401k(確定拠出年金)の話(お金の話)

20130922222358

最近は個人の年金や老後のことを考えて、
401k(確定拠出年金)について調べていた竹内です。

住宅は住宅ローンがありますので、
35年という長期の借入が発生したりしますし、
返済計画、資金計画、生活設計など、
お金の話は住宅とは切っても切り離せない話です。

そんなこんなでお金の話は大切なことですし、
私自身、大変興味のある分野ですので、
※そんな感じで本まで書いております。
30代で年収3000万円を実現した300人に聞いた!稼げる人、稼げない人
絶えず、色々と研究しているのです。

その一環として今回研究しましたのが、
401k(確定拠出年金)です。

拠出する金額が確定していて、
給付(得られる)金額が未確定なのが特徴です。

401kはとてもよい仕組みで、拠出金(給与天引き)は
所得控除の対象になるので、税金がかかりません

また、運用益についても非課税

最後の受け取りのときに、退職一時金であれば退職所得
年金みたいな受け取りであれば、雑所得。
税制も優遇があります。

ポイントは拠出金が確定して定額ですが、
最終的な金額は運用次第で変わることです。

これはプラスの意味でもあり、マイナスの意味でもあります。
うまく運用できれば大きなプラス。
失敗した運用であれば、大きなマイナス。

そんな感じでしょうか。

私自身は確固たる投資哲学があり、
またかれこれ10年以上も投資をしてきてますから、
お高めなパフォーマンスを得られる自信がありますので、
個人的には401kは素晴らしい仕組みだなぁと感じます。

これまで投資なんてしたことないな、という方には
ちょっとオススメできないのではないかな、と思ったりもします。

ですので、正直、好き嫌いの分かれるテーマではないかな、と思います。

住宅建築とは直接的に関係はしない話ですが、
大切なお金の話。

もし、ご興味があれば、私、竹内に直接お聞きください。
401kについての話や投資哲学の話など、なんでもお答えいたします。