新モデルハウス「でんさんち」ようやく完成間近です[でんホーム新モデルハウス記 17]

長らく熱のこもった外構作業をしておりましたが、ようやく完成間近となった、でんホームの新モデルハウス「でんさんち」。

お庭も出来上がって、家という感じになりました。
家具もおおむね搬入されました。

まだ細かい備品やインテリアなどがありますから、最終ではないですね。

基本的にはざっくりと完成という段階ですが、細かい調整やいろいろと小物やら、備品やらを置いて、きちんとしないとです。

お客様のお宅で言いますと、引っ越しと引っ越し後みたいな感覚でしょうか。

今回は引越業者に依頼することはなかったのですが、家財道具を新しい家に持ってきて、使えるように設置する。

新しい住まいに合わせて小物の配置やインテリアをコーディネートする。

意外に時間かかります。

ただ、バタバタと急ぐよりも、多少は時間をかけたほうがいい仕上がりになると思います。

一度、配置を決めてしまうと、なかなか変えるのは手間がかかりますから・・・

意外に完全に終わるのは先が長いのではあります・・・

さな部長の完成検査です。

「庭もよいね」と申しておりました。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます
  9. ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。
  10. そとん壁の下塗り-自然素材の外壁をつくってます
  11. 珪藻土(けいそうど)の塗り壁を一部、自分で塗ってます
  12. 土間コンクリートのハツリ作業しました
  13. 外構作業を地道にしてます。長い道のりです
  14. 御影石の石畳をコツコツつくっています
  15. 屋外給排水工事って何?
  16. 外構作業が終盤です。


TOTOショールームに行ったら、同じ仕様で性能がアップしてました

太っているので、甘いモノを控えようと思っているのに、高速道路のサービスエリアでパン買ったときに、あんドーナツも買ってしまった竹内正浩です。

少食がいいらしいのですけれども、それに慣れるまでが大変ですよね。

TOTOショールーム福岡に行ってきました

さて、先日、お客様との設備機器の打ち合わせでTOTOショールームに行ってきました。

TOTOショールーム福岡はキャナルシティにあります。

藤本もブログ記事にしております。
設備機器の打ち合わせで キャナルシティにある、TOTOさんのショールームへ。 | でん(藤本香織)ブログ

週末ということで、ショールームはお客様でいっぱいでした。
すごいです。

実際に予約しようと思っても、週末・休日は2週間先まで予約がいっぱいだそうです。

それで今回、驚いたのが同じ仕様で性能・機能がアップしているということです。

TOTOショールームに行ったら、同じ仕様で性能がアップしてました

同じ仕様で性能・機能がアップということは、同じグレードですから、定価アップしていなければ、ほぼ同じ価格で純粋に性能・機能がアップしたものが手に入るという意味でして、すごいいいことですね。

それでTOTOというと、水回りの設備機器です。

でんホームではトイレ、ユニットバス、洗面台がメインです。

驚いたと申しましたが、ほとんどのところで基本的にはあまり変更はないので、ちょっとした変更くらいで「ふぅーん」という感じでございます。

それで、今回のヒットはユニットバスです。

まず、「ほっカラリ床」というユニットバスの床は以前からありました。
下に断熱材があって、あったかい(ほっと)。
プラス、形状が水切れいいようにつくられている(カラリ)。

それに加えて、汚れ落ちがいいように改良されてました。

床の表面に親水特殊処理していて、汚れがついても、水を使って軽くこすれば汚れがスッキリ、という汚れ対策がなされているのです。

これはなかなかよいですね。

さらにカウンターが変わっていました。

これまでカウンターといえば、壁とくっついていました。
まあ、当然な気がします。

それがカウンターが壁と離れたのです。

「お掃除ラクラク カウンター」

壁とカウンターの取り合いのところがどうしても汚れがちです。

それが壁と離れていることで、カウンター奥もサイドも洗い残しなし。

お手入れがカンタンに。

このようなかたちで、どんどん改良、進歩していっています。

私たちも同じように改良、進歩していかなければなりませんね。



解体打ち合わせをしました

最近はよく蚊に刺されるので、液体ムヒが欠かせない竹内正浩です。
別にウナコーワクールとかでもいいのですけれども、液体ムヒが多いですね。
刺されたところに塗っておけば、かゆみもおさまります。
すごい効き目なので感心します。

さて、今日は住宅建築させていただく予定の土地での
解体打ち合わせをしてきました。

土地にある古家を解体して、更地にした上で、
新しく住宅を建てるという流れになります。

▼取り壊しさせていただきます。

解体打ち合わせ、ということで、
「解体?建物を壊すだけでしょ??」

とお思いになられるかもしれません。

たしかに中心は建物を取り壊すという単純な内容です。

ただ、実はそれ以外の細かいところを打ち合わせして、
取り決めていないと、あとあと大変になってくるのです。

どのようなことを打ち合わせするのかと申しますと、
たとえば、最終の仕上がり高さから逆算して、土地の高さを決めることや、
ここを掘るのか、掘らないのか、
ブロックは解体するのか、しないのか、
解体するとしたら、どこまで、どの高さまでなのか、
残土(要らない土)をどうするか、
どこまで、どの高さまで掘るのか、そのままなのか。

そういうことをたくさん打ち合わせしておきます。

お客様にとっては直接関係のない話かと思います。

ただ、実際の現場ではこのような仕事をたくさんして、
目に見えないのだけれども、いくつもの複雑な段取りを
していっているので、家が建つということになります。

その分のお代として、お金をいただいております。

基本的には、先の工程を見据えて、逆算して、
必要なところをきちんと段取りしていきます。

がんばっております。



外構作業が終盤です。[でんホーム新モデルハウス記 16]

気づけばブログの更新が10日くらい怠っていたことに気づきました。
習慣化まではほど遠い道のりです。
竹内です。

なかなかブログが書けなかった理由は単純です。
ずっと外構作業してたからです。

こんな感じです。

外構作業は肉体労働なので、いい汗かきます。
寝ないときついです。

ついつい寝ちゃいます(笑)。

その反面、生活リズムと健康にはプラスですね。
体を動かして、健康へと近づきます。

PCに向かう時間は間違いなく減りますね。
体力の問題が大きいです。

20代ではないので・・・

努力の甲斐あって、なんとか外構工事も終盤になりました。

熱のこもった外構、庭になっています。

室内も完成間近で時間がかかっていますが、出来上がりつつあります。

早く完成させたいものです。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます
  9. ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。
  10. そとん壁の下塗り-自然素材の外壁をつくってます
  11. 珪藻土(けいそうど)の塗り壁を一部、自分で塗ってます
  12. 土間コンクリートのハツリ作業しました
  13. 外構作業を地道にしてます。長い道のりです
  14. 御影石の石畳をコツコツつくっています
  15. 屋外給排水工事って何?