住宅ローンの手続き同行・がんのリスクと三大疾病対応の団体信用生命保険

健康優良児っぽいガタイのいい体格で実際には虚弱体質な竹内正浩です。

本ブログでは何度もこのネタをお話ししておりますけれども、実際にそうですので、ぜひ浸透させていきたいと考えております今日頃ごろです。

さて、今回は住宅ローンの手続きをお客様がされるということで、某地方銀行様の応接室まで伺って参りました。同行です。

主要な件につきましては、特段このようなブログで書く話ではございませんから、同行という職責は果たさせていただいたということでございます。

それで今回、考えたことがありました。

それは住宅ローンとは切り離せない話「団体信用生命保険」です。

団体信用生命保険の話

団体信用生命保険は端的に申し上げると、住宅ローンを借りている人が亡くなった場合、住宅ローンが免除される保険です。生命保険ですね。

これは一般的には住宅ローンを組まれる方がみなさん入る類の保険です。

ただ、今回気になったのが、三大疾病対応のオプション保険です。

がん、脳卒中、心筋梗塞の三大疾病になって、所定の事由で住宅ローンがゼロ、免除という内容のオプション保険がございます。

これはこれでお得だなと感じるのですけれども、金利が0.2%上乗せということで、0.2%は小さい数字ですが、住宅ローンの金額が何千万円もしますから、金額にすれば結構大きな金額になるわけであります。

基本的には保険ですから、単に疾病に罹患しただけで借金チャラというわけにはいきません。事実上の就業不能状態というか、動けなくなる、実質的には寝たきりというような重いケースが対象となります。

うまい話はないわけですね。

ただ、気になる部分が。

「がんと診断されたら住宅ローン残高が0円に!」

というわけです。

•住宅ローンお借入日から91日目以降に、生まれて初めてがん(悪性新生物)にかかり、医師により診断確定された場合、診断確定時点のローン残高相当額を保障します。

•初期のがん(悪性新生物)でも進行程度にかかわりなく保障します。その後、完治した場合も住宅ローン残高は0円のままです。

ということで、おいしい話なのかどうかはよくわからない話ですけれども、住宅ローン借りて、ガンになったら借金チャラという話で、よさそうに思えます。

というわけで、調べてみました。

三大疾病対応の団体信用生命保険の裏側を考える

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターによりますと、

参考リンク:http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html#incidence

全国年齢階級別推定罹患数は2012年のデータで、

0-4歳 881
5-9歳 476
10-14歳 518
15-19歳 820
20-24歳 1,455
25-29歳 2,791
30-34歳 5,365
35-39歳 11,141
40-44歳 18,313
45-49歳 25,570
50-54歳 34,507
55-59歳 53,651
60-64歳 104,031
65-69歳 113,999
70-74歳 132,556
75-79歳 137,774
80-84歳 113,043
85歳以上 108,347

全国で865,238人ががん罹患されるという計算になります。

これは一年間での新規のがん罹患数ですから、各年齢レンジでの一年間における発生率という見方でいえば、わかりやすいような気がします。

特筆すべきは60代以上の各年齢レンジでの罹患数は100,000を超えています。

一方で、55-59歳で50,000。
50-54歳で34,500。

35-39歳では11,141となります。

対人口10万人での罹患率も同じデータベースにあったのですが、

30-34歳 68.5
35-39歳 118.3

50-54歳 449.4
55-59歳 674.5
60代以降は1,000を超えています。

わかりやすく言えば、がんに罹患するリスクは年齢とともに上昇するというわけです。

反対に住宅ローンは年齢とともに減っていきます。

ただ、罹患リスクが高まれば高まるほど、住宅ローンの残債は減りまして、実際にがんになったときには、ほとんどローンがない状態ということもありえるわけです。

とは言うものの、リスクの低い年齢の若い世代だったとしても、がんになる可能性がありますし、そのためにリスクに対処するための保険があるわけです。

ですので、結論としましては、自分のリスク許容度を鑑みられて、がんリスクにどう対処すべきか、入るべきか入らざるべきか。

そういうことを考えられるのがよろしいかと存じます。

最終的には自己責任の自己判断の話ではあろうかと思います。

そんなことを思った日でした。



屋外給排水工事って何?[でんホーム新モデルハウス記 15]

重労働をしてやせそうな気がしますが、実態は有酸素運動ではないので、疲れ果てる反面、やせないという悲しい状態の竹内正浩です。

運動してないわけではないんですが、やせるような運動じゃないんですね。

残念。

ジョギングでもしないといけないですね・・・

さて、先日、お打合せ中のお客様に新モデルハウスの現場をご覧いただきました。

その際、「ブログ見てます。参考にしてます」とおっしゃられました。

・・・・・ギクッ。

最近、そんなに役に立つ話できてたかな・・・

新モデルハウスの工事内容やら、進捗情報やらで、たいしてお役立ちするような話でもなかったような・・・

ということで、今日はお役立ちできそうなお話をば。

敷地調査に伺って気づいたこと

今日は新しいお土地の敷地調査に伺ってきました。

▼でんさん

山と緑のあふれる、落ち着くロケーションです。

▼山と緑

いいですねー。

のどかな感じで。

それで、敷地調査をしながら、思ったんです。

一般には「何を敷地調査するんだろう??」って、思われているんじゃないのか、と。

もちろん法規的な調査や環境調査、敷地がどの道路に接しているとかを調査するのです。

それで、今回お話したいのが「屋外給排水工事」についてです。

屋外給排水工事って何?

屋外給排水工事とは、生活に使う水(給水)やトイレ、キッチン、お風呂で使用した水(排水)を建物の外(屋外)、敷地内を設置する工事のことです。

要は給水(イン)と排水(アウト)の配管を敷地内で這わせる工事です。

このなかに給排水の引き込み工事が入ることもあります。

屋外給排水工事のロジック

それで、大前提として、住宅を建築する敷地は道路に接しています。

次に、道路の下を上水道と下水道が通っています。

地域によっては上水道だけということもあります。

その場合、下水が流せないので、浄化槽というものを設置することがあります。

浄化槽工事が別途必要になります。

浄化槽とは水洗式便所と連結して、屎尿(糞および尿)および、それと併せて雑排水(生活に伴い発生する汚水(生活排水)を処理し、終末処理下水道以外に放流するための設備です。

それで屋外給排水工事のロジックとしては、敷地の広さと建物の配置で変わります。

単純なのですが、配管が何メートルかで変わります。

配管が5mなのか、15mなのか。

5mと15mではもちろん、金額は15mのほうが高いのはわかりやすいですね。

それで、敷地が広ければ広いほど、m数が長くなりがちで、建物が道路から遠ければ遠いほど、m数が長くなりがちです。

他にも複雑な要素があるんですが、基本はこういう考え方で成り立っています。

屋外給排水工事のロジックとして、もうひとつ大事なのが「引き込み工事」です。

引き込み工事とは、道路の上水道・下水道から、敷地内に配管を引き込む工事です。

市町村によって異なりますが、下水道の引き込み工事は補助が下りることがあり、実質無償でやれたりします。

ただ、上水道はそうはいきません。

建築予定の敷地に元々、住宅が建っていたという理由で、上水道・下水道がすでに引き込まれているケースがあります。

そういう場合は、配管の太さ(口径)が問題になってきます。

うまくいけば、引き込み工事がなくてすみます。

ですが、何も住宅が建っていなかったなどの土地の場合は、上水道の引き込み工事がかかってきます。

具体的には道路を掘削して、掘って、配管して、埋め戻して復旧という流れです。

文章で書くと、単純で簡単、イージー、スムーズな感じですが、実際は土木工事な感じで大変です。

これがまた高くて、何十万円かします。

あいまいなのは、敷地調査しないとわからないからです(笑)。

引き込み工事が高い理由としては、役所への手続き手間がかかり、道路についての使用許可申請の手続き、警備員などの配置コスト、役所提出用の書面作成手間などなどなど、事務コストも高いのに加えて、一定の許可業者しか施工できないというルールもございまして、色々と複雑な金額が微妙なかたちで乗っかってきていまして、こういう風になっております。仕方ございませんね。

屋外給排水工事、と申しますと、何のことやらわかりづらいですが、実際の内容はこのようになっています。

必要な工事なんですね。

少しでもお役に立てればと思います。

最後に、現在の新モデルハウスの進捗状況です。

▼ブロック塀を積んでます

ブロック塀を積みました。

▼石畳に緑をプラス

御影石の石畳に緑をプラスしてまーす。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます
  9. ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。
  10. そとん壁の下塗り-自然素材の外壁をつくってます
  11. 珪藻土(けいそうど)の塗り壁を一部、自分で塗ってます
  12. 土間コンクリートのハツリ作業しました
  13. 外構作業を地道にしてます。長い道のりです
  14. 御影石の石畳をコツコツつくっています


ブックオフで本の一部を処分!お金本を再読して、お金について考えてみた

タイトルにもございます通り、ブックオフにて持っている本の一部を処分いたしました。20-30冊くらいでしょうか。多少、後ろ髪をひかれる思いがありながらも、さようならしてきました。そんな竹内正浩です。

「20-30冊をブックオフに引き取ってもらうと、一体いくらになるんだろうか?」と思われたことと思いますけれども、ブックオフ引き取り体験のある方なら容易に想像つくかと思うのですけれども、値段という値段はつかないものです。実際に、今回のケースでは・・・・・1,000円ちょっと。また、新しい持ち主に読んでいただけるということになれば、資源の有効活用ですから、そちらのほうがいいですね。

20-30冊を処分ということで、結構整理したように思われるかもしれませんが、実際のところ、私の蔵書は数百冊ございまして、鋭意処分を検討している次第です。数百冊というと多いのかもしれませんが、これでもかなり処分した結果でして、もとは1000冊から2000冊はあったように思います。今回はブックオフまで行って処分しましたが、基本パターンはブックオフの出張買取です。来てもらいます。そんな感じで本を減らしていく流れとなっております。

さて、そういう流れのなかで、手に取りましたのが『夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術』という本です。以前、読書感想文を当ブログにてアップしていました。「夫婦で年収600万円をめざす! 二人で時代を生き抜くお金管理術 花輪 陽子 (著) #197

基本的な内容はファイナンシャルプランに関する本で、「共働きのススメ」のような内容でして、そこのところは各個人の主張や考えがありますから特に取り上げることもないのですが、本書をざっと目を通していて感じたことがあります。

それは「不要なモノ・コトにお金を使わない」ということです。
ついつい、必要ではないけれども、ほしいものにお金を使ってしまいがちです。実際に、1,000円ちょっとでブックオフに買い取られた本はざっくり1冊1000円換算でも2万円から3万円でして、実際は4万円くらいかもしれないです。ということは少なくみても、3万円くらいは損していることになります。振り返ってみて、不要な本だったわけですから。

無駄に3万円も失ってしまったということになります。残念です。その反省を活かして、今後は本当に必要なモノ・コトなのかということを考えてお金を使っていきたいものです。

「これは本当に必要なモノ・コトなのか?」

そう自問自答しまして、お金を使っていきたいと思います。

最近の動画:土地のかしこい選び方とは?



『今すぐ「お金が貯まる人」になる』読書感想 #213

日曜日にお打ち合わせさせていただいたお客様から「ブログも見ています」とのお言葉を頂きまして、とってもうれしかった竹内正浩です。

ブログをまじめに書いているほうだと思うのですけれども(と言っても、家についての話が少ないのが問題だと感じているのですが・・・)、やはり反応が感じられないということがほとんどですので、読んでいただいているという言葉をいただくだけでも、書いた甲斐があるな、と感じる次第でございます。M様、ありがとうございます!!

さて、今日は読書をしましたのでその感想をお話できればと思います。

タイトルは『今すぐ「お金が貯まる人」になる』。
amazonでは売っていないみたいです。

20140907211841

本書は私が買ったわけではございませんでして、でんさん(代表の藤本)がコンビニに寄った際に立ち読みして買ったという本でございます。置いてありましたので、ちょっとした興味本位で手に取りまして、読みました。

「お金」というテーマと「家」というテーマは離れているようで、実は近いテーマなのです。それは住宅ローンもお金の話、頭金(自己資金)もお金の話だからです。頭金(自己資金)は多いほうが安心感ありますし、借り入れも少なくてすみます。お金は持っているほうがいいですよね。というわけで、住宅と関係があるのです。

さて、「今すぐお金が貯まる」とはいささか俗っぽいタイトルかな、と思われますし、著者が明示されていないので、ちょっとあやしい感じがしますけれども、その実、中身はまじめで意外でございました。

最初に掲載されてありますケース1「年収240万円で1000万円貯金!」というケースですが、「本当かな?」と思われることと思います。

その答えといいますと、意外に現実的でロジカルなのです。

20140907211906

自動積立の定期預金で毎月10万円を積み立てているので、給料の半分を常に貯めているんです。それが大きいというか、ただそれだけなんですよ。1年に120万円は絶対に貯まるわけです。この9年間、ずっと貯めてきたので、1000万円を超えたということです』

給与振込口座からの天引き・自動積立で預金される仕組み。つまり、金融機関で1度手続きしておくだけで、あらかじめ指定した金額を定期預金などの口座に毎月自動で振り替えてくれるわけです。

勝手に天引きされるので、「お金がなかったものに近い感覚」になるらしく、知らない間にお金が貯まっていたという人も多いそうです。

実際に、でんさんは会社員時代にこの自動積立の預金方法で、数百万円を貯金したという実績がありまして、絶賛しております。ちなみに、この方法をまた使ってある夢を実現するために動き出しているようなのですけれども、それはまた別の機会でお話できればと思います。

というわけで、本書の読書感想文になっていないような気もいたしますけれども、自動積立の預金システムは素晴らしいのではないでしょうか。ご自身の家計管理の一部に採用を検討されてみてはいかがでしょうか。



何にお金をかけるべきか?家づくりは悩みどころの連続です

20140303134920

コンビニの100円アイスコーヒー(マシンでその場でつくるやつ)はやっぱり缶コーヒーよりおいしいな、ということで、ちょくちょく買っております竹内正浩です。近年で一気に普及しましたが、レベルが上がりましたよね。さきがけはマクドナルドだったでしょうか。マクドナルドからセブンイレブンに続いてコンビニ各社といった流れだったように思います。

さて、今日はとある金融機関様との打ち合わせがありました。打ち合わせはお客様の住宅ローンについての話だったのですけれども、世間話のなかで「建築予算」についての話になりました。

いくら大きな建築予算があったとしても、お客様の希望がそれ以上に大きければ、予算オーバーします。たとえば、1億円の予算があっても「1000坪の建物がほしい」と言われれば、坪単価でざっくり10万円ですから、建てられません。1億円の予算でも、希望がそれ以上なら、お金が足らない話です。

ということは、建築予算そのものが問題ではなく、「建築予算と要望のバランス」が問題なわけです。

「建築予算>要望」であれば、万事オッケー
「建築予算<要望」であれば、すべての要望はかないません

そして、大体のケースでは、後者の「建築予算<要望」であるパターンが多いです。なぜでしょうか?

それは、優先順位の低い要望も1要望だとカウントしているからです。

100の要望があれば、そのすべてをカウントしています。ただ、重要なのは予算という制約条件がありますから、100のうち、重要な20程度をまず最優先してお金をかける。次に、残りの80を優先順位にそって振り分けていくのです。100すべてに平等にお金を振り分けていくと、どうしても予算が足りなくなるのは必然です。

たとえば、断熱性能。外の環境と家の内部環境の温度差に影響を与えます。断熱性能が高いと、エアコンは必要ですが、夏涼しく、冬暖かい住宅ができます。ただ、それをどこまで追求するかですが、北海道、北陸、東北、甲信越であれば、冬が厳しく、雪がバンバン降り積もりますので、最優先すべきでしょう。ただ、これまでコタツひとつで冬を乗り切ってきたご家族、そんなに寒い思いをしてこなかったご家族にとってはオーバースペックかもしれません。次世代省エネ基準で十分かもしれません。

ということで、家づくりは悩みどころの連続です。何にお金をかけるべきか?それは要望の優先順位で決まります。