上棟後も、工事は進んでいます(構造用合板モイスを施工)

486220_4459277956278_268433898_n

でんホーム鳥飼ゲストハウス計画は、おおむね順調に進んでいます。
上棟をして、お餅まきをしてからも、相変わらずバタバタしていますが、状況としてはだいぶ落ち着いてきた感じがします。

さて、ここまで色々進んでいますが、ちょうど構造用合板を施工したあたりです。

これは、住宅の構造をしっかりとしたものにして、地震や耐久性の高い住まいにしていくのに大切な工事です。

でんホームで使用している耐力面材(構造用合板)は「モイス(MOISS)」と言います。

「モイス(MOISS)」は、天然素材の鉱物「バーミキュライト」を主成分とした建材で、調湿性、保温性を備え、燃えない、腐らない、加えて、揮発性有機化合物(VOC)を吸着・分解する機能があります。また、切れ端は冷蔵庫等の脱臭剤にも使えます。そして土に戻すと土壌改良剤としての役割も担います。

もちろん、他にも各種工事が同時並行で進んでいます。

また、折りをみて、ご報告させていただきますね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です