人間関係と親との関係

20120928075336

以下はまったくの私見です。
私の個人的な意見、主観で感じたことをお話しているだけですので、ご了承ください。

私は小学3年生のとき、9歳のときに父を亡くしました。
色々と普通の人とは違った環境で過ごしてきたと思います。

父が亡くなって気付いたことの一番は「人はいつか死ぬ。遅かれ、早かれ」ということでした

私はそのことに気付いてから、「人の人生」というものに異常なまでの興味を持つに至りました。

人の一生。
つまり、その人がどこでどういう環境で生まれ、育ち、経緯を経て、今に至るのか。
そして、これからどうなっていくのか。

私は会う人、会う人、それぞれの人生に大変強い興味を抱いてきました。

その過程でわかったことがいくつかあります。

そのひとつが「人間関係」についてです。

「人間関係」は、人と人とのつながりが重要な社会において、大切なことだと思います。
ビジネス的にも大切ですし、生活的にも大切です。

ただ、「人間関係」をうまく築ける人とそうでない人に分かれてしまうのも事実です。

では、その差はどこから生まれるのでしょうか?

ひとつは「経験」です。

これまで、どういう経験をしたか。
たとえば、部活動でもまれたり、社会人になって上下関係などもまれたり。
新規開拓の営業でもまれたり。

色々な経験をすることで、人間関係を構築する能力が高まります。

もうひとつは「親との関係」です。
これは素地の部分であると思います。

うまく人間関係を築けない人、うまくコミュニケーションをとれない人のある一定の割合の人は「親との関係」がうまくいっていない率が高いようです。

「親との関係」が冷えきっていて、仲が悪い。
親にあまりかまってもらえなかった。
親に愛されなかったように感じている。

理由はいくつもあるでしょうが、要は「親との関係」がうまくいっていないということです。

これは親自身の問題でもあり、同時に自分自身の問題でもあります。
多くは「親への許し」を与えられていないことがあるように思います。

本当は親に感謝すべきこと、親のことを大切だと思っていること。
それらは多いです。

ですが、なかなか感謝できない。

さらに、親にかまってもらえなかったこと。
反対に、それは自分のために奮闘していたからかもしれませんし、あなたを想ってそうしたのかもしれません。

あなたはそれを知っているけれども、心の底からは許し切れていない。

そういう事情があるかと思います。

人間関係と親との関係には、密接な関係性があるように感じます。



安い家が本当にいい家か?

photo 1235

何かモノを買うとき、1円でも安いものを求めるのは不思議ではありません。

100円でハンバーガーが食べられますし、牛丼も280円。
ユニクロやファストファッション系の店では洋服も安いです。
価格が安く安くなっているスーパーも多いです。

同じモノなら、できるだけ安いものを選びたいです
大切なお金を使うのですから。
安くすませられるにこしたことはないです。

ただ、「安かろう悪かろう」という言葉もよく使われるように、短絡的に安いから買う、という消費行動は必ずしも正しいとは言えません

モノの「安さ」を生み出すには、大きく2つの方法で行われています。

ひとつは「企業努力」
無駄な紙は使わない。無駄なコストを減らす。
移動を減らす。通信費を削減する。
こういった企業努力でコスト削減して、それを「安さ」の源とする方法があります。

もうひとつは「犠牲」です

「安い家が本当にいい家でしょうか?」

私は大いに問いたいです。

住宅を一棟建てるのには以下のような仕事があります。

・造成工事
・仮設工事
・建築工事
・電気設備工事
・給排水設備工事
・ガス工事
・空調工事

などなどです。

これらの仕事の集合体として、住宅は建設されます。
そして、住宅のコストも同じくこれらのコストの集合体です。

これらのコストはそれぞれ、大きく2つに分解できます

「材料」と「手間賃」です。

たとえば、「左官屋さんが内壁を漆喰で塗る」という仕事があります。

この仕事のコストは漆喰の「材料費」と「左官屋さんの手間賃」とで構成されます

この「左官屋さんの手間賃」はすなわち、左官屋さんの給料、収入なのです。

ですから、もし、この仕事の金額を減らしたいなら、材料費を減らすか、左官屋さんの手間賃を減らすかのアプローチしかないです。

さて、問題です。
金額を減らしやすいのは、どちらでしょうか?

答えは「手間賃」です。

やり方としては、単純です。
仕事の内容自体はあまり変わりませんから、その金額で請け負わない左官屋さんには仕事を出さない、別の左官屋さんにやらせるといった主張をするだけです。

仕事の内容も同じ、ただ、金額が減るだけ。手間は変わりません。
ただ、仕事がないよりかは、マシなのです。

これらの論理によって、多くの職人さん方の犠牲の元に、多くの住宅が建築されています。
世間で言われる「安い家」「ローコスト住宅」は企業努力による安さの部分もありますが、多くは犠牲の元に生み出されています

大工さん、板金屋さん、建具屋さん、左官屋さん、塗装屋さん、、、

表向きに「安い」家には、そういう裏側があります。

「単純に安い家が本当にいい家でしょうか?」



「家づくりの裏側って、どうなっているの?」でんホーム進捗報告会への招待

弊社代表 藤本香織から、ご案内があります。

こんにちは!
でんホームの藤本香織です!

でんホームでは、2013年に福岡市城南区鳥飼にて、自社ゲストハウスを建設予定です。
それを契機に事業の本格的なスタートとしていく予定です。

これまで、でんホーム、藤本香織、竹内正浩に接した方は多少はお聞きになられたことがあるかと存じますが、このゲストハウス建設に対して、非常に長い時間と労力、費用をかけて傾注しています。

諸事情により、内容や進捗状況を公にはなかなかオープンにしてきませんでしたが、歩みが遅いですが、着実に進捗しております。

つきましては、でんホームとご縁いただいた方に現在の進捗状況をきちんとしたかたちでご報告させていただく会を開催します。

もちろん、無料でご招待させていただきます!

「『家づくりの裏側って、どうなっているの?』でんホーム進捗報告会」
【日時】11月4日(日)(開場)9:20(開始)9:45-11:15
【場所】「大濠公園能楽堂」福岡市中央区大濠公園1−5
http://www.ohori-nougaku.jp/traffic.cgi

<報告者>
でんホーム(株)代表取締役 藤本香織

【内容について】

ほとんどの人が、住宅」という特殊な商品を買うのは
一生に一度か二度、、といわれています。

ですので、住宅をつくるということに関しての
トレーニングを積む機会がほとんどないのです。

日常良く買う商品、例えば食品、衣類、日用雑貨や医薬品また、
クリーニング・散髪・などのサービスなどは、
幼少時より、「買う」「使う」という経験を重ね、
数ある商品の中から比較することができ、自分なりの判断基準ができているでしょう。

それに引き換え住宅を買う、建築する、ということは
ほとんどの方が一生に一度、もしくは二度です。

ですから、商品を実際に使うなど経験した上での比較や、
あらかじめ自分なりの判断基準がない、というのが普通です

そのため、住まいづくりに関して一般の方は
なかなか自分なりの判断基準がない、、のです。

今回、でんホームのゲストハウスを通じて、
実際に住まいづくりの現場を知っていただき、
ぜひ今後の参考にしていただければと考えています

衣食住、、、と言われる「住」ですが、
実際にあまり深く考えた事はないのではないでしょうか?

今の住まいの成り立ちや、住まいにあるものの、それぞれの意味。
使われている素材や、設備や、構造や成り立ち。

手入れの方法や、長く愛していくためのコツ。
家族の器たる住まいのあり方。

そんな事を、実際の実例を交えて、
また実際に関わっていく人達のご紹介も含め、
お話できればと思います。

・・・・いろいろと難しいことを述べましたが、

そう、、、
本当は、ただ単純に、住まいづくりって面白いんです

たった一枚の紙の上から始まる計画。

そこから、だんだん、プランが具体的になり、
立体的になり、
色がつき、
構造ができ、
設備ができ、
様々な人が関わってくる。

そして、何も無い、敷地の中に
本当にひとつひとつさまざまな人の手により、
だんだん形になっていくさま。
それぞれの人の思い。歴史。

その面白さの一部でも、いろいろな人に味わっていただきたく、
今回の会を計画しました。

会場もとても素晴らしい場所で個性的な場所です。

ぜひ、ご家族や、友人知人、お誘いあわせの上、お運びください。

【お申し込み方法】

ご予約は、Fecebook上での参加のご返答、
もしくは、でんホームHPのフォーム
藤本香織、または竹内正浩へ
ご連絡頂ければと思います。
http://www.denhome.jp/contact/inquiry/



決して押し売りしない、強引な営業はやらない

20120925163235

先日、とあるセミナーに参加しました。
都心部にあるオフィスビルの会議室の一室で開催されたセミナーです。

事前に申し込んで、会場に行きます。
そうして、感じたことがあります。

それは「ものすごい不安感」なんですね。

不安感、孤独感、恐怖感。
ひゅーっと心の中で風の音がするかのような感覚です。

理由はわかっています。
勝手の知らないオフィスビル。
会議室という閉ざされた空間。
周りを見渡しても、知っている人は誰もいない孤独感。

私自身はビビりなもので、そういう新しいことが多い環境、知らないこと、知らない人が多い環境は結構、苦しいです

さらに「何か押し売りされるんじゃないか」「強引な営業をかけられるんじゃないか」という疑心暗鬼な気持ちもわいてきます。

「そんなに不安になるようなセミナーに出たの??」

と思われるかもしれませんが、まったくそのようなことはないです。

そのセミナーの名誉のために言っておきますが、セミナーもセミナー主催者も悪い人ではないです。
きちんと学ばせていただきました。
何かを押し売りされることも、強引な営業をされることもないです。

また、このセミナー主催者のセミナー自体、2度目の参加です。
ですので、そういうトラブルがないということはわかっています。

ですが、やはり不安感を感じてしまうのです。

それは、知らないことが多い、勝手を知らない、知らない人ばかり、さみしい。
そういう感情が積み重なっておきてしまうものなのです。

ここまでお話して、私自身、また、でんホームの活動における価値観が多少は伝わったかもしれません。

でんホームでは「己の欲せざるところ、人に施すなかれ」をモットーに、自分がされてイヤなことは他人にはしない、と決めています

私が今回感じた感情を今後、完成する、でんホームゲストハウスで感じていただきたくないです。
私のプロフィール代表 藤本香織のプロフィールを掲載しています。
どうぞ、ご安心して、ご連絡ください。

また、決して押し売りしません。強引な営業もしません。
それは、私たちがされてイヤなことだからです。
誰かにイヤな思いを決してさせたくはないです。

セミナーに参加してみて、感じたことで、私たちの考えがより強く、固くなった気がします。



家づくりは人生について考えるきっかけにもなる

20120924184130

家を建てることは行動から見ると、商品を買うことと同じようなものです。
スーパーでリンゴを買うことも、喫茶店でコーヒーを買うことも、同じように商品を買う行為です。
住宅も同じく、住宅を買う行為ですから、同じです。

ただ、その金額が人生においても非常に大きいこと、そして、その使用期間が何十年という非常に長いことから、じっくりと考える機会になります

35年の住宅ローン。
なぜ、家を買うのか。家を建てるのか。
どういう家に住みたいか。
これから、この家とどういう人生を送りたいか。

このような自問自答が続きます。

人生について考えるきっかけになるのです

人生において大きな買い物だからこそ、人生において、住宅・家がどのような意味を持つのか考えます。

人生と家の関係について。家を建てる意義について。
買うべきか。買わざるべきか。

また、人生において住宅で過ごす時間はとても長いです。
1日の三分の一以上は過ごします。
しかも、耐用年数が30年前後ですから、30年程度は住むことになります(使用することになります)。
とても長く、ともに過ごす存在です。

だからこそ、考えます。
自分の人生において、どういう家に住むのがいいのか。
どういう家にしたいのか。これから建つ家と、どういう人生をすごしていくのか。
これから建つ家をどのように住まうのか。どのような生活を営むのか。それぞれのシーンがあります。

家を建てることは、一見、単純な買い物行為と同じように見えます。
しかし、その実、家を建てることは自分の人生のこれまで、そして、これから、について考える機会になります。
また、人生と住まいの関係についても、考える機会になります。

人生の棚卸しとしてのひとときも、家づくりでは味わえるものです。