安心のための「住まいのお金」5つのポイント その1

photo 1360

住まい。
といえば、やはり悩ましいのが「予算」。
つまり、「お金」です。

資金計画が大切です。住宅ローンなども含めてです。
そこで、今日から、数回に渡って「住まいのお金」の話について、お伝えしていきたいと思います。

タイトルとしては「安心のための「住まいのお金」5つのポイント」
これらについて、お話していきます。

1.購入総額は「頭金と借入金」

家づくりのお金は頭金と借入金を合計したものです。
総額に占める自己資金の割合は20から30%が理想的です。

住宅ローンの多くが融資限度額を建築価格の80%としているところが多いからです。
また、工事代金以外にも税金、手数料、保証料、保険料などの諸費用がかかります。
資金計画のなかに必ず含めておくべきです。

頭金を増やすには、貯蓄をして預貯金を増やすか、親の援助などがあります
頭金が多ければ、それだけ金利のかかるローンが減りますので、支払額も減ります。
返済負担が小さくなります。購入後の生活も楽になります。

もちろん、フルローンというかたちで、頭金なしで購入する方法もあります。
ただ、そのような場合は借入総額が大きくなる傾向にあり、住宅購入後の生活を圧迫する可能性がでてきます。
質の高い、いい住宅に住みながら、無理のない、安定した生活を送るためにも、十分な頭金を用意しておきたいところです。

頭金(自己資金)=貯金額 + 親からの援助 - 手元に残すお金 - 購入時諸費用
「ex. 貯金(450万円) + 援助(250万円) - 手元に残すお金(150万円) - 購入時諸費用(100万円) = 頭金(450万円)」

現在は国の政策として、親や祖父母などからの援助を支援しています。
具体的には贈与の非課税枠の特例、相続時精算課税制度があります※。
借入の場合は、借用書の作成などが必要です。

※贈与税の非課税枠の特例:
住宅購入の資金として親や祖父母から贈与を受けた場合、所得が2000万円以下などの要件を満たすと、1000万円まで非課税に。贈与税の基礎控除と合わせると、1110万円まで非課税。2012年12月31日まで。2013年は700万円まで、2014年は500万円までに縮小。

※相続時精算課税制度:
親からの贈与の場合、非課税枠2,500万円。贈与の額が非課税枠を超えた場合、一律20%の税率で課税。その贈与税は相続の際に贈与財産を相続財産に加算して計算された相続税額から控除されます。また贈与税額が相続税額を上回る場合には還付されます。(注)この規定の適用を受ける贈与者からの贈与については、110万円基礎控除をあわせて受けることはできません。

贈与税の非課税枠の特例と相続時精算課税制度を併用する場合→非課税枠(2,500万円+1,000万円)を超える部分に対して一律20%

ただ、手持ちの自己資金をすべて家づくりの頭金にすべきではありません。

万一の病気やケガのリスクを回避するためのお金。
リストラや退職など予測できなかった事態があっても、数カ月は生活できるくらいのお金。
また、子供の入学・卒業や自動車の購入など、直近で大きな支払いがあるもののためのお金。
戦略的に運用していくなどのためのお金。

これらのお金を手元に残した上で、住宅の頭金にいくら回せるのかを計算します。
一部手元に残しておくとよいです。

また、工事代金以外にも税金、手数料、保証料、保険料などの諸費用(新築で物件の3から5%)がかかりますので、その分を差し引いて頭金にします。



仕事の成果は日々の積み重ねの上にしか、あらわれない

20120816154036

これまで優秀な人たちとたくさんお会いさせていただく機会がありました。
それらの経験を思い返すと、その優秀さの背景がうっすらと見えてきます。

それは、

「仕事の成果は日々の積み重ねの上にしか、あらわれない」

ということです。

優秀な人は、ある日突然に、ピカッと優秀になるのではないです
どんなに優秀な人でも、その業界に入ったときは、素人同然。
何も知らない、何もわからない状態です。

そこから、毎日、毎日、勉強して、経験して、人と話をして、学んでいくことで、レベルアップしていくのです。

仕事もそうです。

ある日、突然にお客様が契約してくれるわけではないです。
日々の仕事、着実な仕事、地道な仕事。
そういうことを積み重ねていって、ようやくお客様に振り向いていただけるものです。

たくさん振り向いていただけるのは、たくさん種まきしたからにすぎません。

まったく、何もしていないのに、ある日突然、降ってわいたかのようなかたち、一朝一夕の短期の成果はほとんどありません。

地道で着実。
毎日の仕事の積み重ねでしか、成果はあらわれません。



スキニービッチ 世界最新最強! オーガニックダイエット ロリー・フリードマン (著), キム・バーノウィン (著) #204

最近、ひさしぶりに会う人によく言われることがあります。

幸せ太り??

言われたほうは結構傷つくのですが、太ったのはまあ、事実ですから、しょうがありません。
実はここ2、3年でおおむね15kgくらい太ってしまってます(苦笑)。

なので、そう言われても、何の反論の余地もございませんよ。

そういえば、つい数日前、パスポートを手に取ることがあったので、その写真を見てみたら、、、今の顔つきとは全然違っていて、ちょっとしたショックでした。。。パスポートが7年前とかでしょうか。10年パスポートだったので。

妻に見せたら、「顔のラインが全然違う、、、」と言われました(涙)。
まあ、事実ですから、仕方ないですね。

そういうこともあって、妻であり、でんホーム代表の藤本香織が自身の蔵書のなかから、一冊、渡してくれました。

それが本書「スキニービッチ 世界最新最強! オーガニックダイエット」です。

本書の「スキニービッチ」とは「スリムないい女」という良い意味合いみたいです。
私自身は男なので、「いい女」にはどうあがいてもなれませんが、スリムにはなりたいですので、学ばせていただきます。

本書をまとめると、次のようになります。

・お酒は飲まない。飲むなら、亜硫酸塩を含まないオーガニックの赤ワイン。
・炭酸飲料は飲まない
・水を飲むこと
・コーヒーは飲まない
・ジャンクフードは食べない
・薬は飲み過ぎない
・運動をする

・フルーツを食べる
・天然甘味料ならいい
・精糖はダメ
・人工甘味料もダメ

・牛肉、豚肉、鶏肉など肉は食べない
・魚も食べない
・卵も食べない
・牛乳も飲まない
・乳製品も食べない

・大豆食品はよい
・基本的に、フルーツ、野菜、豆類、ナッツ、種、全粒粉を食べる

という、ベジタリアンを全面に打ち出した主張です。

これらの主張を統合すると、現代日本で生きていくのは大変な食生活になるな、と感じます。
仕事上の会食の機会なんかは、食べ物を残しまくりになるのでは?と思ってしまいます。。。

たしかに自分自身の食生活を振り返って、野菜不足は否めません。
ですので、上記すべては採り入れられないまでも、多少は食生活の改善に努めていこうと気づかされました。

元々、お酒は飲まないほうなので、そこはいいとして、炭酸飲料を飲むほうなので、キツい。コーヒーも飲みまくりなほうなので、キツい。ジャンクフードも多少食べるほうなので、キツい。肉、魚、卵、乳製品、食べてますので、キツい。

うーん。。。
厳密には実行できないまでも、ヘルシーな食生活にしていきたい。そう強く感じた一冊です。

結局は、実行できるかどうかが大切ですよね。



Monster Energy(モンスターエナジー)を飲んでみた

20120827184245

私はぼちぼち炭酸飲料を飲むほうです。
よく健康系の話だと、「炭酸飲料はやめたほうがいい」「体に悪い」と聞きます。
なので、大量には飲んでいません。

ただ、たまに、ぼちぼち、飲みます。

私自身はあまりお酒を飲みません。タバコも吸いません。
その代わり、みたいなことでしょうか。

さて、炭酸飲料のなかに「エナジードリンク」というカテゴリがあります。
「エナジードリンク」とは「栄養ドリンク」と同じような意味です。

この「エナジードリンク」カテゴリで有名なブランドとしては「リポビタンDシリーズ」「オロナミンC」「デカビタ」「リアルゴールド」「レッドブル」などがあります。

今回はコンビニでたまたま手に取ったのですが、57カ国以上で飲まれる米国No.1エナジードリンク「モンスターエナジー」を飲んでみました。

日本ではアサヒ飲料が国内独占販売権取得して展開しているようです。

モンスターエナジーは、ビタミンB群、アルギニン、カルニチン、高麗人参エキスなどのエナジー成分とカフェインを配合。刺激的ながらも飲みやすい味わいに仕上げているそうです。インパクトあるラベルです。

飲んだ感想としては「なめらかな口あたりと甘ったるく、薬臭い炭酸」。
こんな風に書くと、悪い意味にとられるかもしれないですが、いい意味で書いてます。
むしろ、リピートする可能性のほうが高いです。

他のエナジードリンクを飲まれた方が飲むと、「なるほど」と言いそうです。
あくまでいい意味で、感想を書いてます。

食の感想は表現しづらいです。
ご興味がおありな場合は、コンビニなどでお手にとられて飲んでみてください。
200円とちょっとお高いですが。



すごいたわいのないゲームの話

いつも真面目なことばかり書いているので、真面目一徹なイメージをもたれがちの私ですが、実はゲームが好きです。

ものすごく唐突な話ですが、最近、なつかしいゲームの動画を見つけて感心してしまいまして、ついついブログにも書きたくなりました。私はついついネットサーフィンをしてしまう癖があるのですが(汗)、ネットサーフィン中(というか、調べものしてたんですがね。もちろん)に見つけました。

任天堂のテレビゲーム『スーパーマリオブラザーズ』を世界最速でクリアする、という動画です。

なつかしいですねー。
『スーパーマリオブラザーズ』。

現代っ子はプレイステーションとか、iPhoneアプリ、ケータイゲームの時代でしょう。
私はファミコン全盛期くらいに子供時代だったので、『スーパーマリオブラザーズ』はリアルタイムですね。
私個人としては『スーパーマリオブラザーズ3』くらいでしょうか。

ファミコンですよ、ファミコン。
スーパーファミコン出たときは、ほしかったですね。
まあ、買ってもらえなかったですが。
ちょっと昔を思い出しました。

とにかく、こんな動画もアップされるとは、インターネット、YouTubeはすごいですね。
改めて感心です。

トータルで5分くらいでクリアです。
神業ですね。

マリオ世界最速

住宅とは何の関係もなかったですね、すみません。。。