「Y氏は暇人」ブログをリアルに体験。福岡の歴史をちょいちょい学ぶ

突然ですが、「Y氏は暇人」というブログをご存じでしょうか?

おそらくはご存じないことと思いますが、
福岡の局所的に高い知名度を誇るブログです。

どのようなブログかというと、
福岡の歴史を古地図から読みとく、ような感じのブログです。

個人的にとっても興味深かったのが「元寇の絵巻の舞台が鳥飼であった」という記事です。

元寇の絵巻、ご覧になったことがおありでしょう。
歴史の教科書なんかに載っていた、あれです。


▲「Y氏は暇人」ブログより転載しております

あれの舞台がなんと、私どもの鳥飼ゲストハウスのエリアである「鳥飼」だったというわけです。
その他の詳細はY氏のブログをじっくりごらんください。
元寇の有名なあの絵は鳥飼 | Y氏は暇人

さて、そんなこんなでY氏のブログを読んでおりました、
この私、竹内。

ブログの著者であるY氏がトークライブをするということで、
いざ馳せ参じたわけでございます。

舞台は「福岡市赤煉瓦文化館」。
なかなか歴史の趣のあるシブいセレクト。

20130828183609
▲風格ある歴史ある建物ですねー

東京駅の設計も行った辰野金吾が設計した建物。
元々は日本生命の建物だったそうです。

Y氏トークライブ

Y氏がそのブログ「Y氏は暇人」を始めたきっかけは、
NHKで放映された「古地図でたどる竜馬の旅」というテレビ番組だったそうで、
竜馬ゆかりの地を古地図でたどったという内容だったそうです。

それを福岡で調べてみて、
「このビルは元々は大名屋敷の跡地にできたんだなー」
という感じで知り合いとかからも引き合いがあったそうで、
始まっていったそうです。

20130828184658
▲右がY氏。「好青年」という言葉がぴったりでござる

Y氏の古地図レクチャー

Y氏は古地図を多用しているのですが、
地図としては鎌倉時代の地図が古いのですが、
かなりざっくりした感じで、細かく書かれているのは、
江戸時代くらいになって以降だそうです。

それで今回はY氏の古地図レクチャーとして、
会場となった「赤煉瓦文化館」の歴史を見てみます。

20130828201327
▲Y氏のレクチャー。

古地図を読みとくヒントは「寺と神社」だそうです。
お寺と神社はあまり位置がかわらず、ずっとあるそうです。

今回の会場付近でのお寺と神社といえば、
「水鏡天満宮」「勝立寺」「安国寺」となっています。

その位置関係から古地図をたどっていくと、
会場は元々、中洲からアプローチする橋のたもと、
門があった場所と相成るわけです。

そんなことを色々とお話を聞きました。

福岡に住み、これからも住続ける人間としては、
福岡の歴史くらいは知っておかねばなりませんね。

今後も、勉強いたします。

ゆるふわ系の歴史ブログ。
それが「Y氏は暇人」です。



現地調査から読書会の集い

P1015450
「暑い日→大雨→暑めな日」のコンボで弱っております竹内です。

ブログの更新頻度が落ち、ここ最近で頻度アップという
不定期な気まぐれムードを醸しだしつつ、近況を報告させていただきます。

20130827102804

福岡市東区の某地にて、現場調査をいたしました。
以前よりお話をいただいておりまして、今回は詳細と今後の計画を
検討するためのデータをつくるために現場調査いたしました。

代表の藤本、設計の伊東、大工・工務の者とで伺いました。

・・・と、わたくしはさしたる役に立つわけでもないので、下っ端として同行。
今後の経験・勉強をしておりました。
下っ端の雑兵ですので、出る幕は基本ないです(残念!)。
記録としてブログ記事を書くことが実はメインです(苦笑)。

さて、夜は読書会の集いを鳥飼ゲストハウスにて開きました。

テレビ、新聞、雑誌、フリーペーパーなど
各種メディアに取材いただいております「ふくおか明るい読書会」。

会の主要メンバーのお一人のお祝いも兼ねて開催されました。

20130827193926
▲お総菜ですが、それなりに豪華に見えますね(笑)。

スロージョギングとか、マインドマップ(は以前から知っておりますが)とか、
音楽の話など、様々な話題がありました。

お子さま連れでいらした方もいて、
やはり子供(1歳にもなっていなかった)は話題の中心になりますね。

P1015488
▲話題の中心になっていたお子様

P1015506
▲読書会のみなさん

さてさて、とりとめない話になってしまいましたが、そんな感じです。

また、報告いたします!



[Jパネル]協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

Jパネル

でんホーム鳥飼ゲストハウスで使用している杉板材。
そのなかに「Jパネル」というものがあります。

「Jパネル」は杉の間伐材を利用してつくられた三層クロスパネルです。
乾燥させた杉材を繊維方向にくっつけ、三層構造にした杉パネル。

三層にしなくても、そのまま(無垢材)でもいいだろう?と思う向きもあるかと思います。
無垢材との違いは乾燥による狂いが少ないことがメリットです。
また、日本の森林に貢献できる間伐を行った杉材を有効活用されたものです。

でんホーム鳥飼ゲストハウスでは天井部分に活用しています。
ゲストハウスにお越しの際は2階の吹き抜け部分から見上げてみてください。
それがJパネルです。

また、もうひとつ、Jパネルを大きく活用した箇所があります。

それは2階の壁面です。
柱と柱の間にJパネルを落とし込み、はめ込んで構造面としています。

▲絵で書こうと思ったのですが、すっごいわかりづらくなるので、レングス様のサイトより画像を転用。

このJパネル落とし込み構法(工法)の耐力壁は
大臣認定を取得していますし、実際はもっと強いと考えています。

ただ、Jパネルそのものの価格だけでなく、
木材の加工や手間もありますので、単純に金額が高くなります。

もちろん、強度や頑丈さ、耐久性が高まりますからいいのですが、
オプションというか、それ分の追加費用を支払う気持ちのある方が
「Jパネル落とし込み構法」を選んでいただくのがよろしいかと思います。

さて、話は大変飛んだのですが、そのJパネルを製造されていらっしゃる
協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

[Jパネル]協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

協同組合レングスの拠点は「鳥取」。
鳥取より福岡まで、ざっくり約6時間の車移動です。
長い。

お疲れのところ、わざわざご挨拶していただき、
また、おみやげまでいただきました。
誠にありがとうございます!
恐縮です。

20130827143945

Jパネルの実物をごらんになりたい方はお問い合わせフォームよりご一報ください。

時間調整可能であれば、いつでもご案内いたします。



住宅ローンを貸す側は何をしているか?住宅金融支援機構や銀行、金融機関の裏側

ocha

新しく家を買うとき、一般的には住宅ローンを組みます。
もちろん、現金で一括払いという方もいらっしゃるでしょうが、稀ということで。

それで、30年とか35年とかの期間で、
変動か固定金利で住宅ローンを組みます。

住宅ローンを組んで、借入して住宅(建物)、土地などを決済します。

誰が住宅ローンを貸してくれるか?

さて、住宅を買うには住宅ローンを組まないといけないんですが、
誰に言えば、住宅ローンを組ませてもらえるのでしょうか?(お金を貸してくれるのでしょうか?)

思いつくのは今、通帳を持っている銀行さんですね。

福岡で言えば「福岡銀行」さんがシェアトップで、
西日本シティ銀行」さんが第二地銀です。

福岡中央銀行」さんもあります。

「西日本シティ銀行」さんの住宅ローン商品は「NCB 建築名人」という商品です。

給与振込口座に指定すると、金利が割引になったりしますから、
色々調べて、住宅ローン組むといいですね。

このような銀行カテゴリには地元の地方銀行だけでなく、
大手の都市銀行も住宅ローン商品を提供しています。

三菱東京UFJ銀行」や「三井住友銀行」、「みずほ銀行」とかです。

どうせお金を落とすのなら、地元の人が真面目に仕事している企業に
お金を落としたいと思ってますが、まあ、借りる人が選ぶわけなので。

大手都市銀行も住宅ローン商品はプッシュしてます。

銀行側からすると、住宅ローンは焦げ付きにくいんですね。

住宅を買った人はその住宅(家)を手放したくはないので、
きちんと真面目に返済するんです。

なので、滞納や焦げ付き(債務不履行)があまりないのが特徴です。
日本人は真面目です。

というわけで、現在の銀行からすれば、
住宅ローンはなかなか魅力的な販売商品なわけです。

そのため、なかなかのプッシュがあり、
意外に銀行間での競争が激しかったりします。

一番有名な住宅ローンの貸し主。住宅金融支援機構

これまで銀行が知名度高いといいましたが、
住宅業界で一番有名な住宅ローンの貸主は「住宅金融支援機構」です。

「住宅金融支援機構」はかつては「住宅金融公庫(公庫)」と呼ばれていました。
そっちの名前も有名でしょう。

商品名は「フラット35」です。
「フラット35」は超有名な名前ですね。

「フラット35」の最大の特徴は長期固定金利の住宅ローンであるという点です。

35年間を固定した金利で住宅ローンを貸し出す、ということです。

銀行、金融機関の裏側

銀行などの金融機関の住宅ローンは35年といった長期固定金利も提供してはいますが、
一般的には変動金利か短期固定金利が多いです。

それは単純にお客様側のニーズもあります。
変動金利や短期固定金利の住宅ローンが好まれますので。

とはいうものの、銀行側としてはそっちのほうがありがたいのです。

なぜでしょうか?

それは銀行の資金調達は比較的、短期の流動性の高い資金だからです。

具体的に表現すれば、預金です。

普通預金や定期預金を預金者から募って、そのお金を貸し出すわけです。

貸出先は企業が多いです。
大企業や中小企業に貸して、事業をしてもらって借金返済してもらいます。

その貸出先のなかで、優良なのが一般個人の住宅ローンなわけです。

とはいえ、35年の長期定期預金を募れるわけではないので、
流動性の高めな資金調達をしております。

そのため、長期固定金利より変動か短期固定金利のほうが好まれます。

フラット35(住宅金融支援機構)の裏側

もうひとつの貸し手「住宅金融支援機構」のフラット35ですが、
住宅金融支援機構は特に預金を募っているわけでもないですね。

住宅ローンのお金はどこから来ているのでしょうか?

それは投資家が出しているのです。

投資家といっても、機関投資家と呼ばれる種類の投資家で、
金融機関や保険会社、証券会社などがメジャーです。

フラット35を借りたとき、住宅金融支援機構はあくまで
取次的なことをしているにすぎません(証券化支援業務)。

流れとしては、住宅購入者が取扱金融機関へ「フラット35」を申し込みます。

取扱金融機関は銀行・信用金庫・労働金庫など預金取扱金融機関の一部と、
フラット35を扱うノンバンク(モーゲージバンク・信販・住宅金融専門会社)です。

それで、機構が購入者の審査をして、取扱金融機関が融資します。

融資当日、取扱金融機関がフラット35債権を機構に譲渡。
機構の債権譲渡に伴い、機構が抵当権を設定。
信託銀行などに債権を信託。

その後、機構は投資家に対して、それら住宅ローン債権によって担保される
不動産担保証券(モーゲージバック証券)を発行。

発行のときは主幹事となる証券会社にマネジメントさせます。
第77回債の場合は、三菱UFJモルガン・スタンレー証券(事務幹事会社)、
みずほ証券、メリルリンチ日本証券が指名されています。

機構は金融機関に対して、不動産担保証券の発行代金を原資として、
留保していた債権の買取代金を支払います。

これまでが住宅ローン・フラット35の貸し出しの裏側です。

その後、借り手が金融機関に住宅ローンの返済をします。
すると、機構に送金され、機構は投資家に不動産担保証券の元利金を支払います。

こういう仕組みなんですね。

もしかしたら、不動産担保証券・モーゲージバック証券
という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

これは2007年ごろに起こったサブプライムローン、サブプライム危機で有名になりました。

アメリカでは、同じような仕組みで(アメリカが先で、日本が後ですがね)、
モーゲージバック証券を発行していました。

日本の住宅金融支援機構はアメリカでは、
ジニーメイ(連邦政府抵当金庫)、ファニーメイ(連邦住宅抵当公庫)、
フレディマック(連邦住宅金融抵当金庫)という組織がそのポジションです。

サブプライムローン問題では、結局は返済できない人にまで貸していたので、
返済の滞納、債務不履行が急増したため、証券価値が激減したという流れです。

このようなかたちで、住宅ローンを貸す側は動いています。

住宅ローンの裏側。



【9月23日(月・祝)開催!】明るい運動会&読書会

a1380_000303_m

「最近、運動してないなー」
「何かしないといけないのになー」

そう思ったことはありませんか?
私はいつもそう思ってます。

ということで、夏も終わり、気温もほどよい感じになった9月末ころ。
「ふくおか明るい読書会」が主催する運動会イベントを開催します!

ケガしない範囲で、オトナたちが汗を流す運動会にしたいです!
ぜひ、ご参加表明ください。

でん(藤本香織)

【日時・場所】
日時:9月23日(月・祝)秋分の日 10:00 – 16:00
場所:城西中学校第2グラウンド(福岡市城南区鳥飼5丁目21-1)
※駐車場完備。お車でお越しいただけます。


大きな地図で見る
▲ここです。鳥飼ゲストハウスから徒歩7分でしょうか。

【詳細】
未定。
ドッチボール、リレーなどを想定。
加筆します!

■お問い合わせ先
ふくおか明るい読書会事務局(でんホーム内・担当:竹内)
〒814-0103 福岡市城南区鳥飼7-13-2
【明るい運動会&読書会のお申し込みはこちらから】