オーダーキッチンの選び方:ショールーム巡り(TOTO、クチーナ、リブレ、キッチンハウス)で、オーダーキッチンの感覚をつかむ

キッチンを使わないのにキッチンにやたらと詳しい竹内正浩です。
とりわけ高級なキッチンに詳しいです。
基本的に高いモノが好きです。

さて、今回はお打ち合わせ中のお客様に同行しまして、午後だけで4つのショールームを巡りました。

バタバタでお疲れ様でした。
立ちっぱなしで、接客を受け続けるので、なかなかにハードなのです。

今回はじっくり何かを決める、ということではなく、一通りショールームを見て「オーダーキッチンはどのようなものか」という感覚を掴んでいただく意味合いもございましたので、バタバタと見ていきました。


TOTOショールームです。

ここでは、トイレ、ユニットバス、洗面化粧台、キッチンを見ていただきました。

続きになっているYKK APのショールームでサッシや玄関ドアもご覧頂きまして、一般的なサッシやドアはどのようなものかをご覧頂きました。

なぜ、いくつものキッチンショールームをご覧頂くのかといいますと、大切な理由があるのです。

連続してオーダーキッチンショールームを巡る訳

一気にオーダーキッチンショールームを巡る訳は「お客様の趣味・嗜好・感性によって、最適なオーダーキッチンメーカーは変わるから」です。


クチーナショールームにて

そもそもオーダーキッチンとは、自由にキッチンのサイズや高さ、表面材や天板、水栓などが選べるキッチンのことです。

お値段は張りますが、自由度が高く、こだわりキッチンを作るには適しています。

また、僕の好きな海外製食洗機「ガゲナウ」や「ミーレ」「AEG」といったブランドの海外製食洗機をキッチンに入れたい場合はどうしても、オーダーキッチンメーカーに依頼するという流れになります。

パナソニックやリクシルといった汎用キッチンメーカーでも海外製食洗機ができるという話も聞くのですけれども、僕が聞き込みした限りではメーカー側の知識がなく、経験がないので、トラブルの元になりかねないと感じます。やったことないメーカーではあまりされないことをオススメしますね。


クチーナショールーム

それで、オーダーキッチンということなのですけれども、メーカーはいくつかございます。

今回、伺いましたクチーナ、リブレ、キッチンハウス、アムスタイルが福岡市にショールームを持つメジャーなオーダーキッチンメーカーです。


リブレショールーム

オーダーキッチン選びで大事なこと

それで重要なことは「それぞれのメーカーの得意分野というものがあって、そこにフィットしたメーカーを選ぶべき」という考えが僕の主張です。

各メーカーの得意ワザを一通り見て、どこが自分に合っているか?
趣味・嗜好・感性。
それが大事なんです!

得意ワザ以外は、オーダーキッチンメーカーといえど、なかなか似たようなものなんですね。

なぜかと申しますとキッチンだからです。

シンクがあって、加熱機器があって、水栓があって、食洗機があって、引き出しがある。
同じなんです。
本質的には。

各パーツのメーカーも似てしまうんです。

レンジフードはアリアフィーナ。
加熱機器は日立、ハーマンとか。
水栓はグローエかハンスグローエとか。
食洗機はリンナイ、パナソニック、海外製。
メーカーは限られています。

なので、得意ワザが重要なんです。

軽くまとめますと、

・本物の木の風合いがよければ、クチーナ、リブレ。

・メラミン(樹脂プリント)での機能性をとるならキッチンハウス

・天板も同じ面材で統一するならキッチンハウス

・ステンレス天板にピアノ鏡面塗装ならアムスタイル

そんな感じです。

海外製食洗機入れたいなら、どこかのオーダーキッチンメーカー、ないしはオリジナル造作(でんホームではアーキテクトプラスカテゴリだけ対応しています)。

コストパフォーマンス、機能性だけならば、一般的なキッチン。

そういう選び方ですね。


キッチンハウスショールーム

同じ木の表面材を使っていても、細かいデザインが違うんですね。

あるメーカーはちょっと野暮ったいデザイン。
あるメーカーはきれいにまとめられたデザイン。
あるメーカーは洗練されたデザイン。

なので、感性やセンスもフィットするかどうかがあるんですね。

大事なのは一通りショールーム巡りしてみて、ご自分の感性に響くものを見つけることです。



国連ハビタット福岡本部設立20周年記念シンポジウムに代表 藤本香織がパネリストとして登壇しました。

国連ハビタット福岡本部設立20周年記念シンポジウムに代表 藤本香織がパネリストとして登壇しました。

シンポジウム自体は格式高く、ご来賓の方々も福岡県知事、元福岡県知事や福岡副市長といった方々。

国連ハビタット事務局長のジョアン・クロス氏と語る「住み続けられるまちづくり」をテーマに、
基調講演とパネルディスカッションが行われました。


開会挨拶は福岡県知事の小川洋氏。


僕の席自体は一番うしろだったので、ズームで画質が悪いです(失礼)。


パネルディスカッションのメンバー


でんホーム株式会社 代表取締役 藤本香織のご紹介が・・・


九州経済連合会の会長で、株式会社麻生代表取締役会長の麻生泰氏による挨拶。


パネルディスカッション


国連ハビタット事務局長 ジョアン・クロス氏とでんホーム代表 藤本香織。


でんホーム代表 藤本によるパネリストスピーチ


笑顔で語っています。


国連ハビタット事務局長 ジョアン・クロス氏による総括。



「小郡 階段のある平屋」上棟しました!

福岡県小郡市にて着工しておりました「小郡 階段のある平屋」。

すでに基礎工事を完了しておりましたが、
ついに7月18日に上棟しました。

上棟とは細かい話をしますと、一番高いところにある木が棟木(むなぎ)と申しまして、
それが上がることを棟上げと言いまして、上棟ということになります。

木造住宅の構造体を組み上げる工程のことを指します。

「小郡 階段のある平屋」という名称からも明らかなように、
平屋+ロフトの空間構成になります。

高さは低く、どっしりと落ち着いた雰囲気になります。

大工さん、職人さん、クレーン屋さん、
応援に来てくれた建材屋さん、メーカーさん、
スタッフの皆さん、
差し入れをしてくださった建築主さん、
皆さん、ありがとうございます!

全員が入り乱れて、ものすごいバタバタ感です。

相変わらず。

ボーっと眺めて仕事が終わればいいんですけれども、
実際にはなかに入って仕事してます。手伝ってます。

汗まみれです。

今週の土曜日に餅まきもあるそうですので、ご興味おありな方はお問合せフォームより、
詳細情報をお問合せくださいましたら、幸いです。



国連ハビタット福岡本部主催『女性が住み続けたいまち、みんなが住み続けたいまち』イベントにて、代表 藤本香織が講演しました。

6/28に開催されました、国連ハビタット福岡本部・公益財団法人福岡県国際交流センター主催の『女性が住み続けたいまち、みんなが住み続けたいまち』イベントにて、代表 藤本香織が講演しました。

チラシURL:国連ハビタット福岡本部によるイベントチラシ

アヴァンティの村山由香里社長、国連ハビタット本部長補佐官の星野幸代さんとご一緒に登壇いたしました。

国連ハビタットの活動として「住み続けられるまちづくり」があるそうです。

世界においては「都市」というのが重要な意味を持っているといいます。

「都市」は陸地の2%にもかかわらず、

・エネルギーの60%を消費
・CO2総排出量の70%を排出
・廃棄物の70%を排出
・人口の54%(2015年)

という集中化された位置づけです。

世界的には都市で人口が増加。
主にはスラム、貧困エリアで増加しています。
それはまた、インフラ、居住性の低さを導く結果となります。

また、ネパール、ラオスといった発展途上国は、水をくみに行くだけで一日仕事となることも・・・
そうなると、子供は教育機会や職業機会を喪失します。

同じように、水が手には入ったとしても、安全ではない水を飲まざるをえないという国々も・・・
安全な水へのアクセスが大命題だそう。
3割くらい、21億人の問題とのことです。

このような「都市・まち」という視点で考えたときに、日本とは、福岡とは、「住み続けたいまち」とは、ということを考える機会になるイベントでした。



記念イベント開催します!6/25(日)でんホーム5周年記念感謝祭を開催!

光陰矢の如し、と言いますけれども、実際、時間というものは本当にあっという間に過ぎて行ってしまうものですね。

前回、ブログを書いてから、早くも10日程度が経っているのですが、その10日間はそれはそれで密に過ごしているわけでして、なかなかブログも書けず、あっという間というのが現実です。

そういうわけで、でんホーム自体も、もう5年が経ってしまいました。

せっかくの機会ということで、でんホーム5周年記念感謝祭を開催しようと考えています。

6/25(日)に西部ガスショールーム ヒナタ福岡にて。

イベント自体は、働く女性のためのフリーペーパー「アヴァンティ」さん主催で「働くママ・パパ応援フェスタ」という大枠の大きなイベントがございまして、そのなかで、でんホームがブース出展しますので、そこで色々と企画を考えています。

■でんホーム5周年記念感謝祭 概要

開催日時:2017年6月25日 (日) 10:00-16:00
開催場所:西部ガスショールーム ヒナタ福岡
福岡市博多区博多駅東2-7-27 TERASO-II 2F-5F
参加費:無料
※特典はすべて先着150組まで

でんホーム感謝祭では、お子様が楽しめるゲームや豪華商品の当たる抽選会、
当日出展される如水庵の太鼓焼きの引換券を用意しています。

内容については下記です。

1. 人気パン屋さんのパンをプレゼント
2. 駐車場1時間無料券
3. スーパーボールすくい1回無料券(お子様人数分)
4. 輪投げ1回無料券(お子様人数分)
5. 駄菓子プレゼント
6. 如水庵 黒田藩太鼓焼 引換券(当日出店で、できたてです)
7. でんホーム大抽選会に参加

もちろん初めてのお客様も歓迎です。
ぜひご家族、お友達をお誘いの上、お気軽にお越しくださいませ。
お待ちしております。

尚、抽選会や引換券等は数に限りがありまして、予約の方のみとなります。
先着150組様、残り100組ほどになっておりますので、お早めのご予約をお願いいたします。

予約は
でんホームHPお問い合わせフォーム
・092-862-0010 
・藤本もしくは竹内にメッセージ
いずれかの方法で
・お名前・連絡先・参加人数(お子様年齢も含め)
をご連絡ください。

[注意]ご招待特典は数に限りがございますので、
必ず事前予約を頂けますよう、お願いいたします。

ご参加をされる意思がございましたら、ぜひ、大枠のイベント「アヴァンティ」さん主催「働くママ・パパ応援フェスタ」にもお申し込みされることをオススメします。

事前申し込みなくても、会場自体には入ることができますが、来場特典などがもらえないと思います。
せっかくなので、お手数ですが、ぜひー。