松韻亭をじっくりと堪能しました-谷口吉生設計・水澤工務店施工[京都・浜松出張記7]

京都・浜松出張記もいよいよ最後の記事となります。

松韻亭は静岡県浜松市にある茶室です。
浜松市が所有者ですから、市民に開かれた茶室、文化事業です。

場所は浜松城公園の一角にあります。

松韻亭とは?

松韻亭は杉、栗などの木を使って建てられています。
10畳の第一広間、同じく10畳の第二広間、立礼席を備えています。

また、離れ棟として、数寄屋づくりの茶室「萩庵」があります。
浜松市が政令指定都市になる前の市の植物が「萩」だったそうで、そこから名前が来ているそうです。

松韻亭を設計したのは建築家の谷口吉生さん。
ニューヨークのMoMAの新館を手がけるなど世界的に有名な建築家さんです。

また、松韻亭を施工したのは水澤工務店。
東京の工務店ですが、100年以上の歴史があり、名だたる建築家たちの設計した建物を施工してきた工務店です。

建設から20年になるそうです。
20年の時間を感じさせないデザイン、風合いで素晴らしい。

とは言え、高級な建築物は維持費も高い。
実際、管理者の方にお話を伺うと、色々と補修でお金がすごくかかるとのこと。
オーナーの浜松市に修繕の費用を出してもらうのになかなか苦労されているようです。

お庭も美しいですね。



でんホーム竹内の作業服(作業用の制服)はこうなりました。作業服のデザイン研究。

デスクワーカーという雰囲気を出しつつも、土木や建築の現場作業もします竹内正浩です。

これまで、ちょいちょい土木・造園・建築といった各種現場で現場作業をしたり、お手伝いしたりしてきました。そういう現場作業をするたびに考えることがあったんですね。それは・・・

どんな作業服を制服にするか?

です。

それについて答えが見当たらず、徹底的に考えることもなく、惰性でやっておりましたので、汚れてもいい服装+ジャージみたいな恰好で作業してきました。すみません。。。

それで今回、作業服についての結論が出ましたので、ご報告いたします。

作業服の問題点

そもそも、私がなぜ、作業服選びでこんなに問題に思っているのか、と申しますと・・・

私が作業服のデザインについて、自分の美意識と相いれないんですね。

それに加えて、なんで作業服選びについて問題意識を持っているのかの別の理由があります。

それは、ダサい仕事には若者は就労しない、という現実です。

今、建設業界は若手人材が不足しています。
若者で建設業界に入りたい、職人になりたいという人がいないわけです。
60代、70代の人が現役で、20代30代がすごい少ない業界です。
今はまだいいとしても、今後10年、20年が難しくなってきます。

そういうなかで、業界としてはやはり、低賃金に加えて、3K(きつい、きたない、きけん)なわけです。
それだけでもダメっぽいにおいがしますが、さらにダサいとくれば、致命的です。

その一方で、低賃金にもかかわらず、若者の流入の多い、魅力的に思える仕事の代表格が「アパレル」です。

それは、ダントツにカッコいい仕事だからだと思います。

もちろん、そこまでカッコいい仕事にはならないでしょうし、3Kは否定できないので難しい面もありますし、何より、私一人が何かしたところで、大した影響はないでしょうが、少しでも住宅建築業界をよい方向に変えていければと思っています。

で、どういう作業服を選んだか?

作業服を選ぶ上で、色々な作業服ショップに出向いて、いろんな作業服を見ました。
そうやって、服のデザインを分析してみました。

・服のフォルム、スタイル、シェイプ
・生地の織り方
・縫われている糸の色、意匠
・ポケットなどの外に出てくる機能面の処理
・意図的なデザインそのもの

これらの要素が複合的に絡まって、服のデザインが構成されているのだと分析しました。

それで、作業服を色々と模索したのですが、納得いくことができませんでした。

そこで、ネットサーフィンして、色々と調べてみると、興味深いことがわかりました。

日本における作業服のボトムスは大半が「カーゴパンツ」というカテゴリに属しているんですね。

▼カーゴパンツ
500px-Cargo_pant,_female

作業服といえば、こういうズボンをイメージされることもあるかと思います。

これが、なぜ、日本で主流を占めているのかという経緯についてはちょっとわかりませんでしたが、「カーゴパンツ」というその名の通り、そもそも論としては「カーゴ」つまり、貨物であって、「カーゴパンツ」は貨物船で荷役作業に従事する人向けの作業服であったわけです。港湾荷役業務の作業服がなんでまた、建築業界にも浸透しているのかの理由はわかりませんが、そもそもの発祥・起源としてはそういうことなわけです。

そういう起源について知ると、ふと気づいたわけです。

ジーンズはゴールドラッシュ時代の鉱夫用の作業服だ、と。
雑学の範囲ですが、ジーンズの起源を知っていて、ゴールドラッシュに湧く北米の鉱山で働く多くの鉱夫のために、丈夫な作業用ズボンとして、リーバイ・ストラウス社が出したものがジーンズのはじまりだったわけです。

鉱夫の仕事は、土や岩など、金鉱を掘ることですから、土木系にあたります。
港湾荷役系の服と、鉱夫系・土木系の服であれば後者が近いわけです。

そのような背景がわかったことで、アメリカの建築業界に目を広げてみました。

すると、アメリカの大工さんのファッションが目を引きました。

▼アメリカの大工さん画像
IMG_8649

なんとなく、シンプルでカッコいいですよね。
デザイン・デザインしているわけでなく、自然で素朴でカッコいい。

そういうわけで、色々長かったですが、でんホーム竹内の作業服(作業用の制服)はこうなりました。

2016-04-16 10.01.24

今後、色々と変更あるかもしれませんが、当面はこんな感じで作業します!
よろしくお願いします!



西日本シティ銀行の住宅ローンについて 2016.4.10現在

午前中だけ休み時間ということにして、もーもーらんど油山牧場に行ってきました竹内正浩です。

2016-04-09 10.33.07

子供が多く、広場で遊ばせたり、搾乳体験ができたりと、家族連れにはウケの良い場所な感じがしました。僕たちは搾乳体験や乗馬体験などはせず、歩き回って、ローラースライダー?大きな滑り台を一回乗りました。

さて、今日は「西日本シティ銀行の住宅ローンについて(2016.4.10現在)」少し見ていきたいと思います。
参考:西日本シティ銀行

といいますのも、最近、お客様の付き添いで住宅ローンの申し込みに立ち会いまして、いくつか興味深い話を聞いてきたからです。

2016-04-08 18.21.17

西日本シティ銀行の住宅ローンについて(2016.4.10現在)

西日本シティ銀行の住宅ローンは「建築名人」という商品になるのですけれども、その金利はざっくり下記になります。

変動金利:0.975%
5年固定金利:1.00%
10年固定金利:1.00%

それで、エコ住宅に該当すれば金利が年-0.1%になることになります。
エコ住宅はオール電化住宅、ガス温水式床暖房システム設置住宅、太陽光発電設置住宅、長期優良住宅をいいます。

オール電化であればokですし、ガスの場合も、エコウィル、エコジョーズ、給湯暖房機、暖房専用熱源機、エネファームを使用する住宅ということで、でんホームで建築される方々にはほぼokになる条件です。

ということで、10年固定金利は0.90%になるというわけで、相当に低い金利ですね。今は。

小ネタですが、引き落としの日は自由に決められるそうです。
1-26日の間で、好きな日にできるそうです。
たいていは、給与振り込みの日に設定されるそうです。

また、住宅ローン金利が1%だといっても、銀行の取り分がすべてだというわけではなくて、保証料が0.2%、団体信用生命保険が0.3%かかっているので、実質的な銀行の取り分は残りの0.5%程度だそうです。満額入るわけではないんですねー。

住宅を建てる上で、住宅ローンは密接な関係にあります。
探求は大切ですね。



八幡東区、八幡製鉄所からのイオンモールに行って気づいたこれからのこと

プライベートな用事がございまして、北九州市八幡東区に行ってきました。
どんな用事かは差し控えさせていただくとして、せっかく来たのだからとちょっとした観光をしました。

八幡製鉄所に行きました。
展示施設ですね。

2016-04-01 10.45.15

日本は明治維新後、「富国強兵」を合言葉にイギリス、アメリカなどの欧米列強に負けない国づくりをめざしていました。一方で「産業の米」とも呼ばれる鉄は輸入がメインだったそうです。

そういう状況で、日本としては自国内で良質な鉄を大量生産したいというニーズが高まり、実行に移すわけです。全国に候補地がたくさんあったなかで、福岡県遠賀郡八幡村(いまの北九州市八幡東区)に官営製鉄所を建設することになるわけです。

2016-04-01 10.55.56

ただ、当時の日本の技術では製鉄所の建設は不可能。そのため、先進国のドイツから技術者を招き、4年間の工事の末、1901年(明治34年)に八幡製鉄所が誕生したのです。

まあ、そういう感じで歴史探訪をしながら、近辺を散策してみました。

中央町商店街はシャッター通りな感じで閑散としていました。
実際、お店の数も少なく、行き交う人も高齢者ばかり・・・。
高齢化社会の代表格の北九州市だから、仕方ないんだなあとちょっと沈んだ気分に。

八幡製鉄所の経緯を知って、何もなかった村に製鉄所を誘致して産業が起こり、一大都市へと成り上がったエリアなわけで、時代の流れには抗えないのかなあと考えていました。

そのあとちょっと移動してイオンモール八幡東店があったので、寄ってみました。
俗に言う大型ショッピングモールですね。

すると、なんということでしょう。
子供がたくさん、若い世代もたくさん!
車は駐車場いっぱい。人多い!
感じました。
これが現実か、と。

やはり若い世代は商店街にはいかないのだと。
駐車場もないし、お店も寂れて、お店も汚れてたり、錆びたりと「きれい、明るい」とはほど遠いわけで・・・

近郊の若い世代の買い物客をこのイオンモールは吸い上げているのだ、と。

この構図は住宅業界でも同じで、地場工務店ではなく全国展開の大手ハウスメーカーが吸い上げていくわけです。

地域にお金が落ちないので、長期的には地域に対してマイナスのインパクトを与えているのですが、そういう観点抜きに、地元のお店には行きづらい点が多いというわけです。

私どもの会社も夫婦2人の超零細ですので商店街と同じ立場かと思うのですが、「きれい、明るい」はもちろん徹底して、品質、快適さ、デザインといったところで大手ハウスメーカーより勝っていくべきだと感じます。

自らの態度を改めて、ショッピングモールに負けない住宅会社にしていきたいですね!



健康は大切だということを痛感

ちょっと感傷的な気分の竹内正浩です。
このブログをサボって早20日すぎておりますが、色々なことがありました。

久留米のお宅をお引き渡しさせていただいたり、一人旅したり・・・

後日、またお話しするとして、なぜ、感傷的な気分かと申しますと、最近、ご年配のお世話になっている方と半年以上ぶりにお会いしたんですね。

メールでやりとりしてて知っていたんですが、心筋梗塞で倒れられていたんです。実は。

実際に心筋梗塞はすごいらしくて激痛、手術、リハビリと話を聞けば聞くほど大変なことなのだと痛感した次第です。一週間寝たきりで、起きても初日はベッドを45度で10分間。これでもキツいそう。やはり過酷なことになるとわかります。

幸い、ダメージは少ないほうらしく、仕事にも復帰でき、以前と変わらないほうだということでした。よかった。

お話を伺っていて、その対策は何かというと「食事」と「運動」だそうです。

食事は減塩や脂肪分をあまりとらないこと。
運動は毎日4km程度のウォーキングをすることだそうです。

これまで運動をされてこなかった方が、病気をきっかけに180度転換して、毎日きちんとウォーキングされているそう。

これを自分に照らし合わせみると、何一つできていないわけでして・・・

食事も少食で、健康によい食事をすることを心がけ、運動も適度にしていきたいと心がけるきっかけになりました。

サボりがちな私ですから、またご報告できればと思います。

薪ストーブのために「プレミアム薪」を買いました。

20160220163524

色々と考えることの多い、今日この頃です・・・