姫路で同業の住宅会社を視察。その後、京都でお庭の視察。参考に。

こんにちは、髪が伸びてしまって、早く髪を切りたい竹内正浩です。なかなか今の長さまで伸ばしていることも少ないのですが、髪を切るタイミングを逃してしまって、現在に至ります。

さて、つい先日、姫路まで同業の住宅会社を視察させていただきました。

同業の住宅会社というと、エリア的に競合しないですので、拝見できる機会をいただけるのですが、先方も仕事をしていますから、おいそれとはなかなか視察させていただく機会はないのです。そのようななかで、東京の勉強会の企画で視察させていただけるという貴重な機会をいただけるのですから「これは!」ということで伺った次第です。

▼エヴァンゲリオン新幹線で移動しました

ということで、福岡-姫路間の移動となるのですが、実はなかなか高いんですね。福岡-大阪間と値段がほとんど変わらない・・・。そういうわけで、色々と模索しましたところ、「バリ得こだま」というパッケージ商品がありまして、新幹線「こだま」号になるので、移動時間が通常2時間程度のところが4時間程度になる代わりに安いという商品です。13,000円くらいの新幹線代がなんと7,100円で済むというなかなかお得なパッケージ商品で片道買いました。

「バリ得こだま」はデメリットが意外にありまして、予約した便を逃してしまうと、振替できません。なので、遅刻すると純粋に損失になってしまうのです。厳しい。なかなか使いどころが難しいパッケージ商品と言えるでしょう。

それで、上記写真のようにエヴァンゲリオン新幹線になりました。このエヴァンゲリオン新幹線はなかなか便がないのです。貴重ですよ。

僕の世代的にもエヴァンゲリオン世代ということもありますが、実は狙ってこのエヴァ新幹線に乗ったわけではございません。純粋に「この便しか間に合う便がなかった」という背景がございます。とはいうものの、エヴァ新幹線は貴重ですから、乗れる機会がありそうだということでうれしかったですね。

姫路の住宅会社を視察

そういうわけで、姫路に着きまして、会の参加者と合流しまして、視察しました。

▼こんなモデルハウスをお持ちです。

姫路エリアではなかなかの規模をお持ちの大きな会社さんで、複数のモデルハウスをお持ちだったので、それらを一通り拝見させていただきました。

モダンテイストの家もあれば、ヨーロッパ的な家もあり、また、和っぽい家もあるという感じで幅広いラインナップでお仕事されていらっしゃいます。お仕事の詳細や実情をお話伺いました。ありがとうございます。

姫路城から京都へ

その日は夜まで懇親会など、お話させていただきまして、色々と大変勉強になった一日でした。

翌日はフリー日という扱いにしまして、観光と視察をしました。
正直、姫路という地にはめったに来ませんので、せっかくの国宝・世界遺産である姫路城を人生で一度は観光しようということで朝一で見学に行きました。

▼姫路城

朝一、というと朝早いイメージですが、実は姫路城の開始時刻が9時なのです。というわけで朝一は9時です。前日は懇親会で午前様でしたので、9時でもなかなかでした。

▼姫路城を歩く

姫路城は大天守までの距離が結構長いですね。通常は2時間以上を見学時間の目安にしているということでしたが、今回は京都に行こうということで、1時間の予定だったのですごい駆け足でした。

大天守までの階段がとっても急で大変でした。高齢者の方はどうするんだろうという急な階段で、すごかったです。

京都で視察

姫路城を見学しまして、ささっと済ませましたから、大体10時すぎになりました。
タクシーだとお金がもったいないので、徒歩で姫路駅まで行きました。
大体15分くらいでしょうか。駅が見えてはいますが、なかなか遠いです。

それで、姫路から京都まで移動しました。
意外だったんですが、関西エリアは結構距離的に近いんですね。
姫路-神戸で1時間弱、姫路-大阪も1時間くらい。近い。
姫路-京都で1時間40分くらい。
お金を使って新幹線だと40分くらいみたいです。

僕は節約マインドで姫路-京都は新快速という普通電車でしたが。
チケットショップで買いまして、1,610円でした。
福岡に住んでいますと、姫路も遠いですし、京都も遠いですが、姫路から京都は意外に近く、1,610円と2時間くらいで行けちゃう距離なんですね。結構、近いなという感覚を持ちました。

それで京都に着いたのが昼過ぎになります。
そこから目的地までが意外に遠いです。

目的地はどこになるのかと申しますと「白沙村荘」という場所です。

地理的には銀閣寺のすぐそばになります。アクセスの方法も、市営バスの銀閣寺道のバス停を下りてすぐということで、京都のバスは混んでますね。結構、大変でした。距離も結構、遠いですね。

白沙村荘」は日本画家である橋本関雪が約10,000平方メートルにおよぶ庭園を半生をかけてつくりあげ、邸宅を記念館として公開した建物になります。

まず、銀閣寺の近くということで、周囲は人がすごい多いわけです。銀閣寺へ続く道や哲学の道はすごく人が多いわけです。それで、銀閣寺に向かうと思いきや、寄ることもなく、この白沙村荘に入ります。

白沙村荘はあまり広く知られていないので、ガラガラでした。

この白沙村荘の何がすごいかというと、個人の邸宅だったということがすごいです。日本画家橋本関雪がこの周囲が田んぼばかりだった大正時代に土地を買って、半生かけて作り上げていったわけですから、すごいいいわけです。

これまで、京都に行ったことはもちろん何度もありまして、桂離宮や修学院離宮、銀閣寺などのメジャーどころは拝見しましたが、まあ、これらは寺社仏閣であって、個人宅ではないわけです。僕たちが手掛けているのは個人宅で、一戸建て住宅なわけですから、内容的にやはり飛躍があります。ただ、規模はすごい大きいわけですが、個人宅ということで、学ぶことがビシバシあるわけです。そういうわけで、京都の滞在時間もあまりありませんでしたけれども、この白沙村荘をじっくり見ました。

▼いい緑です・・・

それで、実際に見てみて評価はどうか?と聞かれますと、「すっごいよかった」と言いたいと思います。

個人の邸宅でこのクラスの庭園はやはりすごい。見習いたい。今、手掛けている「でんさんち」でも、同じようにつくっていきたい。もちろん、面積はまったくもって違いますけれども、同じような気概、志でやっていきたいですね。

▼こんな感じです・・・

苔や緑の具合、木の生えかた、石、アプローチ。さすが日本画家で有名な方が自分の半生をかけて作り上げた庭園だけはあるな、とひしひしと感じます。

▼池もあって、お金かかってます・・・

さすがに池というようなお金のかかる仕様にはできませんけれども、このような庭園のエッセンスを学びまして、自分たちの仕事に活かしていきたいと考えています。

あとの時間は京都をちょいちょいと巡りまして、タイムアップとなりました。そもそも、そんなに時間があるわけではなかったので、じっくり拝見できたのは白沙村荘だけでしたね。

京都駅からは新幹線で博多駅まで、のぞみで帰りました。
2時間半くらいですね。
金曜だったからか、人がすごい多かったです。

そんな視察旅行でした。



基礎配筋工事とその検査をしました [でんホーム新モデルハウス記 4]

基礎配筋工事は住宅(建物)の下の基礎部分をつくる骨組みで、基礎コンクリートのなかにある鉄筋を配置する工事のことです。

▼基礎配筋工事が終わったところ

これをきちんと施工して検査したあとにコンクリートを打設して基礎をつくります。
基礎の配筋はコンクリートを打ってしまうと隠れてしまうので、きちんと検査されます。
第三者機関の検査も加わります。

配筋は図面に従って施工されます。
その図面通りの位置、間隔、鉄筋の太さが正しいかどうか、また、長さや、かぶり厚(鉄筋からコンクリート表面までの距離)など確認・検査します。

でんホームの基礎は一般的に建てられている住宅と比べて、かなり頑丈に作られています。

たとえば、基礎の立ち上がりの部分の幅を、基準の120mmを上回る150mmに設定しています。
コンクリートの量も増え、より丈夫な基礎になります。
また、基礎に通気口の穴をあけることをせず、基礎と土台の間で換気をとるようにしています。
基礎を傷つけないためです。

加えて、基礎の配筋ピッチは200mmと短く、密に鉄筋を組むのでその分、丈夫に作られます。

▼きちんとそろった配筋

なかなかしっかりした基礎ではないかと思います。

やはり日本は地震大国ですから、地震に負けないように丈夫な基礎をつくっておかなければなりません。

前回も申し上げた通り、基礎の下の地盤についても保証があります。

「全棟10年間地盤保証」
でんホームでは、全棟きちんと地盤調査して、地盤改良の有無を確認します。
必要であれば、鋼管杭や柱状改良、表層改良といった地盤改良工事をします。
問題なければ、そのままで大丈夫です。
もちろん、全棟で10年間地盤保証されます。安心してお家を建築できます。

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました


地盤改良・鋼管杭をしました [でんホーム新モデルハウス記 3]

変に力を入れてしまって、左肩の筋肉が痛くなってしまって首がまわらない竹内正浩です。首そのものではなくて、肩の筋肉が痛い(押すと痛い)のですが、首を動かすのに筋肉使うんでしょうね、痛いです。

さて、今回は地盤改良の鋼管杭についてお話できればと思います。

地盤改良が必要な土地

でんさんち(鳥飼モデルハウスプロジェクト)では、敷地の地盤が弱く、地盤改良が必要ということになりました。

これはどういうことかと申しますと、建物を建てる予定の土地の下に、地盤があるのですが、その地盤が強くない(軟弱)な地盤であることで、建物の荷重に耐えられない(安定しない)と予想されたということになります。そこで、その地盤を補強(改良)することで、建物を建てるにふさわしい地盤にするというわけです。

今回は地盤改良の方法のなかで、結構強めな工法である「鋼管杭」による地盤改良をしました

▼鋼管杭工事。打ち込みます

一般的な戸建住宅では、大体3つの地盤改良の工法があります。

1.表層改良
2.柱状改良
3.鋼管杭

ここではざっくりとご説明することにしますが、後になるほど強く、お金もかかる流れになります。

1.表層改良とは、地盤の表層(上のほう)が弱いということで、その層に固化材を混ぜて地盤を強固にする方法です。

2.柱状改良とは、セメントミルクをその土地に混ぜながら、コンクリートの柱を地中に作っていく方法です。

3.鋼管杭とは、地中に鋼製の杭を回転圧入して、強固な地盤である支持層まで到達させて安定を図る方法です。

マシンに杭を取り付けて、回転させながら圧入していきます。

継手は溶接してつなげます。

鋼管杭が支持層に到達したら、所定の高さで切断します。
回転のトルクで確認していきます。

基本的に、施工はすべて地盤改良の設計図に沿って施工されていくことになります。
設計図に指示が書かれてあって、それに沿って動くわけです。
打つ鋼管杭もJIS規格に沿って作られていまして、厳しいルールがあります。
施工もルールに沿ってされるわけですから、ルールルールに従った流れになります。
真面目です。

▼打つ鋼管杭。JIS規格に沿ってます。

現場の方々に話を聞くと、最近の耐震偽装の問題があったことで、やはり建主様たちから不安の声をもれきくこともあるそうです。

完璧にしたとしても、現実には何かの不確定要素で、地盤改良したにもかかわらず、傾いたりする可能性もないわけではありません。そのために地盤保証があるわけで、ある種の保険ですが、万一に備えつつ、基本は地盤改良で問題ない地盤づくりをするというのが実際です。不確定要素がありますから、建築に完璧なものはないですね。どこの誰がつくったとしても。

▼上から見てみました

ただ、ルールに沿って真面目に地道に仕事していくだけです。

▼鋼管杭の杭頭です。

余談ですが、ちょっと前までは地盤改良なんて工事もなく、特に何もせずに、かつ、今の基準ではありえないくらいの弱い基礎で住宅を建てていたわけですから、現在の住宅建築に要求される基準は相当に高いものがあるな、と実感します。

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き


建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き [でんホーム新モデルハウス記 2]

でんホーム鳥飼ゲストハウスの前庭

スターバックスでコーヒーを買うと、当日2杯目は108円で買えるのですけれども、2杯目を飲まなくてもいい感じなのに、ついつい2杯目を頼まないともったいないと思ってしまう、もったいない系の竹内正浩です。

さて、でんホームの新しいモデルハウス、その名を「でんさんち」と呼びます。
まあ、名前の通り、でんさんの家になるのではないかということがおわかりになるかと思います。

現在、着工開始しているのですけれども、着工ということは工事に着手したということです。
「家を建てよう」と思って、すぐに工事がスタートするかと申しますと、そうはなりません。

家の工事はすぐにスタートしない・・・

まず、打ち合わせして、プランニングして、設計図を書かないといけません。

その後、確認申請という法的な手続きを取りまして、ようやく工事をスタートしていいという許可を得ます。

確認申請とは建築確認申請のことで、役所・第三者機関に建てる家の図面(設計図)を提出して、この土地にこういう図面の家を建てます、という申請です。

この申請をして、許可をとっていないと、住宅を建築することはできません。

福岡の工務店の花

時間がかかる・・・裏方業務

この建築確認申請にも、それなりに時間がかかります。
イレギュラーなことや、建築主による変更などが多ければ多いほど時間がかかります。
でんホーム新モデルハウスも、なんだかんだありまして、2か月以上はかかっています。
色々入れると、もっと時間がかかっています。イレギュラーなことも多いですし・・・(苦)

建築確認申請が受理されると、確認済証(かくにんずみしょう)が交付されまして、ようやく建築工事に着手できます。

工事がスタートできると申しましても、工事する業者の都合・スケジュールもありますから、迅速に、とはいきませんのでご了承くださいませ。

そうして、工事がスタートしたあと、建築確認中間検査、完了検査を経て、検査済証が交付されると、竣工(しゅんこう)、完成となります。

表立って見えないところで、建築工事に関する準備が必要だったり、時間がかかったりするのが家づくりです。

時間には余裕をもって進めていきたいものですね。

スピーディに決断、がんばっていったとしても、なかなかスムーズにはいきませんから、時間はかかるものです。

時間はかかりますが、よいものができあがると思っております。

進捗に関しましては、本ブログで密に、お役立ち情報つきでご報告していく所存です。

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!


でんホーム新モデルハウスを建てます! [でんホーム新モデルハウス記 1]

でんホームのモデルハウスである「でんホーム鳥飼ゲストハウス」ですが、
これまで3年近くモデルハウスとして活躍してきました。

先日、ファイナルオープンということで、
さようならオープンをしました。

そして、いよいよお引渡しに向けて、
各種撤去作業、リフォーム作業が進められることになります。

さて、そういうわけで、でんホームとしましては、
隣にあった、これまで駐車場にしていたスペースに
新しいモデルハウスを建築することとなりました。

今回のモデルハウスのテーマは『シンプルで上質なもの』です。

「シンプルで上質なもの」というテーマ

「シンプルで上質なもの」というテーマで家づくりしました。

▼外観イメージ
den-out

家族みんなが仲良く、安全に安心して暮らすことのできる家。
すべてこの考えをベースに家づくりを考えます。

ただ、最近感じることは「モノが多すぎる」のではないか、ということです。

実生活を振り返ってみても、モノが多すぎて弊害があるような気がしてなりません。

たとえば、モノが多いと、散らかっていて、心穏やかなようでも、
実際には心がかき乱されていて、ストレスを感じています。

また、モノが多いと、邪魔になってきちんと掃除できません。
ホコリも溜まりやすいですし、時間もかかります。体にも悪いです。

モノが多いと、探しモノで時間がとられます。
意外に多くの時間をモノを探すだけに費やしています。
さらには部屋が狭くなり、息苦しくなります。

さらに言えば、モノが多いと、ひとつひとつのモノを軽く扱うようになるんです。
子どもにはひとつひとつのモノを大切に扱ってほしい。

そういう思いもあって、でんホームの新モデルハウスでは
「シンプルで上質なもの」をテーマに家づくりしようと思いました。

▼内観イメージ
den-in2

本当に必要なものは数少ない。
それをすべて素敵なモノだけにして、素敵なモノだけに囲まれて、
シンプルに暮らしたほうが、スッキリ、リラックスして生きられると思うんです。

過度な装飾で、デザインデザインした家ではなく、
歳月を重ねるごとに愛着が増し、味わい深くなる素材を使い、
四季が感じられる豊かな木々に囲まれ、日本の文化を受け継いだデザイン。

コンパクトな家なのに、広く感じられる空間。
環境と調和した街並みを美しく、穏やかに暮らすことのできる、
そんな木の家を目指しました。

今後、本ブログでは、モデルハウスの建築について、
細かくお伝えしていくと同時に、ご覧いただいている方にとって、
お役立ちできるような情報をたくさん盛り込んでいきたいと考えております。