解体費用はいくらかかるのか?建て替えや古家の取り壊し

古家の解体。解体費用はいくらかかるか。

新築の一戸建てを建てるとき、更地の状態の土地に建てるときは問題ありません。地盤調査して、しっかりした地盤に住宅を建てればいいだけです。ただ、元々の住まいを建て替える場合、現況で古家がある場合、今ある建物を取り壊して、更地にしてからでないと注文住宅は新築できません

問題は、この取り壊すのにお金がかかってしまうのです。いわゆる「解体費用」がかかってしまうのです。

では、この解体費用は一体、いくらくらいかかるのでしょうか?

解体費用はいくらかかるのか?建て替えや古家の取り壊し

ざっくり言うと、坪3万円から7万円といったところです。リサイクルしなければならなかったりするので、金額もどうしても大きくなりがちです。取り壊すのに手間がかかってしまうと、割高になりがちです。

坪3万円から7万円ですので、30坪の家を取り壊すのにざっくり100万円近くかかります。40坪で120万円から150万円。60坪になると、200万円から300万円以上になります。大きなお金がかかってしまいます。これらは木造住宅を取り壊す費用です。RC造と呼ばれる鉄筋コンクリート造の建物だともっと高額になります。

このような背景がありますので、郡部では取り壊さずにそのままにしているそうです。つまり、解体費用が高いので、古家はそのままにして、隣に家を新築しているそうです。古家は倉庫や納屋として、そのまま活用しているそうです。土地が広いからこそ、できることですね。

このように、建て替えや古家のある土地の場合、新築するときには土地を更地にするための建物の解体費用を見積もっておく必要があります。思いがけない高額な出費になりかねません。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です