アルフレックス(arflex)福岡 「ミラノ・サローネ」レポートに参加してきました

アルフレックス(arflex)福岡 「ミラノ・サローネ」レポートに参加してきました

先日は高級家具ブランドのアルフレックス(arflex)を福岡で取り扱っておられる「PROPOSTA(プロポスタ)」にて開催された「ミラノ・サローネ」レポートに参加してきました。

アルフレックス(arflex)はイタリアの高級家具ブランドです。私個人では、高級ブランド家具を購入できる立場にありませんが、お客様や自分自身の見る目を養うためにも、よいモノを見るということは大事なことだと思いまして、伺っております。

さて、「ミラノ・サローネ」レポートです。「ミラノ・サローネ」とはイタリア・ミラノで毎春開かれる世界最大級のデザイン見本市です。家具などインテリア関連の流行発信の場として知られています。

毎年キーワードがあるそうで、今回のキーワードは「LEGACY(遺物)」です。ネガティブな意味に聞こえますが、本当は遺産・継承すべきものというポジティブな意味だったようです。家具の見本市の本会場だけでなく、周辺でデザインウィークが開催されています。

ご報告では、時代感、過去感の感じられるような、くすんだトーンのモノが多かったようです。また、こだわりのディテールで新しくしたモノが多かったようです(話は飛びますが、イタリアも床面積が小さく、狭くなってきているそうです)。

アルフレックス(arflex)福岡

「ソファ」は家具のなかではポピュラーな存在です。くつろぎの空間をつくるのに大切な存在です。ソファのトレンドとしては、単純なかたちだけでなく、ペニンシュラ(半島)型のソファ、角度が斜めになったソファなどがよく見られるようになってきているそうです。

そこからは、主要なイタリア高級家具ブランドの最新作・トレンドの紹介でした。

arflex(アルフレックス)、cassina(カッシーナ)、De Padova(デ・パドヴァ)、B&B Italia、Flexform(フレックスフォルム)Minotti(ミノッティ)といった、モダンファニチャー業界の主力ブランドをざっくり学ばせていただきました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です