人は切羽詰まってないと行動しない

20121014162841

何かしなければならないと感じながらも、何もしない。
そういうことが多いです。

たとえば、学生時代のこと。
期末テストがあるとわかっているのに、勉強しなければいけないとわかっているのに、勉強しない。
テストの2、3日前になってようやく、勉強しはじめる。
それまでは、いつもは読まないマンガを読んだり、いつもはしない部屋の片づけをしたりします。

なぜでしょうか?

それは「人は切羽詰まってないと行動しない」からです。

これは何にしてもそうです。
喫緊でやらなければならないことでなければ、なかなか人は動きません。

たとえ、動くことが長期的にはよいことであっても、短期的にしなければならない状態でなければ、動きません

締め切り間近になって、ようやく人は動きはじめるものです。
それで間に合えばよし。間に合わないとあきらめます。

このことは学校のテストだけではないです。
何かの資格試験もそうです。
スキルアップもそうです。
転職もそうです。
独立起業もそうです。

私自身、このことを痛切に感じているので、自戒の念をこめて書いております。

強く感じることは、長期的に素晴らしい結果につながるのであれば、パターン化、ルーチン化させ、徐々にでも行動していくことが肝要であるということです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です