安い家が本当にいい家か?

photo 1235

何かモノを買うとき、1円でも安いものを求めるのは不思議ではありません。

100円でハンバーガーが食べられますし、牛丼も280円。
ユニクロやファストファッション系の店では洋服も安いです。
価格が安く安くなっているスーパーも多いです。

同じモノなら、できるだけ安いものを選びたいです
大切なお金を使うのですから。
安くすませられるにこしたことはないです。

ただ、「安かろう悪かろう」という言葉もよく使われるように、短絡的に安いから買う、という消費行動は必ずしも正しいとは言えません

モノの「安さ」を生み出すには、大きく2つの方法で行われています。

ひとつは「企業努力」
無駄な紙は使わない。無駄なコストを減らす。
移動を減らす。通信費を削減する。
こういった企業努力でコスト削減して、それを「安さ」の源とする方法があります。

もうひとつは「犠牲」です

「安い家が本当にいい家でしょうか?」

私は大いに問いたいです。

住宅を一棟建てるのには以下のような仕事があります。

・造成工事
・仮設工事
・建築工事
・電気設備工事
・給排水設備工事
・ガス工事
・空調工事

などなどです。

これらの仕事の集合体として、住宅は建設されます。
そして、住宅のコストも同じくこれらのコストの集合体です。

これらのコストはそれぞれ、大きく2つに分解できます

「材料」と「手間賃」です。

たとえば、「左官屋さんが内壁を漆喰で塗る」という仕事があります。

この仕事のコストは漆喰の「材料費」と「左官屋さんの手間賃」とで構成されます

この「左官屋さんの手間賃」はすなわち、左官屋さんの給料、収入なのです。

ですから、もし、この仕事の金額を減らしたいなら、材料費を減らすか、左官屋さんの手間賃を減らすかのアプローチしかないです。

さて、問題です。
金額を減らしやすいのは、どちらでしょうか?

答えは「手間賃」です。

やり方としては、単純です。
仕事の内容自体はあまり変わりませんから、その金額で請け負わない左官屋さんには仕事を出さない、別の左官屋さんにやらせるといった主張をするだけです。

仕事の内容も同じ、ただ、金額が減るだけ。手間は変わりません。
ただ、仕事がないよりかは、マシなのです。

これらの論理によって、多くの職人さん方の犠牲の元に、多くの住宅が建築されています。
世間で言われる「安い家」「ローコスト住宅」は企業努力による安さの部分もありますが、多くは犠牲の元に生み出されています

大工さん、板金屋さん、建具屋さん、左官屋さん、塗装屋さん、、、

表向きに「安い」家には、そういう裏側があります。

「単純に安い家が本当にいい家でしょうか?」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です