日本で現存最古の住宅「箱木千年家」に行ってみた

日本で現存最古の住宅「箱木千年家」に行ってみた

半年前くらいでしょうか、以前に古民家研究の一環で、日本で現存最古の住宅「箱木千年家」に調査に行きましたので、そのことについてお話させていただきます。

日本で現存最古の住宅「箱木千年家」に行ってみた

「箱木千年家(箱木家住宅)」は国指定の重要文化財です。いつ頃、建てられたものかは推定も困難だそうですが、14世紀頃ではないかともいわれています。建築されて500年は経っているとのことです。江戸時代にすでに千年家と呼ばれていたそうです。

この「箱木千年家(箱木家住宅)」が建てられていたエリアがダム建設で水没することになったため、この家も移築、解体調査をされることで、いろいろなことがわかったそうです。

箱木千年家(箱木家住宅)

当初は二棟で建てられていたものを中間に二室を建てこんで一つの棟に納めていたというのが移築前の建物だったそうです。移築後は、古い建物と新しいほうを分離、復元再築し、中間部分を撤去されています。

箱木家

箱木家はこのエリアの中心的な家柄だったそうです。つまりは村の有力農家の家だというわけです。この茅葺きの一軒家。元々の住宅は非常にシンプルであったことがわかります。「土間」と「だいどこ」に「おもて」と「なんど」の二室を合わせた間取りです。ほぼ全域が板間です。

これらの古民家を調べるとわかるのが、やはり現代の住宅は性能が高い、豊かであるということです。

注文住宅でも、建売(分譲)住宅でも、現代の建築基準法の下に建築された住宅は100年前、50年前と比較して、耐震性でも、快適性でもとてつもなく高いです。蛇口をひねれば、きれいな水が出ます。トイレも水洗でシャワートイレ付きが多いです。夏涼しくて、冬暖かい住宅も多いです。エアコンも完備です。テレビもあります。

もちろん、古民家、つまり、かつての日本の住宅を知り、現代にそのよい部分を活かすことが大事です。

今後も、でんホームでは、日本を中心とした世界各地の古民家を調査研究し、住宅建築に活かしていきます。

開館時間:9:00-18:00(冬季は17:00まで)
住所:神戸市北区山田町衝原字道南1-4
wikipedia:http://ja.wikipedia.org/wiki/箱木家住宅



不可能を可能にする思考法

不可能を可能にする思考法

先日、名古屋の保険営業トップセールスマンの方から、お話を聞いたということをお伝えしました。(参考:仕事をしていく上で大切なのはやはり信頼感)そのときに色々とお聞きしたのですが、ふと関連する出来事があったので、お話させていただきます。

これまた、別の営業職の方と話する機会があったのですが、そのときにモチベーションが下がってしまうタイミング、やる気がなくなるタイミング、イライラしてしまうタイミングについての話題になりました。

色々と話を聞いていて、それらの共通点を探っていくと、あることがわかりました。

・モチベーションが下がってしまう
・やる気がなくなる
・イライラしてしまう

それらのタイミングの共通点とは「やってもないのに、無理・できない」と相手から言われることでした。

やってみて、実際に無理だった場合、どうしても無理そうな場合は仕方ありません。どうしてもできないこともあります。ただ、やってもないのに無理・できないと結論づけて、やらないでいるというのは、ネガティブにすぎ、やる気がなくなってしまうのです。

「できる」「できます」がポジティブシンキングだとすると、やる気のある人は、やる気のないネガティブシンキングな人が「できないよ」「無理」とやってもないのに言われると、モチベーションも下がってしまうことになるわけです。

私自身もポジティブシンキングというか、楽観的な人間です。「やれません」「できません」「無理です」と言われると、へこんでしまいます。たしかにできないにしても、できるように努力してみようとは思います。

さて、このことがどう保険営業トップセールスマンの話とつながるのかというと、「不可能を可能にする考え方」を教わっていたからです。

不可能を可能にする考え方

その「不可能を可能にする考え方」とは何でしょうか?

それは「20のアイデア法」という方法です。

やり方は簡単です。

まず、1枚の紙を用意します(A4が基本みたいです)。
次に、最上部に「目標」を書きます。

その下に「質問」を書きます。
「質問」は「どうすれば~できるか」のかたちに目標を変換したものです。

たとえば、「目標」が「今年の夏休みにハワイに家族旅行に行く」だとします。「質問」は「どうすれば~できるか」ですから、「どうすれば、今年の夏休みにハワイに家族旅行に行けるか?」です。

そこから後は単純で、それを実現するための答えを20個アイデア出すわけです。普通は10個にも満たないで、アイデアが出なくなります。ただ、その先に、20個くらいまで知恵を絞って絞って出していくと、素晴らしいアイデアがひらめくそうです。

この話は注文住宅を建築する際にも有効です。住宅を建築するということは、大半の人にとっては人生でもめったにない経験ですし、正直、初めての方がほとんどです。

加えて、なかなか難問が多いものです。たとえば、予算の問題、家族関係の問題、注文住宅の間取り、デザインなど建築の問題、土地探しの問題などなどです。

これらの難問はついつい「できない」と言ってしまいがち。ですが、本当は実現するのがベストなのですから、この20のアイデア法を活用して、夢を実現されると素晴らしいです。

この20のアイデア法。活用されてみてはいかがでしょうか?



Facebookと家づくり

Facebookと家づくり
最近では、知り合いのかなりの割合がFacebook(フェイスブック)をしています。FacebookはSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)のひとつで、以前はmixiが主流でした。今はFacebookのほうが多いのではないでしょうか。会う人も「Facebookやっていますか?」と聞いてこられることがありますし。

私が意外に感じたのは、普段、それほどインターネットをしていない人や「ネットはメールだけ」というような人でさえ、Facebookを始めていたことです。私自身はそれなりに昔から、ウェブサイトなり、ブログなりに関わってきていますので、それほどハードルも高くないですし、Facebookもやってしまいます。

ただ、これまでウェブサイトもやったことない、ブログもしたことない、という人。そういう人でさえ、多くがFacebookを始めていることに驚きます。

Facebookと家づくり

では、このFacebookと家づくりは何か関係があるのでしょうか?

大いにあります。

まず、Facebookは基本的には実名であることが多いです。また、顔写真を掲載していることも多いです。つまり、一般的なプライバシーをある程度、晒してしまうことになっています。もちろん、それを乗り越える魅力があるからなのでしょうが。それらに加えて、どのような友達とつながっているかがわかります。人と人とのつながりが可視化されるわけです。

このような背景があるなかで、Facebookをやっているのは「家づくりをされる方(お施主様)」だけではないです「住宅建築をしている人、住宅会社の人(経営者、営業、工務、設計)」もやっているのです

これはある意味、まったく新しいことです。つまり、住宅会社側の人間である経営者や営業マンが「誰とつながっていて、どのようなことをしているのか」がわかってしまうわけです。活動していれば、情報をオープンすることになりますから、バレてしまうわけです。これによって、嘘がつけないことになります。

嘘をついていたら、共通の知人がいれば、その人の信頼も失います。誠実な仕事をしていれば、そう感じられます。そうでなければ、それがバレます。もちろん、評判を共通の知り合いに聞くこともできます

ただ、もちろんFacebookもプライバシー設定がありますし、Facebookに登録していなければ、情報は載りません。しかし、今後のFacebookの勢い次第ですが、相当の普及率をしてしまうと、逆に登録していない、検索しても情報が出てこない会社は、何かオープンにできないことをしているのではないか。と思われる可能性もあります

つまり、私たち住宅業界の人間は、情報をできるかぎりオープンにし、かつ、誠実に仕事をしていかなければならないわけです。もちろん、それらは当然のことです。当たり前のことです。それらを徹底していかねばなりません。

このようにFacebookは「家づくりをされる方(お施主様)」にとっては、依頼しようかと思っている住宅会社、工務店の情報収集として、素晴らしい活躍をしそうなツールのひとつであると感じます。



仕事をしていく上で大切なのはやはり信頼感

仕事をしていく上で大切なのはやはり信頼感

縁あって、とある保険の営業マンの方のお話を聞く機会がありました。その方は業界ではトップセールスマンで、スーパーセールスマンな方でした。どの業界でも、トップクラスの方は非常に参考になる話が多いです。今回もいろいろと学ばせていただきました。

トップセールスマンと普通の営業マンの違い

その営業マンの方の話で一番印象的だったことは、その方のお客様の多くが「現在、取引している営業マンがミスしたり、不信感を持ったときに、お呼びがかかる」ということです。

この「お客様に不信感を抱かせること」がきっかけだそうです。

では、どのようなケースが「お客様に不信感を抱かせる」かというと、最も多いのが「売りっぱなし」です。

売れればお金になります。一度、売ってしまえば、同じ人に次はなかなか売れません(一度保険に入って、またすぐに入りたいという人がなかなかいないわけですから)。ですので、次へ次へと「売りっぱなし」になってしまうわけです。そういう営業マンが非常に多いそうです。

この話をお聞きして、「住宅業界も同じだ」と感じました。私ども、でんホームには営業マンがおりませんので、営業マン単位の話ではありませんが、住宅会社とお客様との関係でいえば同じです。ほかの住宅会社は営業マンとお客様との関係です。

その関係で、住宅業界も同じく「売りっぱなし」が多い業界です。それは一度、住宅を購入された方は、なかなか同じように次の住宅を買ったりはしないことがあります。35年ローンを組む場合がほとんどですから、次の住宅を買う機会はなかなかないわけです。「売りっぱなし」になってしまう業界体質は仕方ない部分もあります。

ただ、それは前述の保険業界と同じく、お客様に対して大いに「不信感を抱かせる」のだと思います。本来であれば、きちんとしたメンテナンスやフォローをすべきで、不信感を抱かせるのは言語道断なことです。もちろん、住宅営業マン単位では、きちんとフォローされる方も多いですし、長期にわたってつきあう方も多いです。ただ、全員が全員ではないことは事実です。

ですから、私たち住宅業界に属する者は、お客様に不信感を抱かせることないよう、全力でフォローし、お付き合いし、絶大の信頼をいただけるよう努力する必要があると感じます。そう感じたお話でした。



シックハウス症候群の原因と対策

シックハウス症候群の原因と対策

新築一戸建てを買われる方にとって、懸念材料のひとつが「シックハウス症候群」です。シックハウス症候群とは、新築の住居などで起こる、倦怠感・めまい・頭痛・湿疹・のどの痛み・呼吸器疾患などの症状があらわれる体調不良の呼び名のことです。

シックハウス症候群の原因

このシックハウス症候群、原因としては大きく2つあります。

ひとつは「結露」です。詳しく言うと「壁体内結露」です。もうひとつは「VOC(揮発性有機化合物)」です。

「壁体内結露」とは壁の中で結露する意味です。空気中の水蒸気が凝縮する現象が結露で、これが住宅の壁の中で起こることを「壁体内結露」と言います。

壁の中で結露してしまうと、水が放置されたままになりますから、カビが発生し、ダニが繁殖します。カビやダニはアレルゲン(アレルギー症状を引き起こす要因)です。結果、アレルギーを引き起こします。

シックハウス症候群のもうひとつの原因が「Volatile Organic Compounds, VOC(揮発性有機化合物)」です。「VOC(揮発性有機化合物)」とは、常温常圧で大気中に容易に揮発する有機化学物質の総称で、人体に影響を与えるものです。たとえば、ホルムアルデヒド、アセトアルデヒド、トルエン、キシレン、エチルベンゼンなどがあります。

「VOC(揮発性有機化合物)」は家を建てるときに使用する接着剤や塗料などに含まれています。一般的な住宅を建設する場合、接着剤や塗料はいたるところで使用されます。たとえば、壁のクロス、床、家具などです。

シックハウス症候群への対策

では、どうすればいいでしょうか?シックハウス症候群にならないために、どのような対処ができるでしょうか?

まず、「壁体内結露」を防ぐには、きちんとした適切な施工が重要です。住宅を建設する際の施工が大切です。具体的には、適切な気密処理、断熱処理が必要です。加えて、壁の中の空気を移動させるよう通気処理をきちんとしている必要があります。

これらは、住宅建設の施工をする会社が左右する問題です。ですので、注文住宅を建てる側、お施主様の側としては「どの住宅会社に依頼するか?」という部分での問題となります。

「VOC(揮発性有機化合物)」への対策も同じこととなります。「VOC(揮発性有機化合物)」への対策は、基本的にはVOCの発生しないような建材、接着剤、塗料などの使用を減らすことが第一です。また、換気をよくすることも大切です。換気することで、VOCを排気し、影響を減らします。

このことを意識している住宅会社、意識していない住宅会社に分かれます。意識していない住宅会社に依頼すると、お施主様側がどんなに意識が高くても、きちんと対処しませんし、そもそも意志疎通もうまくいきません。

そのため、この問題についても、結局はお施主様が「どの住宅会社に依頼するか?」という部分での問題となります。

これまでお話してきましたように、シックハウス症候群を引き起こす要因、対策は概ね、住宅会社、建設の施工会社によって、変化します。住宅会社らが意識が低ければ、シックハウス症候群になるリスクは高まります。逆に、住宅会社らの意識が高ければ、シックハウス症候群になるリスクは低くなります。

ですので、結論から申し上げると、「どの住宅会社に依頼するか?」という部分こそが、非常に大きな決断といえます。この決断が適切かどうか。それがよい住まいを手に入れられるかどうかを大きく左右することになるのは否定できません。