じわじわとゲストハウスが建築されていっています

487987_532520263436438_873903176_n

でんホームの鳥飼ゲストハウス計画。
じわじわと進捗しております。

正直、工事は若干遅れ気味です(苦笑)。
ただ、じわじわと完成に近づいています。

各種の下地をつくりまして、仕上げていくという流れになっています。

さて、写真はピーラー(米松の柾目の材)と内観一部です。
米松という木材の樹種で、柾目(直線的な木目)の材のことをピーラーというのですが、今回のゲストハウスでは窓まわりに使ってます。木製サッシの枠と合わせてます。

でんホームは、国産材、地域材ということで、北部九州の杉材をふんだんに用いています。
たしかに大部分は国産材で可能なのですが、家一軒すべてを国産材というのは無理ではないのですが、デザイン的な面や金額、調達可能性から考えて、合理的な判断とはいえません。ですので、部分部分では外国の材を使ってもいます。

ちなみに、ピーラーは以前はそうでもなかったそうですが、今では大変高価な木材になってます。
木目がきれいですね。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です