基礎ができました[でんホーム新モデルハウス記 5]

でんホームの基礎はベタ基礎工法と呼ばれる、基礎自体を一体の箱のようにしてしまうことで剛性を高める工法をしています。でんホームの基礎は一般的に建てられている住宅と比べて、かなり頑丈に作られています。

前回もお伝えしましたが、たとえば、基礎の立ち上がりの部分の幅を、基準の120mmを上回る150mmに設定しています。コンクリートの量も増え、より丈夫な基礎になります。また、基礎に通気口の穴をあけることをせず、基礎と土台の間で換気をとるようにしています。基礎を傷つけないためです。

▼基礎のコンクリートを打ち込みしているところ

これが基礎パッキン工法と呼ばれるものです。
標準仕様はこの基礎パッキン工法となります。
これにより床下換気を十分に確保でき、木材が腐るのを防ぎ、シロアリを寄せ付けない効果があります。

基礎の周辺に断熱材などを施工するとシロアリの被害にあう可能性が高まります。東北、北陸であればシロアリ被害が少ないのでいいのですが、シロアリ被害の多い日本の南ですから、断熱性は多少劣りますが、でんホームではあえて基礎パッキン工法を採用しています。

▼基礎のコンクリートをならしているところ

加えて、基礎の配筋ピッチは200mmと短く、密に鉄筋を組むのでその分、丈夫に作られます。

やはり日本は地震大国ですから、地震に負けないように丈夫な基礎をつくっておかなければなりません。

▼基礎ができました

なかなかよい基礎ができました。

▼なかなかいい基礎だと思います。

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました


基礎配筋工事とその検査をしました [でんホーム新モデルハウス記 4]

基礎配筋工事は住宅(建物)の下の基礎部分をつくる骨組みで、基礎コンクリートのなかにある鉄筋を配置する工事のことです。

▼基礎配筋工事が終わったところ

これをきちんと施工して検査したあとにコンクリートを打設して基礎をつくります。
基礎の配筋はコンクリートを打ってしまうと隠れてしまうので、きちんと検査されます。
第三者機関の検査も加わります。

配筋は図面に従って施工されます。
その図面通りの位置、間隔、鉄筋の太さが正しいかどうか、また、長さや、かぶり厚(鉄筋からコンクリート表面までの距離)など確認・検査します。

でんホームの基礎は一般的に建てられている住宅と比べて、かなり頑丈に作られています。

たとえば、基礎の立ち上がりの部分の幅を、基準の120mmを上回る150mmに設定しています。
コンクリートの量も増え、より丈夫な基礎になります。
また、基礎に通気口の穴をあけることをせず、基礎と土台の間で換気をとるようにしています。
基礎を傷つけないためです。

加えて、基礎の配筋ピッチは200mmと短く、密に鉄筋を組むのでその分、丈夫に作られます。

▼きちんとそろった配筋

なかなかしっかりした基礎ではないかと思います。

やはり日本は地震大国ですから、地震に負けないように丈夫な基礎をつくっておかなければなりません。

前回も申し上げた通り、基礎の下の地盤についても保証があります。

「全棟10年間地盤保証」
でんホームでは、全棟きちんと地盤調査して、地盤改良の有無を確認します。
必要であれば、鋼管杭や柱状改良、表層改良といった地盤改良工事をします。
問題なければ、そのままで大丈夫です。
もちろん、全棟で10年間地盤保証されます。安心してお家を建築できます。

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました


[続]青葉の家、基礎工事のお手伝い

こんにちは、基礎工事の小間使いというか、
雑用お手伝いをしまして、ちょっとした疲れかと思いきや、
1日遅れで筋肉痛が襲っております竹内です。

全身筋肉痛ではなく、ポイントポイントではありますので、
特段、問題ないと言えば、問題ありません。

引き続き、福岡市東区青葉にあります新築住宅の現場、
青葉の家の基礎工事のお手伝いに伺っております。

擁壁工事、お手伝い
青葉の家、基礎工事のお手伝い

20140111090949
▲お手伝い開始前

建物の下、基礎の部分を施工しています。

基礎の部分も、おおざっぱに「こんな感じ!」といった施工法ではまったくございません。

きちんと図面がありまして、それを元に寸法、長さ、位置を出しまして、
その通りに施工いたします。

大切なのは図面通りに正確に施工していくことです。
図面との位置が大きくずれていたら、図面通りの家にはなりませんからね。

20140111105638
▲基礎をつくっていっています

お客様の大切な住まい、何十年とこれから住まわれる住まいです。
お客様の喜びのため、幸せのため、きちんと仕事いたします!!

私の手伝いとしましては、前回の記事でも書きました通り、
ちょっとした運搬や地ならし、計測の手伝い、サポート、施工監督など
細かいですが、いると助かる類の仕事をしました。

さて、その後、仕事が一段落つきましたので、戻ります。

最寄りのバス停まで移動しているときに、青葉小学校を通りかかりました。

20140111140704
▲青葉小学校

福岡市東区青葉という土地・エリアは人気エリアです。

前の記事でもお話しました通り、
青葉は青葉小・青葉中と一小一中、
ひとつの学区に小学校がひとつ、中学校がひとつ、
そういう珍しい学区になっております。

青葉小・中の学力が福岡市内でも高いですから、
教育熱心なご家族はもちろんのこと、
住環境にこだわる方にも人気のエリアです。

そこを通りすぎまして、バス停ということになります。

今回は「青葉小学校前バス停」から乗りました。
「[27B]大濠公園行き」です。

20140111141001
▲青葉小学校前から乗ったバス車内

この「[27B]大濠公園行き」バスに乗りまして、
約35分程度で、天神中央郵便局です。

都市高速に乗るバスですので、比較的スムーズに天神まで行けます。
バス運賃は460円です。

青葉小学校前バス停の他にも、付近には土井団地バス停などがありまして、
そちらから出ているバスには「[72C]天神行き」などもございまして、
これも都市高速に乗るバスで、こちらは400円と少しお安いです。

ルート的に「[27B]大濠公園行き」は香椎参道からイオンモール香椎浜、
そこから都市高速・香椎浜入口より、天神へ、となります。

ありがとうございます。



青葉の家、基礎工事のお手伝い

健康優良児のように見えて、不健康というか、
病弱だとプッシュしておりましたら、
義理の母からサプリメントをいただき、
実の母からは保湿剤をいただきました。
そんな竹内正浩です。

気遣っていただける方がいるだけで、
大変ありがたいことですね。
ありがとうございます。

さて、新年になりましてブログ更新を
いささかサボっている感もございますけれども、
裏側では仕事をそれなりにしております。

ブログで記事にするにはパッとしない仕事が多いですので、
なかなかブログを書きづらいというのが正直なところですね。

年末も過ぎたということで、
市民税系の処理や年末調整などもありますので、
意外に仕事がつまっております。

そんななかでも、新築住宅の現場は進んでおりまして、
福岡市東区青葉にあります青葉の家の基礎工事のお手伝いに
伺ってまいりました。

※前もお手伝いしまして、記事にしております。擁壁工事、お手伝い

20140110113427
▲青葉の家の基礎工事

私一人で仕事をしているというわけではもちろんございませんでして、
基礎屋さんが基礎工事をしております(写真にはないですが)。

基礎というのは住宅の下(ベース)となる部分で、
基礎の上に建物を建てるわけであります。

そんな大事な工事です。

今回は私自身、小間使い、というか、
伝言役、というか、お手伝い、というか、
なんというか、雑用係というか・・・

とりあえず、突っ立っているだけの人間ではなく、
多少はお役に立ったお手伝いという立場で仕事をいたしました。

主要な仕事はもちろん専門職である基礎屋さんが仕事します。

その流れのなかで、ちょっとした運搬や地ならし、
計測の手伝い、サポートといった仕事です。

もちろん、でんホームの仕事ですから、
きちんと施工されているかの監督も業務のひとつであります。

色々と書きましたが、それなりに重労働の肉体労働です。
足腰が痛いのではありますけれども、それも充実感になりますね。

わかるようでよくわからない感じの記事になってしまいましたが、
青葉の家の基礎工事についてはまた記事に書けると思いますので、
次の機会にもう少し詳しくお話できたらと思います。

ありがとうございます。



擁壁工事、お手伝い

最近、自分は白髪が多いのだと気づいた竹内です。
車に乗っていたとき、たまたまバックミラーをみまして、
もみあげのところ?横のところを見たときに、
やたらと白髪が多かったわけです。

「ええっ?白髪多くないか?」

と驚きました。

まあ、祖父が真っ白な髪をしていましたので、
私もそういう流れができつつあるのかな、と思います。

さて、先日も進展をお話していたような気がします、
福岡市東区青葉にございます、お土地。

解体工事が完了しまして、擁壁工事に入ります。

20131216091809
▲解体工事が完了した更地

東区の青葉という土地は人気エリアですね。

人気の理由は青葉小・青葉中と一小一中、
ひとつの学区に小学校がひとつ、中学校がひとつ、
そういう珍しい学区になっております。

青葉小・中の学力が福岡市内でも高いですから、
教育熱心なご家族はもちろんのこと、
住環境にこだわる方にも人気のエリアです。

不動産の話はここまでにして、
擁壁工事のお話を。

私も擁壁工事を少しでもお手伝いできれば、
という思いで、小間使いとして活動しておりました。
これも総務の仕事の一環でございます。雑用係です。

手伝いのひとつとして、残土処分をしました。
残土処分とは、土地を掘り返したあとにでる土、
しかも用途がない土を処分することです。

具体的には残土処分場にダンプカーで持っていくことです。

20131216114305
▲ダンプカーを運転

今は土を捨てるにもお金がかかるのです。
大変な世の中ですね。

そういうわけで、ダンプカーを運転してお手伝いです。

20131216163130
▲こんなダンプカーです

ダンプカーはマニュアルなわけで・・・

運転に苦労しました。
普段、ずっとオートマチック車のみ運転してましたから、
おひさしぶりのマニュアル車です。

20131216123819
▲マニュアル車・・・

トータルで7ー8回はエンストしたでしょうか。

まあ、エンストしても
涼しい顔してキーを回してエンジンかけるんですが。

慣れないマニュアル車なので、運転に気を使います。
都合、6、7時間は運転していたでしょうか。
あまりに長いので、ストレスで頭が痛くなってしまいました。

20131216120123
▲擁壁の工事中

ただ、これもお客様の喜びのため、笑顔のため。
頑張ります!!