最変端ノ会で、新年の羽子板ゲーム

土曜日の朝から「最変端ノ会」に参加してきました。
「最変端ノ会」とは何ぞや?

私もよくわからないのですが(笑)・・・
「変」 is NOT only =CRAZY =MAD =FOOLISH
but also =CHANGE =STRANGE =INOVATION =REVOLUTION
so I LOVE 「変」 という変人の集まる会のことだそうです。

最近、知り合い親しくさせていただいております薄田泰代様が主宰されていらっしゃる会です。
薄田様は普段はNPO法人チャイルドケアセンター大野城で勤務され、情報誌「びぃーんずキッズ」の主筆・責任編集者、カメラマンをされていらっしゃいます。
NPO法人チャイルドケアセンター大野城は、子育てのための情報とネットワークづくりをサポートしていらっしゃいます。

今回、「最変端ノ会」で「一味ちがう羽子板」をするということで、参加しました。
会場は、天神中央公園。

私自身、真っ当な羽子板すらしたことのないなかでの参加(笑)。
どうでしょうか?

実際にやってみると、羽子板にコーンッと当たる感じが心地よいです。
みんなで輪になって打ち合いましたが、最高で20回超と結構、回数でました。

お金をかけなくても、クリエイティブにやれば、安く、楽しく遊べるのだと再認識します。
気の合う人が集まり、時間をすごすことで楽しい時間になりますね。
ひさしぶりに身体を動かすゲームをしました。

参加者は総勢10名超。
感じたのは、薄田様の人間的な魅力です。
たまたまその公園にいた外国人が面白そうだからと、いきなり声掛け(笑)。
結果、羽子板グループの仲間入りさせてしまいます。

名前は「James」様。

中国で英語を教えているそうですが、韓国、日本、台湾と回っていく途中だそう。
これも何かの縁ですね。

そこからfacebookでつながるのですから、facebookはすごい。
人と人、世界をつなげるツールですね。

改めて考えてみると、公園を活用したり、身体を動かしたりと、そんなにお金をかけなくても、楽しく遊べるんだな、と感じました。
子供たちは、そんなにお金を持ってませんもんね。

子供時代のように、遊べたら、もっと人生楽しくなるかな、と思います。



「最変端ノ会で、新年の羽子板ゲーム」への1件のフィードバック

  1. ご紹介ありがとうございます♪オトナが本気で羽子板。本当に楽しかった♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です