久留米に行ってきました

当ブログで何度も病弱キャラをプッシュしてきているので、
あまりにプッシュしすぎかな、と思っておりますから、
やめたいのですが、つい今日も「眼科と耳鼻科に行かないと・・・」
と感じることがありました。

健康バリバリのようで、かなり病弱な竹内正浩です。

さて、ブログを数日間更新しないままになってしまっていましたが、
裏側では色々と動いておりまして、書けずにいました。

ようやくPCの前に落ち着ける時間をとりまして、
この文章を書いております。

今日は久留米に行ってきました。

久留米はもちろん、福岡県久留米市です。
お客様からお声掛けいただきまして、敷地調査に伺ってきました。
詳細はプライバシーもございますので、控えます。

でんホームの施工範囲としましては、自動車で1時間圏内をメインとしております。

久留米市は福岡市内から都市高速、九州高速自動車道を通りますと、約35分程度。
久留米ICくらいまでですから、そこから目的地までプラスということになります。
実際の距離はそれなりに遠いですが、時間的な距離感は近いですね。

久留米に行くということもございまして、
用件をからめて、製材所に伺ってきました。

製材所では、木造住宅の構造となる柱・梁(はしら・はり)や
色々な用途に使われる木材、フローリング、天井板材といったものを加工しているところです。

福岡に木材を提供している製材所さんは多くは福岡の南側に集積しているんですね。
朝倉、甘木、杷木、うきは、といったエリアです。
昔からの木材の流通拠点だったそうです。

ですので、久留米にも近いので、用件をからめることもできるのです。

20140119100548
▲北部九州の杉の丸太

丸太を加工したり、角材を加工したり、
保管したり、乾燥させたりと色々な仕事をしています。

20140119094641
▲板材などなど

もちろん、各製材所で得意不得意がありますので、
色々と分かれていたりします。

でんホームでは、お客様に提供いたします住宅に使われている部材・建材について、
できるかぎり、生産現場を見て、安心・安全・価値のあるモノを確かめています。

お客様が今後、数十年とずっと住まわれる家なわけですから、
当然なことだと考えています。

きちんと、丁寧に、しっかりと、確かめて、
お客様の幸せのために仕事をしていきたいと思います。