筑後市に定住しようという方は色々と支援・助成があるみたいですよ

20130708181651

先日、一通の郵便物が届きました。
差出人は「筑後市役所」。

何だろうと思って開けてみると、
筑後市定住を促進する策についてのお知らせでした。

筑後市に定住される方への支援策

福岡県筑後市。
同じ福岡県内とはいうものの、
正直、あまり関わりがありません。

福岡の南のほうで、熊本県に近い地域です。

ちなみに、九州新幹線で博多駅まで24分とのことです。

筑後市として「平成28年度人口5万人の元気な筑後市」を
ひとつの目標として定住人口増加をはかるための施策
『筑後市定住促進行動計画』を策定されたそうです。

ちなみに平成24年3月31日時点では人口48,777人。

その支援策のなかで、筑後市に定住しようという方は、
以下のような支援・助成が受けられるようなのです。

結構、メリットが大きそうなので、ご紹介しますね。

1.新築マイホーム取得支援事業
2.住宅リフォーム補助事業
3.新婚世帯家賃支援事業
4.転入者新幹線定期券購入補助事業
5.多子出産祝い金事業

20130708184015

1.新築マイホーム取得支援事業

筑後市内でマイホームを新築し、
一定の条件を満たした場合に奨励金を支給する事業。

具体的にいくらくらい給付されるのか、というと、
取得する住宅の固定資産税相当額(上限15万円)を
取得する住宅に固定資産税が課税された年度から3年間支給。

要は固定資産税の負担が3年間なくなる感じですね。

2.住宅リフォーム補助事業

筑後市に転入して、中古住宅を購入し、
その住宅を市内業者がリフォームする場合に補助金を支給する事業。

具体的に給付額はいくらなのか。
リフォーム金額の10%(上限20万円)。

3.新婚世帯家賃支援事業

市内の賃貸住宅に入居する新婚世帯に家賃の一部を支援する事業。
給付額は家賃から住宅手当等と48000円を差し引いた額で、
月額1万円を上限とし、最長36ヶ月。

4.転入者新幹線定期券購入補助事業

九州新幹線筑後船小屋駅から通勤、または通学する方へ、
その定期券の購入費の一部を補助する事業。

1カ月あたり1万円×新幹線定期券の通用期間の月数が支給額。

5.多子出産祝い金事業

平成25年4月1日以降に生まれた
第3子以降の子供を養育している方へ祝い金を支給する事業。

対象児1人につき10万円。

以上が筑後市定住促進事業の内容です。

正直、この施策があるから移住しよう!!とまで
思うほどのメリットはない気がします(厳しいですが)。

しかし、筑後市定住に興味があったり、地元が筑後市である人、
また、筑後市っていいな、と思っていて新幹線通勤でもいいや、
そう思っている人などは、これらの支援・助成を受けることで、
移住・定住しやすくなるな、と感じます。

移住・定住する意思のある方の背中を押すイメージでしょうか。

ご興味ある方は、筑後市役所 総務部 企画財政課 定住促進係まで
ご連絡されてみてはいかがでしょうか。