けるビジョンがあるかどうか。
ビジョン達成のための戦略があるかどうか。
そういうことが、魅力のある会社かどうかの差になる。

会社はお客様のために存在している
仕事とは、お客様に尽くすこと。
会社をうまくいかせる方法は、お客様に尽くして、無駄を省くこと。

能力の差は、努力の差
本質的な能力の差はない。

「徳」が大事
「徳」とは、思いやり、察する心、尽くす心、許す心、ゆずる心。
これがあれば、信頼関係ができる。
信頼関係ができれば、人はがんばるし、勤勉に働く。