「家族の絆を育む家 室見川」の地縄張り&ご紹介

ウェブサイトのページはつくっていましたが、ブログではご紹介しておりませんでした。

「家族の絆を育む家 室見川」という名称で、でんホームの新しい商品としての期間限定モデルハウスを建てます。

「家族の絆を育む家 室見川」ページ

地縄張りをしました。

建物のスケール感がわかります。

敷地は28.6坪とかなりコンパクト。
ビルトインガレージで駐車場1台確保。

コンパクトながらも、上質で快適な住まいです。

場所は「福岡市早良区南庄6丁目」。
地下鉄空港線「室見」駅まで徒歩8分。
原北小、原北中と教育環境も整っています。

色々と良さはありまして、ご興味あれば、ウェブページをご覧ください。

「家族の絆を育む家 室見川」ページ



バックホウで土いじり。土地を掘る。木を植える。

「何でもできますね」と職人さんたちに褒められて、調子に乗ってる感じの竹内正浩です。

何でもできるというよりも、何でもしないといけないというのが現実な気がします。

とはいえ、仕事内容の正確な把握のためにも、何でもしてみないといけないという背景もあります。

そういうわけで、土いじりをしました。

2つの違う場所で、違うサイズです。

最初の現場は早良区南庄。

でんホームの新商品モデルハウス建設の土地です。

バックホウという重機で、土いじりします。

バックホウという重機はご存知でないと思いますけれども、俗に「ユンボ」と呼ばれまして、「ショベルカー」と呼ばれることもあるのではないでしょうか。正確には色々ありますが、バックホウと申しまして、見た目でどんな仕事するかわかると思います。掘ります。

土いじりと申しましたけれども、実際の仕事内容は、敷地内の残置物であるフェンス基礎の解体です。壊します。

端的に申しますと、掘って壊して埋めもどすわけです。
ちなみに壊すには手壊しというか、電動工具で壊しますから、かなりの重労働です。腰痛いです。

なぜ手壊しかと言いますと、バックホウではピンポイントで力がかかりませんから、集中的に圧がかかる攻撃をしないとブロック壊れません。

立っているブロックはバックホウで一発ですが、基礎となると、そうはいかず、かなりのパワーがいります。

土に埋もれて、片面が掘れない状況ですので。

そういうわけで、数時間頑張りまして、仕事終わらせました。

次は西区に外構工事で、土いじりです。

おおむね終わりかけの外構工事ですが、苔貼ったり、細々な雑用しました。

なかなかよさげになってきてます。

サイズは異なりますが、土いじりしました。