ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。腰掛けに使います[でんホーム新モデルハウス記 9]

ミャンマーチーク(ビルマチーク)と言えば、最高級の樹種として有名です。

それを「でんホームの新モデルハウスで使いたい!」ということで、ミャンマーチークの板材を買ってきました。

ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。腰掛けに使います

チークとはどんな感じなのか。
とりあえず、写真をご覧ください。

▼でんホーム鳥飼ゲストハウスに使われたチークフローリング

こういう渋くて、上品な色合いと木目になるんですね。

チークと一口に申しましても、インドネシア産もあったりしまして、それはそれでいいのです。

ただ、インドネシア産が植林されたもので、ミャンマー産は天然物なので、ミャンマー産のほうが希少価値が高いです。

▼ミャンマーチークの原木・丸太

このくらいのサイズで数百万円以上しますね。
高いです。

せっかくなので、できればミャンマーチーク(ビルマチーク)を、と思い探しまして、大川市まで伺ってきました。

そもそも、なぜチークが最高級の樹種かと申しますと、耐久性が高いです。
劣化しづらいんですね。

また、水に強く、虫にも強いんです。
そして、渋い色合いがいいんです。

大型帆船や高級ホテル、公共施設、有名建築物など、よく見れば色々な場所に使われています。

▼丸太の先に穴が・・・

上の写真にわかりづらいですが、丸太の先に穴があるかと思います。
ここにロープをひっかけて、ゾウさんに運んでもらうそうです。
現地では自動車運搬ではなく、象運搬なんですね。

それで、「大川市で材木を買う?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。

では、「大川」と言えば何ですか?

「家具」ですね。

大川家具は全国的に有名です。

では、家具の材料は?

そう、です。

一般的な木造住宅で、チークは正直あまり使用されません。
それは高額だからです。

主に使われるのは家具です。

家具用の材料として、チークの板材が周辺の木材店に置いてあるわけで、それを買い付けに行きました。

▼チークやローズウッドなどの最高級の木材がたくさん在庫してある倉庫

それで、買い付けたミャンマーチークの板材がこちらです。

▼ミャンマーチークの板材

・・・きれいじゃない。
そう思われた方もいらっしゃるかと思います。

それはまだ荒材だからです。
粗い状態だからです。

これをカンナがけして、キレイにしていくと、すっごく美しくなるんです。
すでに木目がきれいなので、仕上がりもきれいになると予想できます。

それで、買ってきたミャンマーチークの板材は玄関の腰掛けに使う予定です。

モデルハウスが完成した後に、ぜひ、座り心地を試していただければと思います。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます


上棟、建物のプロポーションがわかります[でんホーム新モデルハウス記 6]

でんホーム鳥飼プロジェクト3(でんさんち)はいよいよ建物の上棟をしました。

▼徐々に骨組み(構造体)が組みあがっていきます

上棟とは建物の一番高いところにある木、これを棟木(むなぎ)と言いますが、これが上がることを言います。上棟は家の構造、骨格ができあがることですね。

家のかたち、プロポーションがわかる日ですね。

でんホームの家の構造材は4寸角(120mm角)の杉の無垢KD材(乾燥木材)です。
一般的には3.5寸角(105mm角)なので、1.25倍くらい太くて丈夫です。
もちろん、地震にも丈夫です。

福岡・北部九州の山林保護と地産地消の観点から、でんホームでは北部九州の杉の活用をすすめています。山は県をまたいで連なっていますから、福岡県産材というのはなかなか難しく、北部九州材となります。

▼上棟!

実際の上棟では、1-2日くらいで構造体の組み上げ作業は終わります。かつては一週間くらいかかっていた作業なのですが、現在ではプレカットと呼ばれる加工システムがありまして、加工工場にて事前に切断加工された木材が納品されていますから、それを組み上げることになります。合理化されてありますから、トラブルやミスも起こりづらく、スムーズにできます。

そういう感じで、でんホームの新モデルハウス「でんさんち」の上棟が行われていきました。

▼隣のでんホームの家と比較すると、こんな感じ

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました


外で塗装したんですが(木部塗装)、軽い熱中症になりました

20130909115031

こんにちは!
日射と熱さと疲労でちょっとダウン気味な竹内です。

東京オリンピック、開催が決定したそうで、
ビッグイベントですね!

国民的な一大イベントですもんね。

2020年、ということで7年後ですか。
関係者は計画に沿ってバタバタでしょう。

さて、世間は「東京オリンピック」と
「あまちゃん」と「半沢直樹」でにぎわっているそうですが、
※すみません。「あまちゃん」も「半沢直樹」も見ておりません。

私はというと、外部の木部塗装をしております。

すでに完成した鳥飼ゲストハウス。

「塗装する必要あるの?」

と疑問に思われたかと思うのですが、

一般的には必要ないかとは思うのですが、
なにぶん、鳥飼ゲストハウスはお客様にお見せする建物であり、
でんホームのモデルハウスです。

ですから、一般的なメンテナンスの頻度よりかなり高い頻度で、
色々と手入れして、長く美しくありたいと思うのです。

20130909191134
▲外装用オスモ・クリアープラス。これを塗装します。

外部の木部塗装については、以前、じっくりと記事にしました。
ご参照ください。

外装用オスモクリアープラスの失敗しない、上手い塗り方

で、朝からずっと塗装作業をしていたのですが・・・・・

ダウン気味です。

もちろん塗装作業といっても、いきなり塗るわけではなく、
下準備の養生(周囲が汚れないように保護すること)をします。

20130909114943
▲養生(マスキングテープ貼り)

塗装作業は、塗装行為そのものに時間がかかりますが、
それ以外に、下準備(養生)に結構な時間がかかるんですよね。

何事も準備が大切かと思います。

重労働ではないんですが、ずっと外で日に照らされて・・・

9月になって気温も落ち着いたのか、と思いきや、
夏が終わったかと思いきや、終わってなかったです(苦笑)。

直射日光に当てられて、若干ダウン気味です。

写真
▲とはいえ、真面目にがんばっております。

純粋に感じました。

日陰とひなたでは全然違いますねー。

日陰は断然涼しいです。

ポカリスエットと水を飲んでますが、
ずっと外にいたら日射病?熱射病?熱中症?で倒れるリスク高いですね。

大変です。

外で仕事をされる方はお気をつけて。



[Jパネル]協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

Jパネル

でんホーム鳥飼ゲストハウスで使用している杉板材。
そのなかに「Jパネル」というものがあります。

「Jパネル」は杉の間伐材を利用してつくられた三層クロスパネルです。
乾燥させた杉材を繊維方向にくっつけ、三層構造にした杉パネル。

三層にしなくても、そのまま(無垢材)でもいいだろう?と思う向きもあるかと思います。
無垢材との違いは乾燥による狂いが少ないことがメリットです。
また、日本の森林に貢献できる間伐を行った杉材を有効活用されたものです。

でんホーム鳥飼ゲストハウスでは天井部分に活用しています。
ゲストハウスにお越しの際は2階の吹き抜け部分から見上げてみてください。
それがJパネルです。

また、もうひとつ、Jパネルを大きく活用した箇所があります。

それは2階の壁面です。
柱と柱の間にJパネルを落とし込み、はめ込んで構造面としています。

▲絵で書こうと思ったのですが、すっごいわかりづらくなるので、レングス様のサイトより画像を転用。

このJパネル落とし込み構法(工法)の耐力壁は
大臣認定を取得していますし、実際はもっと強いと考えています。

ただ、Jパネルそのものの価格だけでなく、
木材の加工や手間もありますので、単純に金額が高くなります。

もちろん、強度や頑丈さ、耐久性が高まりますからいいのですが、
オプションというか、それ分の追加費用を支払う気持ちのある方が
「Jパネル落とし込み構法」を選んでいただくのがよろしいかと思います。

さて、話は大変飛んだのですが、そのJパネルを製造されていらっしゃる
協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

[Jパネル]協同組合レングスより中西理事長、森尾様にご来訪いただきました!

協同組合レングスの拠点は「鳥取」。
鳥取より福岡まで、ざっくり約6時間の車移動です。
長い。

お疲れのところ、わざわざご挨拶していただき、
また、おみやげまでいただきました。
誠にありがとうございます!
恐縮です。

20130827143945

Jパネルの実物をごらんになりたい方はお問い合わせフォームよりご一報ください。

時間調整可能であれば、いつでもご案内いたします。



住宅会社の総務が考える「後悔しない家づくり」お役立ちコラムまとめ

20130624112838

ここ最近、でんホームのウェブサイトを色々といじっております。
加筆修正、写真の追加、、、、、

意外に時間がかかりますので、イメージよりも大変です。
大変、というより、手間がかかるわけですが・・・

さて、その流れで、今までに相当気合いを入れて書いてきた文章が、
取り残されて、放置されていることに気付いたんです!

ということで、それを掘り出しつつ、
ここで公開して、リンクを貼りつつ、

なおかつ、今後も不定期ですが、
気合いを入れたコラムを何本か書いていこう!と志新たにしているわけです。

その内容がこちら!

住宅会社の総務が考える「後悔しない家づくり」お役立ちコラム
http://www.denhome.jp/others/no-regret-column/

色々とコラムがあります。

他にも、住宅そのものの歴史・文化みたいなものも研究しておりました。

今後も、そういう気合いの入ったコラムを書いていきます!

それ以外にもすることがあるので、どうしても後回しですが(苦笑)!!