TOTOはチームワークの勝者-TOTO創立の歴史から学ぶ

TOTOはチームワークの勝者。
僕はそう感じました。

100年以上の歴史を誇る大企業TOTO。

▼TOTO本社。社長室もあるらしい
TOTO本社。社長室もあるらしい

その本社と小倉第一工場のそばにあるのが、TOTOミュージアムです。
TOTOミュージアムは創立100周年を記念して建てられました。

▼TOTOミュージアム外観
TOTOミュージアム外観

本社と小倉第一工場の敷地はなんと148,716平方メートル。
東京ドーム3個分を超える規模の広さ。

業績を見れば、その好調ぶりがわかります。
売上高5738億円、経常利益493億円。
一般的な知名度も高く、ブランド力のある企業です。
一方で、その歴史を紐解くと、強烈な創業一族の存在が浮かび上がってきました

▼TOTOミュージアムエントランスホール
TOTOミュージアムエントランスホール

強烈な事業家・森村市左衛門

TOTOにおける、日本のセラミックス業界における、重要なキーパーソンは6代目・森村市左衛門です。

6代目・森村市左衛門は7歳で母を失い、13歳で呉服商・笹山宇兵衛の小僧となります。16歳の時に江戸の大火により屋敷・家財を全て失い、五郎兵衛町に転居するも、翌1855年の安政江戸地震に再び焼失したため銀座三丁目に賃居し、震災の片付け人足としての労働の傍ら、夜は銀座で露店を出し煙草入や財布を売ったそうです。

財を成し、1858年の日米修好通商条約締結による開港を受けて、翌年から横浜で外国人の洋服・靴・鉄砲・懐中時計などを仕入れ、土佐藩・中津藩などに販売を始めます。

▼ウォシュレットの初期型
ウォシュレットの初期型

明治維新後、その資金を元に様々な事業を行ったが、ほとんどが失敗し破産。

そこから戊辰戦争関係での馬具製造工場の経営をはじめ、成功。借金の返済に成功します。1876年に弟の森村豊がニューヨークに渡ることを決めたことで、森村組(現・森村商事)を設立しました。

一方で、妹婿・大倉孫兵衛は日本橋で老舗の絵草紙屋を経営していたが、間もなく森村組に参加します。

1800年代末までの事業としては、骨董や陶器、日本の雑貨・工芸品を輸出しており、当時アメリカでの生産がほとんどなかった陶磁器が大きく成長します

▼森村組についての展示
森村組についての展示

1882年に陶磁器の輸出に将来性を見出し、小売から卸売に転換。
1893年には名古屋に専属窯を設けるようになり、大きく成長していきます。
1899年、当時はグレーがかった色味だったので、白色硬質磁器の製造研究を開始します。
1904年、日本陶器合名会社(現在のノリタケカンパニーリミテド)を設立します。
1921年にはディナーセットの対米輸出が6万セットを超えたそうです。
1914年日本の陶磁器輸出に占める日本陶器社製品の割合は40%以上となったそうです。

このような背景から、硬質磁器の製造技術を活かして1919年には日本碍子株式会社を設立します。
衛生陶器については1912年から研究を行い、1917年に東洋陶器株式会社(現・TOTO)を設立します。

TOTOの始祖・大倉和親

TOTOは、そもそもは森村ファミリーの一員であった妹婿・大倉孫兵衛の子、大倉和親が父とともに1903年、製陶技術の視察のためにヨーロッパ視察をした際、清潔感のある真っ白な衛生陶器に出会ったことがきっかけでした。そこに将来性を見出した彼は上下水道が未整備の時代に衛生陶器開発をスタートします。

▼TOTO初代社長・大倉和親
TOTO初代社長・大倉和親

日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)の製陶研究所が母体となり、国産第一号の水洗便器を製造。原材料の調達、燃料である石炭の調達、門司港があり輸出にも便利ということで、福岡県企救郡板櫃村(後の小倉市、現・北九州市小倉北区)に約17万平方メートルの土地を購入して工場を建設しました。

欧州の製品を超え、世界進出する旨の目標が設立当初からあったことが、その先見性と目標の高さがうかがえます。

6代目・森村市左衛門という、日本銀行監事に就任するほどの強烈な大事業家のリーダーシップと資産を背景に硬質磁器の事業展開を図っていったのがTOTOのスタートと言えるわけです。

現在は森村グループということで、「世界最大のセラミックス企業グループ」を形成しており、TOTO、日本特殊陶業、日本ガイシ、ノリタケカンパニーリミテドという東京証券取引所一部上場企業の中で陶磁器売上高上位5社のうち1、3~5位を占めています

▼六代 森村市左衛門の展示
六代 森村市左衛門の展示

TOTOを含む森村グループ

ただ、注目すべき点としては、現在のマネジメント状況を鑑みますと、森村グループというつながりを持ってはいますが、森村一族の直接的な支配は森村商事株式会社にとどまっているということです。

森村商事株式会社自体も、売上高778億円という大きな会社ではありますが、日本碍子株式会社の売上高4000億円、経常利益645億円。日本特殊陶業株式会社の売上高3729億円、経常利益555億円と比較すると、せっかくの森村財閥がもったいない気もします。

通常の事業家としては創業者が強烈なリーダーシップで規模を拡大。その後は創業一族が年数を経ても一族として現在もリーダシップと一定の資本を持っているのがよく見られるパターンです。

たとえばトヨタ自動車は豊田氏が社長となり一族がリーダーシップをとっています。竹中工務店は竹中一族がリーダーシップをとっています。

▼ネオレストNX。定価57万円也。
ネオレストNX。定価57万円也。

ただ、今回話を色々と聞いてみると、どうやらTOTOはそうではないということがわかってきます。

現在、TOTOの主要株主は明治安田生命やTOTO自社、日本生命、三菱東京UFJ銀行や積水ハウス、外資その他ということで、森村一族による支配というわけではないのです。

それはTOTOだけではありません。

ノリタケカンパニーリミテドも明治安田生命が筆頭株主で、第一生命、三菱東京UFJ銀行、TOTO、日本生命、東京海上日動火災、取引先持株会が主要株主です。

日本碍子株式会社も、第一生命、明治安田生命、三菱東京UFJ銀行、日本生命、外資その他が大株主。

日本特殊陶業株式会社は第一生命、明治安田生命、三菱東京UFJ銀行といった面々が大株主。

総じて申し上げれば、これらの会社は「生命保険の預け入れ金の運用先」となっており、森村一族の強烈な支配的リーダーシップがとられているというわけではないのです。

もちろん、森村グループということで、森村一族によるリーダーシップは行われているものの、資本的な支配やコントロールは手放されているところに、森村一族の思想が見て取れるように感じます。つまりは「カネだけではない、何か」があるというわけです。

▼ネオレストNX。使ってみました。
ネオレストNX。使ってみました。

森村市左衛門の思想

純粋に資本的な支配をしていれば、森村商事が小さいとは言えない規模の売上778億円だけではなく、TOTO5738億円、日本ガイシ4000億円、日本特殊陶業3729億円、ノリタケ1088億円の合計1.5兆円の直接的影響力を持てていたわけですから。

6代目・森村市左衛門の思想をいくつか拾っていきますと「海外貿易は四海兄弟万国平和共同幸福正義 人道の為志願者の事業と決心し創立せし社中也」「私利を願はず一身を犠牲とし後世国民の発達するを目的とす」という高い目的というか、意思が見えてきます。

TOTO、日本碍子、日本特殊陶業、ノリタケなどの森村組から派生した森村グループはたしかに、6代目・森村市左衛門という強烈な存在があったからこそ、発展を遂げたと考えられます。

ただ、その一方で、創業家の強烈なエネルギーはあったにせよ、彼らの発展は森村一族だけではなしえていないということも垣間見えます。そこで働く人たちのチームワークによってその勝利がもたらされたのではないでしょうか

6代目・森村市左衛門という波瀾万丈の人生を送った大事業家とともに、その名を歴史に残してはいないけれども、事業を発展させるべく懸命に奮闘していった、そこで働くチームの努力が実った現状。それがTOTO創立の歴史なのだと感じました。



住宅会社・工務店の選び方のポイント

髪がすごく伸びてしまっているので、早めにカットして坊主にしようとタイミングを狙っている竹内正浩です。

ずっと坊主だったんですけれども、一度タイミングを逸するとなかなか切ることなく、時間が流れてしまいますね。

さて、昨日はイベントがありました。

資金計画セミナーということで、人生にお金はいくらかかるのか。
住宅にいくらお金を使えばいいのか。
子育てに、老後にお金はどうなのか。

というようなことを日本でもトップクラスのファイナンシャルプランナーさんを講師にセミナーしていただきました。

その後に、本ブログを熱心にお読みいただいている方から、熱いご質問をいただき、熱く放談(笑)させていただきました。

そのなかで、自分で話しておきながら、なかなかいいことを言っているな、と思いましたことがあります。

それは「どうやって住宅会社を選んだらいいのか?」という話です。

住宅会社の選び方は人それぞれです。

外断熱や特別な工法がいいから。
デザインがいいから。
営業の人が熱心だから。
安いから。

色々あります。
人それぞれです。

では、業界人の自分なら、自分がお客様の立場なら、どうやって選ぶか、と考えますと、答えがあります。

それは「誰がやっているか?」です。

自分の家、一生の家を建てる住宅会社は誰がやっているのか。究極的には「人」です。

「A社の営業マンさんは動きが早いし、熱心に通ってくれているから・・・」

その営業マンは契約後も、そんなに熱心に通うと思いますか??
熱心にあなたの家に通うのは契約がほしいからで、契約して、完成後になったら、あなたの家に来たりしませんよ。

そもそもその営業マンは自社がマトモに家づくりしているかどうかなんて、わかってません。
建築のケの字も知らないのが営業マンなので。

住宅ローンと自社のウリと契約はできますけど、家は建てられません。

要は住宅建築をよくわかってない人を信用しているわけです。

僕はそんな人から家を買いたくありません。

真面目で真剣で責任取る覚悟があって、逃げない人。
真摯に向き合って、きちんとした知識を持って、仕事に向かっている人。

そんな人がいいですね。

外断熱でも内断熱でも、どんな工法でもいいんです。
メリットデメリットがそれぞれあるので、真面目で正義感の強い人なら、その人がベストと思うやり方をきちんと考えているはずで、そこは外れないからです。

要は「やっている人を信じられるかどうか」ということが重要なわけです。

たしかに熱心にされるとうれしいですね。
安いとよさそうですね。
外断熱もよさそうですね。

でも、そういうのは枝葉末節であって本質じゃないんです。

熱心にしてる人が大工仕事するわけではないです。
熱心でも、知識なかったら「ウソつき」です。
熱心でも住宅建築は手抜きします。
そんなものです。

熱心さは大切にしたいですが、本当にそれだけでいいんでしょうか?

安い高い、外断熱、そういうことで決めていいのでしょうか?

真面目な人は適正な価格です。
安い高いではなく、妥当な価格なんです。
真面目で正義感あったら、ぼったくりしません。

熱心だからって、真面目で正義感ある高潔な人間とはかぎらないです。
安い高い、外断熱とかじゃないんです。

結局、その住宅会社の人間はどんな人か。
それが大事なんです。

仕事柄、色々な人と会いますし、仕事を発注してますけれども、僕自身も相手の人間性をきちんと見極めていきたいと考えています。

でんホームも現場の職人さん方においてはいくつかの変遷がございましたけれども、それは彼らの人間性だったり、どのような人間かの判断で色々とあったわけです。相性だったりですね。

最終的には、でんホームとして、竹内正浩として、自信をもって住宅建築できているか。

誇りを持って仕事して、その仕事は胸張れるのか?

そういうところではないかと思うわけです。

プライドとか、責任感みたいなところです。

恥じない仕事をしていきたいものです。

なかなか人を見抜く目というのは難しいですし、自分自身まだ至らないところがございますけれども、よりよいかたちにしていきたいと考えながら、動いています。



動画投稿を継続中!ビデオブロガー化しています。

動画にすることで情報量を増し、情報開示することで、動画配信することで、親しみやすさをプラスしようという気持ちで、信頼いただくにプラスになればという気持ちで動画投稿していますけれども、なんとかいまだ継続中です!

3日坊主で終わりそうな気配もそれなりにしていたのですけれども、想像以上に簡単で、なかなか続いております。

上の動画は上棟後の建築中の住宅動画です。

建物(住宅)の構造体が組み立てられて、その後、どうなっているかを映してみました。

まだまだ情報量として、伝えきれていませんけれども、充実した動画にしていきたいと考えています。

改善がいりますね。

他にも「おだし教室」の講師である三代目えみ先生が開催する「博多三徳 朝マルシェ」にも行ってきました。

雰囲気伝わりますね。
動画はすごいです。

最後にウッドワンショールーム福岡店に行ってきました。

ウッドワンは無垢のキッチンやドアなどがメインの建材メーカーです。
福岡空港近くにショールームあります。

これもまた動画だと雰囲気伝わりますね。

なかなか動画はいいように思います。

長続きする習慣にしていきたいです。



ベーカリーSANA(サナ)に、さな部長とパン買いに行きました[糸島のパン屋さん]

現場やら、計画やら、半年先のための行動やら、で日々、自動車での移動が多い竹内です。

ドライブを楽しめるノウハウがあれば、もっと楽しんで移動できると思うのですけれども、現状は考えごとだけという段階です。ノウハウほしいです。

さて、所用で糸島市に行ってきました。

昼ごろになりまして、パン屋さんで検索しましたら、娘と同じ名前のパン屋さんがあったので訪問。

さな部長とSANA(サナ)ベーカリーに行ってきました。

ベーカリーSANAでは糸島産小麦を100%使用。
無添加天然酵母を使ったりと、いろいろなこだわりのパン屋さん。

ベーグルが多く、特徴になっています。
個人的には、ベーグルのもっちり食感が好きなのでありがたかったです。



忙しい人のための家事をラクにする収納 梶ヶ谷陽子 (著):スッキリきれいな家にするコツを学ぶ

最近は外構工事で肉体労働しつつ、そのほかの雑務や事務作業も重なっていて、なかなか思うようにいきません。竹内正浩です。

移動時間が意外に負担が重いんですよね。何もできませんから。

さて、最近こんな本を読みました。

「忙しい人のための家事をラクにする収納」 梶ヶ谷陽子 (著)

子育て、大変です。
家事、大変です。
お仕事、大変です。

そんななかでも、キレイな家でありたいとは思っているのですが、なかなか難しいですね。

それを解決するヒントが書いてありそうな一冊。

個人的に共感したのが「散らかっても3分で片づくリビング」というところ。

家族みんなが自主的に片づけてくれる、そして散らかっても、ちょっとの時間で元の状態に戻せるようにする簡単なルールがあるということです。

それが次の3つ。

ルール1:使用頻度の高いモノは出し入れしやすく

ルール2:家族みんなが使うモノは、ひと目でわかるように

中身がわかり、戻す位置がわかれば、家族が自分で出し入れしてくれます。

定位置というやつですね。定位置がないから、どこ行ったかわからない、紛失、置いたまま、散らかるというスパイラルです。

ルール3:リビングの近くにおもちゃ収納をつくる

子どもがリビングでよく遊ぶなら、箱1つでもいいのでリビング用におもちゃ収納をつくります。子どもの行動に合わせず、「おもちゃは子ども部屋に」と限定すると、しまいに行くのが面倒になり、出しっぱなしに。

子どもがいると、ついつい散らかります。おもちゃも増えますから、どんどんどんどん散らかった家になります。

その対処のひとつがリビング用におもちゃ収納一箱でしょう。

ただ、根本的におもちゃの量を見直すことも大事な気がします。

おもちゃの量は意識していないと、どんどん増えます。
子どもが捨てることはないと思いますから、親が意識して捨てないとどんどん増えます。

使うおもちゃ、使わないおもちゃ、色々ありますが、優先順位をつけて、量をコントロールしないと野放図に増えて、散らかった家になります。と考察しています。自戒の念も込めまして。

ルール4:どんなモノでも定位置を決める

ルール2とも近いです。
定位置。大事ですね。

定位置を決めて、家族で共有してないと散らかります。
モノも増えます。

なかなかスッキリきれいな家にするのは大変なので、色々と研究しまして、スッキリキレイな家のノウハウを身につけていきたいと思います。