外構に使う樹木を探して

でんホーム取締役の藤本宣也は造園のプロです。
造園業において、かれこれ40年以上ものキャリアがあります。
トルコにも日本庭園をつくった経験があります。

そういうわけで、実はでんホームの外構・エクステリアはなかなかのものなのです。

社長も同行して、外構に映える樹木を見に、福岡県の某所に、、、

外構に使う木を選定

ひばりの声が聞こえ、柔らかい風が心地よいなかで、でんホーム鳥飼ゲストハウスの外回りに最適な樹木を選定。

余談ですが、日本庭園によく使われる「五葉松」。
盆栽などでもよく見かけます。

さて、この「五葉松」。
日本人にはあまり人気がなくなってきています。
コテコテの和な感じなので、あまり好まれないからです。

ただ、最近では五葉松の生産者は景気がいいそうです。

なぜでしょうか?

実は中国の富裕層が買っているからだそうです。
中国では純日本、和を買うというイメージになるからです。

紅葉(もみじ)の木

もみじの木をセレクト。

外構に使う木を選びます

丁寧にこだわって選び、きちんとした眼で確かめる。
そういう選びかたをしていくことで、美しい外構・エクステリアができあがります。

でんホーム鳥飼ゲストハウスの外構もお楽しみにー。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です