最初の仕組みづくりが一番大事で一番大変

2日続けて写真なしになってしまっていますが、色々と雑事がありまして、写真を撮るタイミングを逃しております。。。

さて、今日感じたことは「最初の仕組みづくりが一番大事で一番大変」だということです。

ここ数日間かけて、長期的な視野での行動指針というか、仕組みをつくってきました。
表向きには、成果がわからないですし、目に見えて変化があるものでもないです。
ただ、5年後、10年後、15年後には、はるか大きな変化となって表れるものと感じております。

さて、この種の「仕組み」は最初に作り上げるのが、一番大変です。
ただ、一度出来上がってしまうと、メンテナンスと多少の修正活動だけで、楽といえば楽です。

そのような特徴があるため、この種の仕組みづくりは、一番大変であり、一番大事なのです。

最初にきちんとつくっておかないと、後でパッチワークとなり、修正が大変です。
一度、きちんとつくっておくと、後はそれをベースに微調整したり、メンテナンスしたりです。

この種の仕組みについて関わるときは、このことについて常々感じます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です