足場ができました(鳥飼ゲストハウス計画)

ashiba

足場ができました。
基礎の上に土台を敷きました。
明日は、住宅の建物の骨組みが立ち上がります。

上棟です。

いよいよ、建物の骨組みが見えてきます。

構造材は北部九州の木材で杉です。
これは地域材の活用を考えたと同時に「その地域の住宅はその地域の木材で」という考え方を提言していきたいという意図があるからです。

きちんと製材所に赴き、実際に使用する木材に触れ、加工をしてきました。

「あのとき触れた、あの木が」明日以降の上棟で、家としてのかたちをつくっていきます。

1月7日の正月明けすぐに、足場を設置して、土台を敷きました。
そこから、翌日、棟上げをします。

また、ご報告できれば、と思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です