マーガレット・ハウエルの「家」 マーガレット ハウエル (著) #210

イギリス在住のファッションデザイナー、マーガレット・ハウエル。
同名のブランド「MARGARET HOWELL」で有名です。

本書はそのマーガレット・ハウエルが自身の2つの家や友人の家などについて語り、インテリアやその考えについてまとめられたもの。

1988年、マーガレット・ハウエルが買った最初の家はエドワディアン(1901-10年のエドワード7世時代)の伝統的スタイルの家。そして、2軒目が2001年に買ったセカンドハウス。

本書の表紙にもなり、巻頭で特集されているのはマーガレット・ハウエルのセカンドハウス。
1960年代にスイス人の建築家が設計、建築したもの。6軒建てて、そのうち1軒に家族と住み、他の5軒をセカンドハウスや住宅として友人らに販売したそうです。

20130612180237

内装のデザインテイストは、でんホームとも共通したようなイメージです。
白い壁に木のフローリング。
木の風合いのある家具に、インテリアの小物がいくつか。
インテリアもビビッドな色でなく、落ち着いたベージュのようなカラーグループでまとめています。

20130612175949

奇抜でもなく、流行でもなく、斬新でもない。
ただ、ベーシックで、定番。
時代が経っても色あせないテイストです。

マーガレット・ハウエルはインテリアのひとつひとつにもこだわりを持っている様子。

たとえば、FAVOURITE DESIGNS(お気に入りデザイン)として採り上げられた一品で「ANGLEPOISE(アングルポイズ)」があります。

実は、でんホーム鳥飼ゲストハウスにも「ANGLEPOISE(アングルポイズ)」が置かれてあります。
参考リンク:ANGLEPOISE Type75 Mini(アングルポイズ タイプ75 ミニ)・インテリア紹介

20130612175856

シンプルで機能的、時が経っても決して、劣化しない美しさがあります。

マーガレット・ハウエルの価値観・哲学は大いに共感するところが多いです。

上質なものは価格も高いけれど、何年も使い続けるほどに、なじんで肌触りがよくなるでしょう。古くなっても”本物”なら味わいが感じられる。シルクに似せた化繊は、使い込むとみすぼらしくなるけれど、本物のシルクやリネンは、古くなっても、ますますいい風合いを保つものね

マーガレット・ハウエルのデザイン哲学、考え、価値観。そういうものが「家」を通して、伝わってきます。それは彼女がデザインするファッションのみならず、マーガレット・ハウエル個人の人生を通したものだからでしょう。

20130612180033

「家」はその人の価値観やスタイルを大きく指し示すものであるなぁ、と再認識しました。