宇宙は広いですね。

R0013298

福岡市を東へ西へ移動しております竹内です。

移動しているのですが、ついつい写真を撮り忘れ、
ブログにアップできないでおります。

さて、最近感じますのは連絡(コミュニケーション)の難しさです。

未確定な話を連絡しても、相手に迷惑になる可能性もありますし、
かといって、確定してからでは遅すぎるかもしれない。

そういうことを連絡していくのは結構、大変なことだと感じます。

受け手によっては「確定してから話をしてほしい」という方、
「未確定でも話をしてほしい」という方もいらっしゃいます。
また、「聞いてた話と違っていた」ということも。

それぞれ、思惑がありますから、結構大変なことですね。

まあ、そういうのはどの業界でも多い話ではあるかと思います。
関係者全員が笑顔になれる仕組みができればいいんですが。

さて、話は飛ぶのですが、こんなニュースがありました。

「地球型惑星、銀河系に100億個存在か=米研究」

[4日 ロイター] -太陽系が属する天の川銀河にある太陽に似た恒星のうち、水が存在し得る地球型惑星を持つ可能性のある星が約20%に上るとの研究結果を、米カリフォルニア大学バークレー校の大学院生らによる研究チームが4日発表した。

米航空宇宙局(NASA)のケプラー宇宙望遠鏡の観測データから得られた分析結果によると、生命が存在する可能性のある惑星が天の川銀河内に約100億個存在することになり、より数の多い赤色矮星を含めると、その数はさらに増えるという。

研究チームは約3年にわたってデータ解析を行い、その結果、銀河系内の太陽に似た恒星約500億個の22%が、水の存在に適した地球に近いサイズの惑星を持つ可能性があることが分かった。

水が存在しうる地球型惑星が銀河系に100億個だそうです。
ということは、地球のような星が、同じような星がある可能性は高そうですね。

宇宙人?地球人?がいて、生活しているでしょうか。

宇宙は広いですね。