無限の可能性と現実世界

先日、高校時代の同級生と一緒に食事をしたときに、彼の子供の話になりました。

彼は、こう言います。
「子供の可能性をつぶすことはしたくない」

僕は、彼の考えが素晴らしいなと思いました。子供には無限の可能性があって、何でもできるし何にでもなれるのだから。

ただし、その上でひとつだけ注意しておかなければならないことがあります。それは、現実世界にはトレードオフという残酷な事実が存在しているということです。トレードオフとは、一方を選択すれば、他方を犠牲にせざるを得ないという関係のことです。

たとえば、今日は家でゆっくりすることを選択すれば、同じ日に海外旅行するという選択肢を犠牲にすることになります。同時に両方ともを達成することができない関係のことです。このことは、人の人生において大きな意味を持ってきます。

そのことを、人生におけるトレードオフの法則として短くまとめることができます。それは、こうです。

人生におけるトレードオフの法則:
人は望めば、何でも達成できるかもしれないが、そのすべてを達成する時間はない。

もし、あなたがフェラーリなどの高級車を乗り回したいと望めば、おそらく突然この世を去るなどのことがないかぎり、意欲さえあれば、達成できるでしょう(頑張ってお金を稼げばいいです)。自分の会社をもっともっと大きくしたいと望むのであれば、おそらくそれは達成できるでしょう。

しかし、あなたの希望が多くなればなるほど、その希望を達成できる可能性は低くなってしまいます。なぜなら、何かを達成するためには、リソース(資源)が必要だからです。それは、資本やモノ、人、そして時間(つまりは、あなた自身の人生)などです。

ちなみに、私がよく直面するトレードオフは、こうです。
「やりたいことはたくさんあるが、それをすべてやる時間はない」

すべてをやっていたら、人生が終わってしまうからです。だからこそ、必然的に「自分にとって幸せでベストな選択肢」を選ぶべきだということになります。

このことは人生における、ある重要な事実を示唆しています。それは、あなたの人生にとって最も貴重なリソースが、時間であるということです。

人生の選択をする機会は、一度しか買えない回数券のようなものです。回数券の枚数は限られていて、一度使ってしまえばなくなってしまい、二度と手に入れることはできません。人によって、回数券の枚数は違いますが、限られていることに変わりはありません。

そして、回数券の枚数は、ぼやぼやしているとすぐに少なくなってしまうし、いきなりなくなってしまうこともあります。それは、あなたの人生が、いつ終わるかわからないからです。明日、事故に遭ったり、心筋梗塞で亡くなったりすることもあります(私の父は突然、心筋梗塞で死にました。)。iPodで有名なアップルのスティーブ・ジョブズも亡くなりました。

ビル・ゲイツは、かつてこう言いました。
「あなたが取り扱わなければならないカギとなるリソースは時間である。つまり、どのように時間を使うのか、だ。」

人はたいていのことは何をしても達成できます。しかし、何をしても達成できるでしょうが、あなたの望むすべてをすることはできません。だからこそ、あなたの人生にとって、それが本当に価値のあることなのかどうかを確かめていただきたいです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です