ベルックスの天窓を採用!空から降り注ぐ光で明るく開放感ある家に!【四季の住まい-鳥飼7】

完全独断専行型の新プロジェクトである新しいモデルハウス『四季の住まい-鳥飼7丁目』の仕様決め、セレクトについての背景やウンチクやら、セレクトに至った要因などをお伝えしております。

拙いブログではございますが、ご覧いただいている方の家づくりの参考に多少なりともお役に立てればという気持ちで書いております。

■『四季の住まい-鳥飼7丁目』の記事一覧
0.鳥飼7丁目で新プロジェクトがはじまります!
1.お風呂はどれにする??
2.トイレはどれにする??
3.玄関ドアはどんなモノ??
4.土地はどんな場所??
5.木の窓(木製サッシ)はどんなモノ??

今回は「天窓(トップライト)」についてお話したいと思います。

「天窓(トップライト)」を採用!

四季の住まい-鳥飼七丁目では「天窓(トップライト)」を2箇所、採用しています。

ひとつはFIX(はめ殺しの開閉できない窓)窓、もうひとつが手動開閉型です。

天窓(トップライト)は、でんホームではオプションの仕様でございますが、とってもいいものだと私は思っておりますので、四季の住まい鳥飼七丁目で採用しています。

天窓の効果としては、一番に採光です。明るいんですよね。光が入ります。

次に、通風です。換気ですね。新鮮な空気が入ります。

3番目が眺めです。

鳥飼7丁目は都市部にありますから、2階のリビングダイニングからの眺めはまあ広がりがあるといえばありますが、何もない空間が見えるわけではなく、お隣さんのお宅やマンションが見えるわけです。そこで天窓であれば、お空が見えます。広がりのある景色・眺めです。

あと、手動開閉型の天窓はロフトにつきます。

ロフトは小屋裏空間で、狭い印象を受けがちですが、実際問題、狭いんですが、天窓で外が見え、空が見えることで広がりが感じられます。外からはなかなか見えないので、プライバシーも守れます。

それでメーカーは・・・ベルックス。

それで気になる天窓のメーカーは「ベルックス(VELUX)」です。

天窓(トップライト)といえばベルックスと言われるほど有名なメーカーで、日本唯一の天窓専門メーカーです。

デンマークで70年以上、日本で30年以上の実績があります。

実はベルックスの天窓も木製サッシなんですねー。
でんホームの標準仕様の「木の窓」とは樹種が異なっておりまして、ベルックス天窓はパイン材を使用しています。

トップブランドの天窓というわけですね。

余談ですが、日本ベルックス本社、、、行ったことあります

余談ではございますが、私、日本ベルックスの本社に伺ったことがあります!

東京都は渋谷区千駄ヶ谷にあるんですが、おしゃれな建物。

20141023131012
日本ベルックス本社

20141023132449
天窓サンプル

実際に日本ベルックスの方に、天窓の魅力、天窓の実際についてお話を伺ってきました。

20141023132559
天窓内側から

20141023133547
天窓のサッシ断面

天窓の窓枠の断面です。
木製サッシなので、断面をご覧いただいても、木であることがおわかりになるかと思います。
外側はカバーされています。

きちんと部材、素材の探求をしております竹内です。



ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事をしました。

昨日に引き続きまして、ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事をしました。

昨日の記事をご覧いただければおわかりになりますが、前日までに下地の処理をしました。それで本日は生コン打ちをします。参考記事:ゲストハウスで写真撮影が。ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事。

20150218090054
生コン打ち

20150218090056
打って、ならしていきます

20150218092336
こんな感じでならします

その日に、別の工事としまして、ファイヤーワールド福岡様の砂利の下地を補強しました。重たい自動車が来ても、沈まないように補強しました。

20150218110304
下地の補強

20150218113628
こんな感じでコンクリートを打ちます

20150218113652
私もがんばりました

20150218145135
「四季の住まい鳥飼七丁目」新モデルハウスの土地

帰りに「四季の住まい鳥飼七丁目」新モデルハウスの土地を見てきました。早く着工したいです。仕事がパンパンの藤本をせっついて、仕事進めてもらってますが、なかなか遅いです。がんばります。



ゲストハウスで写真撮影が。ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事。

ブログをサボっているうちに、どんどん時間がすぎていってしまっている竹内正浩です。一回前の投稿がいつか確認しましたら、なんと4日前だったという驚愕の事実を目の当たりにして、日々が一瞬のように感じます。

さて、先週の週末は、でんホーム鳥飼ゲストハウスで写真撮影が行われました。私どもの建築を撮影いただくわけではございませんでして、ゲストハウスを写真撮影会場にしたケースです。大川の家具メーカーさんが自社商品である家具を写真撮影されました。

20150214115620
こんな感じで写真撮影されてました

20150214130214
ぼかし入ってます

人が入ると、印象がガラッと変わりますね。

20150214141613
食事が並ぶと、また印象が変わります。

無垢のきれいなテーブルに、食事が並びますと、やっぱりきれいですね。

20150214141619
アップ

私も、撮影に同席していたのですが、このお写真の食事もなかなかお高いものだそうですので、それは映えますよね。

ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事

去年に新築させていただきました「ファイヤーワールド福岡様」。
薪ストーブの専門店です。

倉庫の出入口ですが、やはり薪ストーブは重量が重たいため、砂利敷きだったものをコンクリートに変えたいということでお話いただき、工事してきました。とは言いましても、2日間の工事の初日なんですけれども。

20150217092905
元々・・・ではないんですが、、、

上記写真が元々・・・ではないんですが、ちょっと掘ったあとですね。
掘り始めて、写真を撮っておくのを忘れてしまっておりまして、これはいかん!ということで撮影いたしました。左半分くらい土色なのは堀ったあとです。基本はきれいな砂利敷きでした。

20150217104302
掘りました

まずは掘ります。
設計の深さまで掘ります。

ざっくり2枚の写真ですので、簡単便利でちゃらっと終わったように思えますけれども、今回は面積がさほど広いわけではないので人力です。人力というのは人間の力ですから、簡単にはいかず、1枚目と2枚目の写真の間は2時間ほどございまして、私、竹内正浩、汗だくで掘っては土を置いてという繰り返しで必死に仕事いたしました。お客様のため、がんばります!!

20150217104527
下地の転圧

設計の深さまで掘りまして、下地を転圧します。
転圧機を使ってきちんと転圧します。

20150217105134
転圧しました

20150217113723
砕石敷きの上、再度転圧

下地を転圧いたしまして、その後、砕石を敷きます。
砕石は一般的には上のほうにございますように、土色っぽい感じではございますが、現場にございました砂利を半分以上は利用しました。元々の砂利の撤去部分はコンクリートになりますので、砂利を取り除いたものの再利用ということですね。

その後、また転圧します。
しっかりと転圧します。深さやムラにならないように処理しております。

20150217115220
ほぼ完了の状態です

その後、ワイヤーメッシュという鉄筋を配置しまして、ほぼ完了です。

20150217120153
初日は完了

ほぼ、と申しますのは、外周部の枠や周囲の養生が終わっておりませんですし、また、重要な生コン打ちが終わっておりませんためですが、ほぼ終わりです。

ということで、明日は生コン打ちで、駐車場のコンクリート工事の2日目を行います。

こんな感じで工事しました。



コスパのいい家の建て方

先日、スターバックスに行きました。
そのとき、「カスタマーズヴォイス」というものに当選しました。
確率は1/50とも1/1500とも言われているそうです・・・。

それで、アンケートに答えるとどうなるかと申しますと、「トールサイズなら、なんでもタダ」になるみたいです。ヒャッホー!

20150209165907

というわけで、メニューのなかでも一番高そうなコーヒー&クリームフラペチーノにしました(470円)。

ゼロ円です。うれしい!

20150209165920

このようなテンションの高さからもおわかりかと思うのですけれども、私、竹内正浩はケチでございます。いや、単にケチなわけではないですので、わかりやすく表現すると、コストパフォーマンス(コスパ)をもとめるタイプ、、、というわけです。

コストパフォーマンスは「価格<価値」で判断して割安なものが好き、、、というわけです。

ですので、単純に価格が安いだけでは、コスパがいいかどうかわからないです。価値が高くて、それに比して、価格が安いとコスパが高くて、割安。すごいいいわけです。

ケチと申しましたが、コスパ重視派というわけですね。

そんな私、竹内正浩が総務をしておりますので、でんホームは大変コスパの高い家を提供しているものと考えています。
あくまで、でんホームの家の品質・内容をベースにコスパが高いわけです。

常々、私は機会あるごとにお話していることがあります。

それはコスパのいい家の建て方です。

コスパのいい家の建て方

住宅業界で最もコスパが高い家の建て方とは何でしょうか?

それは

「その住宅会社・工務店が最も得意とする家のテイスト・イメージ・仕様で建てる」

ということです!!

たとえば、無垢の木を多用したり、漆喰・珪藻土などの塗り壁を使ったり、木製サッシを多用している住宅会社(たとえば、でんホーム)なら、そのような家を建てるのが最もコスパが高いです。

また、たとえば、ローコストで値段がウリでビニールクロスでアルミサッシで、、、という工務店なら、そういう家を建てるのが最もコスパが高いです。

反対にコスパの悪い建て方は、こだわりの高品質住宅を建てている会社にローコスト住宅を依頼することだったり、ローコストがウリの工務店にこだわりの注文住宅を依頼することだったりします。要は、その住宅会社・工務店が得意とする家ではない家を建てるということが、最もコスパが悪い建て方です。

あと、付け加えておくと、その会社の施工事例を見たときにテイスト・イメージに一貫性がない会社はコスパが悪いです。

なぜでしょうか?

なぜ、その会社が得意とする家を建てるのが最もコスパが高いのでしょうか?

なぜ、その会社が得意とする家を建てるのが最もコスパが高いのでしょうか?

それは「その会社が一貫したテイストの家を建てているからこそ、そのテイストでコスト最適化するから」です。

たとえば、でんホームの家は安いかと言われれば、安くはないです。一般的な相場からすると、高いです。ただ、コスパの面から見てみますと、この部材、品質でこの価格は安い!という非常に高いコスパです。さすがに、ケチでコスパにうるさいコスパ重視派の私が総務をやっているだけありますと言えます。

具体的に申し上げますと、まず、超高級の木製サッシが標準仕様で、高気密高断熱住宅で、無垢フローリングが標準で、自由設計の注文住宅で、細かいところもきれいに美しい設計をしていますし、建具もすっきり造作で、、、と話せばキリがないんですが、非常に高品質の仕様をかなり割安に建てることができます。

それは、でんホームがこのテイストを一貫して建てると決めているからできることで、実際には、各業者さんやメーカーさんと交渉をして、標準的に使用するから安くしてもらっているということがあります。

実際に、私たちでんホームの使用している部材は特殊なものが多いので、たとえば、他社さんが「この木製サッシだけ使いたい」ということをメーカーに言っても、すっごい高い金額になりますから、コスパが悪いですね。結局は、その時だけの付き合いの人には「その時だけの人用」の金額になるからです。水面下でいろいろがんばっているのでございます。

ということがございますので、でんホームはこだわりの木の家に特化・最適化しておりますので、反対に「ローコスト住宅を建ててください」と言われましても、なかなか割高になってしまいます。

できないことはないですが、正直、金額の割安さで言いますと、ローコスト専門の方々のほうが安いです。なぜなら、ローコストの仕様や設計、使っている部材はほとんどが異なるからです。

絶対的な金額がロー(低い)なので、使っているものも金額の低いものを多用しているんですね。私どもがほとんど使わないような部材を使っていたりしますので、仕入れ値がどうしても割高になってしまうんです。現実としましては。

ですから、ローコスト専門の工務店ないし住宅会社が、私どもと同じような家を同じような金額で建てられるかと申しますと、それは難しいでしょうね。ローコスト専門店はローコストの仕様に特化しているから安いんであって、何でも安いわけではございません。あくまでローコストの部材を使用した場合にかぎるわけです

ローコスト専門店の方々は、自社がメインで標準仕様として使う部材や仕様に対して、業者さんやメーカーさんと交渉して安いのであって、通常使わない部材に対してはとりたてて安くないわけです。むしろ高い。

そのため、ローコスト専門店が私どもの仕様で同じような家が建てられるかと言いますと、かなり厳しいでしょうね。そもそものそもそもとして、同じような設計ができないでしょう。

家を建てるための設計図の難易度が劇的に高いので、外注することになりますから、設計コストが高いです。簡単に言いますが、設計コストって、とても高いです。

加えて、部材の仕入れですが、特殊部材が多いので、高いです。いつも使っているものではないので「初めて」ばかりで大変苦労します。それでいて、安くないです。私たちはいつも仕入れているものでも、単発の仕入れなので高いです。

ということで、ローコストだからといって、コスパのよい割安な家をいつも建てられるわけではありません。ローコスト専門店の方々は、ローコスト住宅を建てる上ではコスパがよい、割安な会社になりますでんホームはこだわりの木の家を建てる上で(あくまで私どもの標準仕様に則った住宅ですが)、コスパのよい、割安な会社と言えます

ちなみに、その会社の施工事例を見たときにテイスト・イメージに一貫性がない会社はコスパが悪いです。これまでの話でもおわかりかと思いますが、標準仕様として「いつも使うもの」という話で割安にできるのであって、「今回はこれ」「次回はこれ」という感じでコロコロと変えていくのであったら、安くする道理はありませんので、仕入れが安くならないんですね。テイストに一貫性がないということは、標準的に使うものが決まってないということで、安くならないんです。どの家でも安くはならないですね。

ですので、何でも安いわけではないです。
その会社の得意不得意があるわけです。

ご参考になれば。



ボーイング787に乗ってきました

やっぱりデスクトップPCに向かう時間がないと、メールやら、ちょっとした調べものやら、細かい仕事がたまってしまいますね。なかなか細かい仕事も積み重なると、大きな仕事になりますね。。。竹内正浩です。

すでにタイトルでネタバレしているのですけれども、ボーイング787ドリームライナーに乗ってきました。ボーイング787といいますのは、アメリカ合衆国のボーイング社が開発・製造した次世代中型ジェット旅客機のことです。航続距離や巡航速度が増して、燃費向上を実現させているみたいです。

20150204193802
機内

実際にB787に乗ってみて、感じたこととしましては、天井が高いですね。あと、ディテールがすっきり感あります。凸凹が少ない印象です。また、機内も静かな気がします。

20150204194543
天井を眺める

凸凹が少なく、余計な装飾がないのでスッキリした印象を受けますよね。

基本的に、別にボーイング787に乗ることが主眼だったわけではございませんでして、東京滞在することが目的でした。一応、無事目的は果たしております。

20150205212900
どこでしょうか??首相官邸です。

近況報告でした。

家づくりと子育ての共通点とは?