堀義人 福岡セミナー「九州から 創造と変革を!」に行ってきました

20120718182515

ご縁ありまして、MBA・経営修士のためのビジネススクールでは有名なグロービスの学長、堀義人氏の講演会に参加させていただきました。

会場はアクロス福岡の会議室。
100名を超える参加者で満席状態でした。

今回、堀氏はグロービス福岡校の立ち上げの意思を持って来られたそうです。

20120718185645

さて、今回の講演会のテーマは「創造と変革の5つのポイント」

1.可能性を信じる

最初のポイントは「可能性を信じること」。
常識を打ち破ること、自分の頭で考えることが大切。

グロービス自身、「アジアナンバーワンの大学院をつくりたい」という堀氏自身の可能性を信じた結果とのこと。

ちょうど20年前、住友商事を飛び出して、80万円の資本金で始めたのがグロービスだそうです。
貸し教室の一室に20人が集まってからのスタート。
それが、株式会社から学校法人化していきます。

2.多くの人を巻き込むこと

次のポイントが「多くの人を巻き込むこと」です。
100人に声かけて、2人だけしか応じてくれなくても、2人もいるわけです。
100人で2人なら、1万人で200人、10万人声かければ2000人にも広まっていくわけです。

仲間、取引先、株主、お客様、銀行、社会などの多くの人を巻き込んでいくことが大切だそうです。

3.理念でコミュニティ化していくこと

組織の運営においては、組織の価値観、文化をつくることが大切。
そのためには、キリスト教会における聖書(バイブル)のような理念が必要です。
トップダウンではなく、回覧でつくっていくことがよいそうです。

4.戦略

経営では、勝たなければなりません。
そのためには、捨てること、やらないことを決めることが大切だそうです。

規模の経済性、範囲の経済性、スピードの経済性、コミュニケーションを活用して実現していくことです。

5.みなが能力を高め続けること

トップの器で企業・組織が決まります。
ですから、トップの能力開発が大切になってきます。
トップを含めた組織を構成する全員が能力を高め続けること。それが大切だそうです。

質疑応答の時間で、堀氏が組織のメンバーに対して、こう言っているそうです。

「不満があったら、影で言わないでほしい」

透明性の高い文化、オープンな文化、意見を言い合える文化。
素晴らしいですね。

参考になる話を聞かせていただきました。
ありがとうございます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です