国家債務危機 ジャック・アタリ (著) #201

日本では過剰な債務が問題になっています。
加えて、財政赤字。年金問題。そして、消費税の増税。

これらの経済問題・政治問題はつまるところ、現在、日本国が破綻(倒産)するか、それとも持続し続けられるのか、というターニングポイントにあるということにつきます。

今回採り上げるのは、その国家破綻、国家債務危機について書かれた一冊。
ジャック・アタリ氏の「国家債務危機」です。

第一章から第四章までは国家債務、および国家破綻の歴史です。
そもそもの公的債務が誕生したとき。イギリス、イタリア、フランスについての話。
そして、国家破綻の歴史についてです。

内容については、本書をご覧いただきたいのですが、歴史的にみると、国家破綻は例外的な事象ではなく、それなりに何度も起きてきた事態であることがわかります。国家が債務を積み上げ、維持不可能になり、モラトリアム(債務返済の一時停止)、インフレ、デフォルト(債務支払停止)を引き起こしてきた歴史です。ちなみに、スペインは1500ー1900年の間に、合計13回もデフォルトに陥っており、主権債務の「デフォルト世界記録」を持っているそうです。

さて、私自身が興味深かったのは、やはり「第5章 債務危機の歴史から学ぶ12の教訓」の部分です。

1 公的債務とは、親が子供に、相続放棄できない借金を負わせることである
2 公的債務は、経済成長に役立つことも、鈍化させることもある
3 市場は、主権者が公的債務のために発展させた金融手段を用いて、主権者に襲いかかる
4 貯蓄投資バランスと財政収支・貿易サービス収支は、密接に結びついている
5 主権者が、税収の伸び率よりも支出を増加させる傾向を是正しないかぎり、主権債務の増加は不可避となる
6 国内貯蓄によってまかなわれている公的債務であれば、耐え得る
7 債権者が債務者を支援しないと、債務者は債権者を支援しない
8 公的債務危機が切迫すると、政府は救いがたい楽観主義者となり、切り抜けることは可能だと考える
9 主権債務危機が勃発するのは、杓子定規な債務比率を超えた時よりも、市場の信頼が失われる時である
10 主権債務の解消には八つもの戦略があるが、常に採用される戦略はインフレである
11 過剰債務に陥った国のほとんどは、最終的にデフォルトする
12 責任感ある主権者であれば、経常費を借入によってまかなってはならない。また投資は、自らの返済能力の範囲に制限しなければならない

細かい内容は本書をご覧いただくとして、いくつかピックアップしたいと思います。

個人的にピックアップしたいのは、公的予算の構造的赤字体質です。

公的予算の構造的赤字体質

民主主義の台頭により、教育、医療、年金といった公共サービスが提供されるようになり、これを公的支出でまかなうようになります。

加えて、公的支出は国家の生産性を保障するために必要な職務(軍人・医師・教師・警察官など)への給与に費やされます。

これらが公的支出の原点です。

さて、政府にとって、公的予算という面では、収入を増加させるよりも、支出を増加させることが容易であるという構造があります。

公的支出を新しく発生させること、増額することは極めて容易です。
また、減税や税金の廃止についても、反対する人はあまりいません。
ですから、実施は容易です。

反対に、公的支出の削減は困難です。
それは、既得権者を説得する必要があるからです。これは極めて困難な作業です。
新税の導入、増税など、政治的に極めて難しいです。

公的予算において、支出の増加が容易であるのに対して、収入の増加は極めて困難なのです。
つまり、公的予算は構造的に赤字になることが必然なのです。
公的予算のバランスを取るには増税によってしか実現できないわけです。

もちろん、増税は実現が難しいです。
社会的な反対が大きいからです。

そこで、公的給付を削減することも考えられますが、公共サービスの重要性などから難しいです。

つまり、構造的に問題がある前提で、いかに運営していくのか、というのが国家運営であるわけです。

主権債務の解消については、8つの戦略があるそうです。
増税、歳出削減、経済成長、低金利、インフレ、戦争、外資導入、デフォルトです。
これらの解決手段の中で、インフレが頻繁に利用されるそうです。

結局、公的債務が健全な債務のレベルを超える場合には、債務を削減するためにプライマリー・バランスを黒字化させなければならないわけです。

そのためには、公的支出の削減、あるいは増税が必要となるそうです。

国家の債務危機問題はもちろん、日本国にとっても喫緊の問題です。
ただ、実は日本だけではなく、アメリカ、イギリス、EU(ヨーロッパ)においても重大な問題なのです。

現在は経済が相互に密接に依存しあって存在しています。
さらにEU圏内でも、国家債務危機に瀕している国々がいくつもあるのです。

このような世界的な問題。
重大です。

今後も、知見を深めていきたいと思います。



「新賢明なる投資家 上下」 割安株の見つけ方とバリュー投資を成功させる方法 ベンジャミン・グレアム (著) #198

20120805190144

世界的に有名な投資家であるウォーレン・バフェット。
その彼の師匠という存在が、本書『賢明なる投資家』の著者、ベンジャミン・グレアムです。

ウォーレン・バフェットをして「株式投資の本では過去最高の傑作だ」と言わしめているみたいです。

ベンジャミン・グレアムのアプローチは今では大きく「バリュー投資」として知られています。

「バリュー投資」はその株式の価値を算定して、それよりも低い価格で買うアプローチです。
低い価格で買うことで、低リスクを実現できます。
また、価格が正常化するまでの期間、保有することになりますので、長期投資の戦略であります。

ベンジャミン・グレアムの教えは大きく3つのポイントがあります。

1.株式は企業の一部
2.市場の変動に乗るのではない
3.「安全域」を考慮すること

1.株式は企業の一部

株式投資、というと財テクやバクチのように感じられる方もいらっしゃるかと思います。
ただ、株式投資というものは、本質的には、とある企業への投資と同義なのです。

それは、株式とは単なる紙切れではなく、その企業の所有権の一部を意味しているからです。

たとえば、コカ・コーラ(発行株式数:約22億5000万株)の株式を1株買ったとします。
それはつまり、コカ・コーラ社の所有権の約22億5000万分の1の割合で保有している、という意味なのです。

株式は単なる紙切れではなく、企業の所有権の一部であるわけです。その意味合いは想像以上に深い意味です。

2.市場の変動に乗るのではない

次のポイントは「市場の変動に乗るのではない」ということです。
市場の変動に乗るのではなく、当初の方針を愚直に貫くことが肝心だというわけです。

もちろん、株式市場では常時、価格が変動します。
ただ、ベンジャミン・グレアムは「市場の価格変動を予測して、利益をあげることはできない」と述べます。

市場の価格変動は、あくまで人気投票の結果としての変動です。
市場参加者の感情や人気、雰囲気によって変動します。

それに乗るのではなく、あくまで自分自身の方針、投資方針を愚直に貫き続けることが大切なわけです。

3.「安全域」を考慮すること

ベンジャミン・グレアムは堅実な投資の極意を3つの単語で言い表すと「安全域(Margin of Safety)」になると述べます。

「安全域」とは、株価がその株式の評価価値よりも安い状態であった場合のその差を意味します。

100円の価値がある株式が株価50円で手に入るとすれば、その50円が安全域です。
これが大きければ大きいほど、割安であり、リスクも下がります。
過小評価されているというわけです。

アグレッシブな投資ではないかもしれません。
ただ、堅実で、リスクの低い投資を目指されるのであれば、「バリュー投資」ベンジャミン・グレアムの書を紐解くのもよろしいかと思います。



<新訳>バビロンの賢者に学ぶ錬金術 ジョージ・サミュエル・クレーソン (著) #196

いきなりタイトルに「錬金術」とありますように、本書は「お金本」です。
ただ、内容は至極、真っ当で賢明な「貯蓄本」なのです。

私はこれまでの人生で書籍を2000冊以上は読んできました。
そのほとんどは俗に言う「ビジネス書」「金融関連書」です。
テーマがビジネスのこと、会計のこと、金融(ファイナンス)のことです。
株式、債券、投資といったテーマが金融です。

もちろん個人の家計問題についても、それなりに多く読んできました。
パーソナル・ファイナンス分野と呼ばれます。

この個人の家計問題に関する本のなかで、私個人がベストに位置すると勝手に思っている一冊がこの「バビロンの賢者に学ぶ錬金術」です。

私個人が本書の著者、ジョージ・サミュエル・クレーソンのことを知ったのは「バビロンの大富豪」という本でした。

正直、本書「バビロンの賢者に学ぶ錬金術」と内容はほぼ一緒です。
それはおそらく本書がアメリカで1937年?くらいに出版されたことから、著作権切れしたことで、出版されているからではないか、と思っています。
最初に出版されてから75年くらい経っている計算です。

同じ感じで、ほぼ内容が一緒という本が何冊か出ています。

とにかく、「バビロンの大富豪」と「バビロンの賢者に学ぶ錬金術」は内容はほぼ同じです。
それはとにかくいいのですが、内容は絶品です。素晴らしい。

内容をお話させていただくと、非常にベーシックでシンプルなことが書かれています。
もし、シンプルでベーシックな話が嫌いなら、本書は合わないでしょう。
ただ、根本的な話、本質的な話はいつの時代もシンプルです。単純なことです。

それは法則のようなもので、どの時代、どの国でも同じです。変わりません。
もし、そういう法則に興味があるのでしたら、本書はベストな本になるでしょう。

さて、内容でした。

本記事の最初にお話したように、本書は「賢明な貯蓄本」です。
ですので、本書を読んで実行した効用は「1 お金が貯まる」「2 資産家になれる」でしょう。

ルールはシンプルです。

・稼ぎ以下の金で生活する
・その道の経験者から助言を請う
・お金を賢明に運用する

これらのことについて、詳細に語られています。

「稼ぎの一部を自分のために取っておく」

これが「稼ぎ以下の金で生活する」ということ。

「黄金は、稼ぎの十分の一以上を自分と家族の財産作りに充てる者に、すすんで集まり、数を増す」

収入の十分の一を着実に貯め続け、賢明な投資に役立てる者は、価値ある資産を必ず作り出すということです。
そして、蓄えたお金は投資に回す。

ただ、注意すべきなのは「その道の経験者から助言を請う」ということです。

本書ではこう語られています。

「レンガ職人に宝石の知識を頼るべきではない」
「星の知らせを聞くためにパン屋に行くべきでない」

「宝石のことは宝石業者に聞け」
「星の知らせを聞くには、星占い師に聞け」

「君の貯める金貨はどれも、君のために稼いでくれる奴隷だ。それが稼ぐ銅貨は子供だ。これも君のために稼いでくれる」

「富は木と同じく小さな種から育つのだ。君が蓄える最初の銅貨が富の木を育てる種になる」

加えて、借金返済の心得についても語られています。

「十分の一を自分のために蓄え、十分の七を生活のために妻と分け、十分の二は銅にして貸主に公平に分けた」

収入を100とすれば、70%が生活費。20%がローン(借金)返済。10%は貯蓄。
このような比率で家計を維持していくことで、借金もきちんと返済でき、また、貯蓄も貯まる、資産形成もできるというわけです。

これは、住宅ローンを返済していく上での目安にもなります。
きちんと住宅ローンを返済し続けると同時に、自分たちの資産形成もきちんと行っていく。

素晴らしい人生を送るためのひとつの指針となる一冊だと思います。
私のベスト本のひとつです。