基礎工事!鉄筋検査をして、丈夫な基礎に!@四季の住まい鳥飼七丁目

あまりにブログを書く難易度が高くなっているので、「ポメラ」というメモ専用電子文具を買いました竹内正浩です。これからはブロガー街道まっしぐらになりたいです。

さて、完全独断専行型の新プロジェクトである新しいモデルハウス『四季の住まい-鳥飼7丁目』がようやくスタートいたしました。

■『四季の住まい-鳥飼7丁目』の記事一覧
0.鳥飼7丁目で新プロジェクトがはじまります!
1.お風呂はどれにする??
2.トイレはどれにする??
3.玄関ドアはどんなモノ??
4.土地はどんな場所??
5.木の窓(木製サッシ)はどんなモノ??
6.天窓を採用!明るく開放感ある家に!
7.ガルバリウム鋼板の屋根で、すっきり高耐久屋根に
8.キッチン、標準はコスパ高し。
9.外壁は「そとん壁」。美しく、質感のいい外観!
10.雨樋にもこだわり!ガルバ雨樋 半丸

工事のスタートはやはり基礎工事になります。

基礎工事

基礎工事とは、建物の下で建物を支える基礎部分の工事のことです。
コンクリートを打って、しっかりした基礎にします。

2015-05-22 18.10.55
コンクリートのなかには、こんな鉄筋が入っています

いつもは、お客様のお住まいを建築しておりますので、どうしてもプライバシー的なところが気になってしまい、なかなかブログにアップするのもちょっと考えてのアップになっているのですけれども、今回の『四季の住まい-鳥飼7丁目』工事は私どもが主導しておりますので、色々と細かい写真もアップしやすいので、より詳細な内容をお伝えできるのではないでしょうか!

11026160_10204767196035965_1036578464182934347_n
鉄筋もきちんと検査されます

11231268_10204767196235970_5211949397950472525_n
こんな感じで検査中

基礎はコンクリートを打ってしまうと、なかの鉄筋がわからなくなってしまいますから、きちんと検査されます。

2015-05-22 18.11.41
私も検査!!

では、一体何を検査しているのか??と申しますと、図面通りに鉄筋が組まれているか?十分なスペースがとられているか?何本も一緒くたにされていないか?きちんと結ばれているか?鉄筋の本数は大丈夫か?きちんとルールに沿っているか?などなど、、、、結構、細かいレベルまできちんと検査しています。

そういう検査を経て、基礎をつくりますから、しっかりとした丈夫な基礎ができあがるのだといえます。

2015-05-22 16.48.25
コンクリート打つ前でーす

2015-05-23 14.32.47
こんな感じでコンクリート打ちまーす

2015-05-23 18.44.47
ベースと呼ばれる底板部分をコンクリート打設しました

こんな感じで、多くの人が汗水たらして工事していきます。私も色々とお手伝いしているのですが、結構大変な重労働です。。。工事現場では、みなさん頑張ってらっしゃるので、ぜひ応援してあげてください。

なかにはコミュ障な職人さんもいらっしゃるので、冷たい対応されてもご容赦くださいませ・・・。いい人が多いんですが・・・。

こんな感じで泥臭い仕事です。
ありがとうございます。



「ガス vs IH 比較実験」を体感!西部ガスショールーム ヒナタ福岡に行ってきました

試食できるタイミングで、ここぞとばかりにおかわりしてきた竹内正浩です。
いきなりのネタバレからスタートですが、西部ガスショールーム ヒナタ福岡に行ってきました。

この西部ガスショールームは二度目?三度目?になるのでしょうか。
前回もお客様と同行して行ってきましたが、今回も別のお客様の同行で行って参りました。

西部ガスショールーム ヒナタ福岡」は博多駅にほど近い立地で、八仙閣のあるビルTERASOにあります。
正確には2棟あるので別棟ですが、八仙閣が西部ガス子会社になりますので、同じ敷地ですね。
住所:福岡市博多区博多駅東2-7-27 TERASO-II 2F-5F

今回のメインは「ガス vs IH 比較実験」です。

2015-05-09 15.06.14

「ガス vs IH 比較実験」

住宅の調理器具としては、2つの選択肢があります。
「ガスコンロ」と「IHクッキングヒーター」です。

私はほとんど料理しないので、どっち派ということはないのですけれども、客観的に色々と見ていると、ポリシーある方、どちらでもいいという方、まちまちですね。

「ガスコンロ」のメリット・デメリット

(メリット)
・どんな鍋でも使える
・火力が強い

(デメリット)
・掃除が大変
・炎があるので不安

「IHクッキングヒーター」のメリット・デメリット
(メリット)
・汚れてもサッと拭くだけ
・炎がないので安心
・ランニングコストが安い?

(デメリット)
・使える鍋が限られている
・火力がそこまで強くない

2015-05-09 15.22.50

ガスもIHも、どちらかが万能で最高!ということではなく、それぞれにメリット・デメリットがあるんですよね。
どちらかが最高だったら、そればかりになりますからね。

もちろん、ここは西部ガスのショールームですから、ガスのことが多く話されるわけですが、デメリットである「炎があるので不安」についてお話します。

たしかにガスは炎が出るので危なそうに見えますが、「Siセンサーコンロ」といって、温度を感知する機能があり、高温になった場合はストップするようになっているそうですので、安全性は高まっているみたいです。IHは炎はないですが、表面がものすごい高温になっていますから、火はないにせよ危ない、やけどリスクはありますね。

それで、実演です。

エビピラフを炒めるという感じです。
ガスは炎が出て、鍋全体を温めるので調理時間が短いです。
IHは底面のみ熱せられるので調理時間がちょっと長かったです。
温度ムラがIHのデメリットでしょうか。

2015-05-09 15.29.50

味については、正直、私は美食家ではございませんので、よくわかりませんでした。。。
こだわられている方はわかるのかもしれませんが、、、

2015-05-09 15.51.15
他にも試食コーナーがあったので、色々と食べてきました

あと、システムキッチンの変遷を見てきました。

1980年代のキッチンの展示です。

2015-05-09 16.04.12
1980年代のキッチン

2015-05-09 16.04.20
それが現代では色々な面で進化しています。
すごいですね。

ガス、IH、どちらもメリット・デメリットありますので、ご自身の好みの問題もありますでしょうから、そういうところを総合的に判断されて決められるとよろしいのではないでしょうか。



ガンタッカ(ミニタッカ)でビシバシ3000本くらい打って仕事してます

時間はあっという間にゴールデンウィークですね。
ゴールデンウィークになってようやく腰を落ち着けてブログを書いております竹内正浩です。

もちろんゴールデンウィークという存在は個人的には存在しておりません。

ここ数日間はまあまあ工事の仕事もしておりまして、日中はずっと現場仕事に汗を流しておりました。

汗を流していたというのは比喩ではなくて、尋常でないくらいの汗を流していたんですね。
それは、小屋裏をメインに仕事していたからです。小屋裏は住宅の一番高い部分にあるところなのですが、そういう高いところにあたたかい空気が集まりますので、純粋に暑いんですね。暑いところで肉体労働なので、汗だくなんですね。

20150428180907
ガンタッカ(ミニタッカ)

現場仕事と申しましても、下地材をひたすらタッカー止めしていく作業です。
タッカーはホッチキスみたいなもので、止めつけるものです。

これをなんと!3000本以上!打ちました。
3000回、握力計みたいな動作をするわけなので、ちょっと大変ですね。

まあ、大工さんたちのほうがずっと大変なお仕事をされていらっしゃるので、私のちょっとした仕事なんぞ、たいした話ではないんですけれども、数だけ見ると、結構すごいですよね。

3000回の根拠なんですけれども、写真にありますステープルというものがタッカの芯というか針なんですが、これが2000本という数字が書いてあるんですが、これを使い切りました。追加で2000本分買ってきて、1000本箱も使い切りました。それで残りの1箱もまあまあ使っているので、3500本+アルファくらいでしょうか。

地味に仕事してます。