外構工事の手伝い。残土処分をしました。

こんにちは、トイレは絶対ウォシュレット派な竹内正浩です。
海外を含めて、ウォシュレットのないトイレを見ると、悲しい気持ちになります。
ウォシュレットは一大発明だと思っています。感謝しています。

さて、ところかわって福岡市東区は青葉にあります住宅建築現場に行っておりました。

今日は外構工事のお手伝いをしました。
「外構」と言いますと、エクステリアとも呼ばれますが、外周りの仕事でして「土」を掘り返すことが多いんですね。しかも、その土の量たるや、、、土と聞きますと、ご想像されている土のイメージというものがおありだと思うのですけれども、おそらくはその数十倍の量が出るわけです。

たとえば、目の前にちょろっとした面積の土地があるとします。
「その土地を1mくらい掘った穴をつくってください」
と言われるとしますよね。

ちょろっとした面積だから、大した土の量じゃないでしょう。と思われるかと思うのですけれども、実際に体験してみますと、「ええっ、こんなに土が出るの?!」という言葉を発することになるかと思います。大変なんです。土を掘り返すってだけなんですけどね。

そんな感じで掘り返しました土をダンプカーに乗せるわけです。

20140224121448
▲残土をダンプカーにのせます

もちろん、私もいつかのブログ記事でお話しましたとおり、バックホウと呼ばれます建設機械を運転する資格を持っています。※小型車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転者特別教育を修了しました

ただ、ここは経験豊富な熟達されたベテランにお任せいたしまして、私はと言いますと、その残土処分に行って参りました。

土と言いますと、簡単にポイッと捨てるようなイメージがありますでしょうか?

実際はですね、土を捨てるにもお金が必要なのです。今は簡単にどこでも捨てられるわけではありませんでして、残土処分場と呼ばれる場所に捨てに行く必要があり、かつ、お金を払わなければなりません。しかも、量が大量ですので、かなりのお金が必要なんです。お金がかかりますね・・・

20140224124606
▲こんな感じの場所です。残土処分場

ダンプカーで残土を捨てるわけですね。

20140224124648
▲残土をダンプで捨てております。実際は写真を撮るヒマはないんですが・・・

そういう感じで、お手伝いもしております総務です。

また、マニュアル車を運転しまして、マニュアル車と一口に言っても運転しやすさは違いますね。今回は運転しやすかったです。車両重量が軽いからだとの意見もありました。どうなんでしょうか。

20140224141955
▲ミッション

最後に小ネタというか、トリビアな話なんですけれども、一般的には何らの価値のないムダ知識なんですが、ダンプカーは後ろの荷台が傾いて、土などの荷物を下ろすことができます。

Profia-dumprear
▲ダンプカーの荷台を下ろすイメージです

上の写真のようなイメージですね。

それで、その荷台を下ろすのはどうやって操作しているのか、ご存知ですか?

これがトリビアなんですが、下の写真のレバーを下に引く、というのが答えになります。

20140224142010
▲ダンプのレバー

運転席の右側にニョキっと出ておりますレバー。存在感を出している感じなんですけれども、これを下に引きます。もちろん、上のボタンを押しながらなんですが、そうしますと、ダンプが傾きます。そういうトリビアです。

というようなことをしております。

お客様の幸せの住まいのため、一助となればと奮闘しています!
ありがとうございます。



Peach(ピーチ)で大阪に行きました。福岡-大阪間を新幹線と比較すると・・・

こんにちは、飛行機移動のハイライトは離陸の瞬間だと思っているのですけれども、その瞬間を楽しみにしていたのに、ちょうど離陸前に寝てしまった竹内正浩です。

よりよい住まいづくりをご提供するために勉強するため、単身、大阪に行ってきました。

20140220084102
▲Peach(ピーチ)で大阪行きます

行きの移動は個人的には定着しつつある感がしますLCC(ローコストキャリア・格安航空会社)のPeach(ピーチ)です。座席を前のほうのいい座席にしまして、お値段は5,875円

預かり手荷物はなしで、機内に持ち込める範囲の手荷物だけです。スーツケースやキャリーバッグなどの手荷物を預けようとしますと、追加で料金がかかりますのでご注意を。

また、預けている荷物がないと、飛行機を降りた後に荷物が出てくるのを待たないといけないので、時間がかかりますよね。

20140220095250
▲大阪につきました

さて、そんなこんなで、最初に申しました通り、飛び立つ前に寝てしまいまして、1時間ほどのフライトの後、着陸する寸前で起きたという、なんとも効率的(笑)な飛行機の旅でございました。

20140220102714
▲551蓬莱の豚まんが好きです。

さて、今回の福岡-大阪間の旅を振り返って、移動手段を比較してみます。
より正しい数字になるように、大阪は梅田駅までの移動を考えてみます。

■飛行機(Peach・ピーチ):5,875円
※座席指定あり。預かり手荷物なし。
関西空港から梅田まで:1,500円(リムジンバス)
合計:7,375円

意外に関西国際空港から大阪の市街地までが遠いんですよね。

■新幹線(ネット早割):10,000円

金額としては、ざっくり2500円ほど、飛行機のほうが安いですね。

では、時間はというと・・・

■飛行機:40分+1時間+1時間=2時間40分

飛行機は空港にチェックインするのに早めに入っていないといけないですし、検査場でのセキュリティチェックの時間や待ち時間もあるので、40分程度は時間が必要です。また、さらに関西空港から梅田まではざっと1時間程度はかかります。

■新幹線:2時間30分

新幹線だと、博多駅から新大阪駅、大阪駅まではスムーズに移動できます。
ということで、時間的にはさほどの差はないと考えます。

金額的にはやはり、LCCのピーチでの飛行機移動のほうが、安くすませることができます。

ただ、便数や時間帯の問題がありますので、希望のタイミングで搭乗できるとはかぎりませんし、日程に余裕がないと、金額が高くなってしまうことになります。時期や状況によって変化しますので、一概には言えませんね。

また、セキュリティチェックや待ち時間が面倒だと感じられる方もいらっしゃるでしょうし、金額や時間だけでない面でのメリット・デメリットもあるかと思います。

ですので、あくまで御参考になれば。

20140220152018
▲最近できたグランフロント大阪にちょっと寄りました

それで、最初に述べましたように、あくまで勉強をしに行きましたので、観光という観光はできませんでした。時間がないですね。ちょいちょいと寄れそうなところを寄って、少しでも観光気分を味わいます。

20140220152359
▲グランフロント大阪の模型が展示されていました

大阪っぽいことを特にしていないので、大阪名物と言われる「たこやき」をせっかくなので食べました。

20140221195904
▲たこやき

なかなか名物や観光はできませんが、少しでも味わえたら、といつも思うのですが、なかなかうまくはいきませんね。ありがとうございます。



シティリビング 2014年2月14日号に代表 藤本香織が掲載されました

20140218183641

シティリビング 2014年2月14日号に代表 藤本香織が掲載されました。
「先輩からのエール!」というコーナーでインタビューされました。

「人の幸せにつながることをしたい
 仕事は生きている限り責任を持つ」

という話をしています。

なぜ、住宅会社の社長になろうと思ったのか。

また、大事にしていること。

そして、女性たちへのメッセージ。

そのようなことについてインタビューで語っております。

シティリビング 2014年2月14日号はオフィス、
地下鉄や駅にて配布されているそうですので、ぜひ、ご覧ください。



フラット35が9割上限から、10割までに引き上げられました。

黒田官兵衛のドラマを見ております竹内正浩です。

大河ドラマは生きるか死ぬかという時代ですので、真剣に生きているというか切羽詰まっている感がありますね。どっちにつくか、それで人生が決まる。一族郎党がどうなるか、という具合ですから、大変ですね。

私はというと、お客様とお打ち合わせに同行いたしました。某高級システムキッチンメーカーのショールームに行ったりしました。

20140217140845

美しいですね。
新しいショールームを建設中ということで、すごいですね。

20140217135325

さて、話は変わるのですが、フラット35が9割上限から、10割までに引き上げられました。

これまでは住宅の建設費または購入価額の9割を上限としていたフラット35。その融資率を10割まで引き上げることとなりました。平成25年度補正予算成立に伴っての措置ということです。

これまでは銀行での住宅ローンなどですと、フルローンといいますか、10割の借入が可能ということだったのですけれども、それに加えてフラット35、住宅金融支援機構でも同じように借入可能になったというわけです。

住宅ローンについても競争が激化していますね。



カルピスの思い出

20140216010243

久しぶりに会った人に「幸せ太り」だと連呼されまして、大変へこんでおります竹内正浩です。
やはりダイエットというか、健康維持に邁進しないといけなさそうですね・・・

さて、住宅建築とは何らの関係もない話なんですけれども、「カルピス」を飲んだことはありますでしょうか?

有名すぎて、人口の95%くらいが知っている商品だとは思うんですが、最近、飲みました。

私も、もういい大人になってしまったので、相当に濃いカルピスを飲めるようになりました。好きなだけ濃いカルピスが飲めます。カルピスの本体には「5倍に希釈してください」と書かれているんですけれども、1:1です。1倍です。水とカルピスが同じ量です。濃いです。

そういえば、子供時代にカルピスの濃い薄いで、金持ちかどうかを語っていた風習があったように思います。
「濃いカルピス出たから金持ち」的な(笑)。
・・・どうなんでしょうかね?

まあ、470mlで300円くらい?ですから、あんまり判断できる感じじゃあないですね。

ふと、そんな思い出を振り返ったカルピスナイト。

facebookに投稿したところ、色々なコメントを頂きました。

「直に飲めるカルピス(注:カルピスウォーターでしょうか)が発売されて飲んだ時、意外に薄かったので……、ちょっと拍子抜け……でありました」
「焦がし砂糖味?(缶入り)なんてのもありますよ」

「わー。うちも今、カルピスがはやってます。風呂上がりのホットカルピス。北海道バージョンが濃くておいしいんです。いただきものだったんですが、東京じゃ売ってないんです。竹内さん、見つけたらぜひ、お試しを!」

「親が作ったのが、とにかく薄かったのを思い出しました」

色々とコメントを頂きまして、何とも人の思い出に残る商品なのだと感じましたね。カルピスは偉大ですね。