マイホームの価値のひとつ

denhome-ame02

マイホームはたしかに一生に一度の高額な買い物です。
一生賃貸派の人もいるでしょう。

ただ、金銭だけではない、感傷的な何か。
そして、家族との思い出が刻み込まれる記憶の残る存在。

「背比べ」で刻んでいった木の柱。
ぶつけて傷ついた壁は3歳の長男のはしゃいだ思い出。

原状回復費用や隣の住人を考えて、
「暴れないで」「おとなしくしなさい」と叱ることより、
自由に感性を育むほうが、子供にとっていい。

そして、親も心を痛めずにすむ。

それがマイホームの価値のひとつのように思います。