ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事をしました。

昨日に引き続きまして、ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事をしました。

昨日の記事をご覧いただければおわかりになりますが、前日までに下地の処理をしました。それで本日は生コン打ちをします。参考記事:ゲストハウスで写真撮影が。ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事。

20150218090054
生コン打ち

20150218090056
打って、ならしていきます

20150218092336
こんな感じでならします

その日に、別の工事としまして、ファイヤーワールド福岡様の砂利の下地を補強しました。重たい自動車が来ても、沈まないように補強しました。

20150218110304
下地の補強

20150218113628
こんな感じでコンクリートを打ちます

20150218113652
私もがんばりました

20150218145135
「四季の住まい鳥飼七丁目」新モデルハウスの土地

帰りに「四季の住まい鳥飼七丁目」新モデルハウスの土地を見てきました。早く着工したいです。仕事がパンパンの藤本をせっついて、仕事進めてもらってますが、なかなか遅いです。がんばります。



ゲストハウスで写真撮影が。ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事。

ブログをサボっているうちに、どんどん時間がすぎていってしまっている竹内正浩です。一回前の投稿がいつか確認しましたら、なんと4日前だったという驚愕の事実を目の当たりにして、日々が一瞬のように感じます。

さて、先週の週末は、でんホーム鳥飼ゲストハウスで写真撮影が行われました。私どもの建築を撮影いただくわけではございませんでして、ゲストハウスを写真撮影会場にしたケースです。大川の家具メーカーさんが自社商品である家具を写真撮影されました。

20150214115620
こんな感じで写真撮影されてました

20150214130214
ぼかし入ってます

人が入ると、印象がガラッと変わりますね。

20150214141613
食事が並ぶと、また印象が変わります。

無垢のきれいなテーブルに、食事が並びますと、やっぱりきれいですね。

20150214141619
アップ

私も、撮影に同席していたのですが、このお写真の食事もなかなかお高いものだそうですので、それは映えますよね。

ファイヤーワールド福岡様の駐車場追加コンクリート工事

去年に新築させていただきました「ファイヤーワールド福岡様」。
薪ストーブの専門店です。

倉庫の出入口ですが、やはり薪ストーブは重量が重たいため、砂利敷きだったものをコンクリートに変えたいということでお話いただき、工事してきました。とは言いましても、2日間の工事の初日なんですけれども。

20150217092905
元々・・・ではないんですが、、、

上記写真が元々・・・ではないんですが、ちょっと掘ったあとですね。
掘り始めて、写真を撮っておくのを忘れてしまっておりまして、これはいかん!ということで撮影いたしました。左半分くらい土色なのは堀ったあとです。基本はきれいな砂利敷きでした。

20150217104302
掘りました

まずは掘ります。
設計の深さまで掘ります。

ざっくり2枚の写真ですので、簡単便利でちゃらっと終わったように思えますけれども、今回は面積がさほど広いわけではないので人力です。人力というのは人間の力ですから、簡単にはいかず、1枚目と2枚目の写真の間は2時間ほどございまして、私、竹内正浩、汗だくで掘っては土を置いてという繰り返しで必死に仕事いたしました。お客様のため、がんばります!!

20150217104527
下地の転圧

設計の深さまで掘りまして、下地を転圧します。
転圧機を使ってきちんと転圧します。

20150217105134
転圧しました

20150217113723
砕石敷きの上、再度転圧

下地を転圧いたしまして、その後、砕石を敷きます。
砕石は一般的には上のほうにございますように、土色っぽい感じではございますが、現場にございました砂利を半分以上は利用しました。元々の砂利の撤去部分はコンクリートになりますので、砂利を取り除いたものの再利用ということですね。

その後、また転圧します。
しっかりと転圧します。深さやムラにならないように処理しております。

20150217115220
ほぼ完了の状態です

その後、ワイヤーメッシュという鉄筋を配置しまして、ほぼ完了です。

20150217120153
初日は完了

ほぼ、と申しますのは、外周部の枠や周囲の養生が終わっておりませんですし、また、重要な生コン打ちが終わっておりませんためですが、ほぼ終わりです。

ということで、明日は生コン打ちで、駐車場のコンクリート工事の2日目を行います。

こんな感じで工事しました。



【九州最大級】薪ストーブショールームに潜入!(ファイヤーワールド福岡様)

先日も記事にいたしましたが、薪ストーブのショールームが完成いたしました!ファイヤーワールド福岡様のショールームです。なんとその規模、九州最大級!!薪ストーブの台数がなんと約30台!!

参考リンク:九州最大級!薪ストーブショールーム完成です! | 竹内正浩の研究ノート

この薪ストーブのショールーム・倉庫は当社、でんホームが建築いたしました。何度も同じことを申しますけれども、でんホームが設計・施工と申しましても、オーナー様が元々、建設業界に関するお仕事をされていらっしゃいまして、大変建築知識の豊富な方ですので、基本プラン、仕様などご自身で決められております。ですので、オーナー様の考え、コンセプト、イメージを具現化した建築を手がけたというイメージです。

さて、今回は改めて動画を撮ってまいりました!

でんホームも鳥飼ゲストハウスにて、薪ストーブを使っております、薪ストーブユーザーなのです。とはいえ、ヘビーに使ってはおりませんので「なんちゃって」ユーザーなのですが、たびたび火を入れることがあります。季節も寒くなってきていますから、付けることもあるような気がします。

私どもの薪ストーブはモルソー(morso)社の「7140 CB」という機種です。炎がきれいに見えて、美しいです。

上の動画が鳥飼ゲストハウスで薪ストーブに火を入れた動画になります。

リアルな炎って、なんか癒されるというか、和みますよね。穏やかな気持ちになります。

薪ストーブにご興味を持たれた方はぜひ、一度お越しになられてみてはいかがでしょうか?

ファイヤーワールド福岡様のショールーム
〒816-0846 福岡県春日市下白水南6-33-2の先・つきあたりを左



九州最大級!薪ストーブショールーム完成です!

先般からもたびたび触れてきましたが、この度、でんホームが建築いたしました薪ストーブのショールーム・倉庫が完成いたしました!ありがとうございます!

DSC00214
ファイヤーワールド福岡様の新ショールーム

でんホームが設計・施工、、、と申しましても、オーナー様が大変建築知識の豊富な方ですので、基本的なプランや仕様はある程度はご自身で決められました。ですので、オーナー様の想い・コンセプト・イメージを具体化させて建築したという感じでしょうか。

ファイヤーワールド福岡様のブログにも建築の流れを記事にしていただいております。
ありがとうございます!

九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(引越編)
九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(外構編)
九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(煙突編)
九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(内装編)
九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(棟上編)
九州最大級!新ショールームが11月1日にオープンします!(基礎編)

DSC00229

店舗・倉庫ということで、普段、住宅を手掛けております、でんホームがいつも使っている部材・建材とはかなり異なっているところが多いですので、ある意味バリエーションがご覧いただける、「こんな感じもアリなんだ」「こういう材料があるんだ」「実際に使われるとこんな感じなんだ」ということがおわかりになることができるのではないでしょうか。

薪ストーブが約30台!!も展示されている規模は九州最大級とのこと。
薪ストーブにご興味を持たれた方はぜひ、お越しいただければと思います。

ファイヤーワールド福岡様のショールーム
〒816-0846 福岡県春日市下白水南6-33-2の先・つきあたりを左



芝生を枕木の間に敷きました。簡単に言いますが、1日がかりの仕事です・・・

毎日、色々とネタはあるのですけれども、バタバタしておりまして一向にブログに向かえておりませんでして、滞っております竹内正浩です。

最近、ちょっとバタついている原因のひとつは出張がいくつか重なっているということですね。東京出張と名古屋とか、、、出張と申しましても、でんホームは住宅会社ですから、地域密着です。じゃあ、なんで出張?ということですが、基本的には業界の勉強会に参加しているんですね。私どもの会社や仕事が今後、ますますよりよくなっていくための勉強をしております。

さて、そのようななかではございますが、以前からちょくちょくブログでも公開しておりましたが、薪ストーブを取り扱われていらっしゃいます「ファイヤーワールド福岡」様のショールーム・倉庫を建築させていただいております。参考リンク:ファイヤーワールド福岡様の棟上げでした。

もうすでに、建物としましてはほぼ完成といった具合なのですが、内装の一部や外構工事が残っております。そのなかで、外構工事の一部、枕木の間に芝生を敷く作業をしておりました。簡単に言いますけれども、1日がかりの仕事なのです・・・。実際の面積を基準にすれば、さほどの面積ではたしかにないのですけれども、細いので、芝生をカットしたり、下地を調整したりで、手間がかかってしまうのです。そのようなことをしておりました。動画にしましたので、ぜひ、ご覧くださいませ。