建設現場で働く職人組織をつくるには?『新たな“プロ”の育て方』原田宗亮(著)を読んで

現代の建設現場はどんな感じだと思いますか?

実態としては、40-50代以上、60代を中心とした”おじさん”職人の職場です。
それはやはり建設労働者の高齢化が進んでいるからです。

そのために潮流としては建設労働者として、外国人が採用されることが多くなってきています。

私のいる福岡では、そこまでのムーブメントではないですが、関東を中心として、建設現場で外国人を職人として見かけることが多くなっているそうです。

そこで、女性活躍が出てきたり、若者に建設業に来てもらおうということが叫ばれているわけです。
これが進んでいくと、建設現場での職人不足が進むことになり、建設業自体が厳しい、建物が建たないということになりかねません。

そのようななかで、本書の著者・原田宗亮氏の経営する原田左官工業所は若者や女性が活躍する左官屋さんということ。

これは建設業ではありえない、すごいことです。

そのノウハウが本書にあったので、参考にさせていただきます。

若者の育成について

建設業は3Kです。
きつい、汚い、危険。

なかなか採用できない、採用してもすぐに辞める。
これが普通です。

「モデリング」という手法で、経験ゼロから一か月でプロの入口に立つことができ、定着がはかれるそうです。

一般的には「見て覚えろ」。
下積みばっかりで、やる気をなくし、おこられるので100人に1人しか残らない。
そんなのが建設業界の常識です。

ただ、これからは職人の世界でも「しっかりとした人材育成のプログラム」を整備する時代になったというのが著者の持論。

「モデリング」とは、現場に出る前に壁塗りをトレーニングすることです。
新人は最初の一か月、トレーニング場で練習用のベニヤ板を繰り返し塗る訓練を受けます。
左官の名人が塗っている姿を撮影したものを見て、作業手順や塗る動きを真似るトレーニングです。

これらを通した一連の人材育成プログラムがあるからこそ、新人職人の若者が辞めないのです。

女性の活躍について

原田左官には女性の職人が社員として8名在籍されているそう。
そのために、社内に女性専用の更衣室や休憩室を設け、また育児休暇を制度化。
女性が働きやすい職場をつくることを目指されています。

復帰してから慣れるまで10時から16時で、週4日勤務にしたこともあるそう。

職人的ライフスタイルを大切にしつつ、しっかりとした労働環境を整えて、働きやすい職場をつくることが大切のように思いました。



産業廃棄物処理から、キッチンハウスまで。住宅会社の総務は何でもします。

住宅会社・工務店というと、どのような仕事をしていると思いますか?

家を建てたいお客様と接客して、打ち合わせ。
イメージを設計で具体化させて、建てる。

こういう仕事が全体的な感じなのですけれども、現実には複雑でして、それらに付帯する仕事が色々とございます。

単純なようで、簡単にはいかないという話でして、それはもちろん何千万円もする家という資産を作り上げるわけですから、そんなにイージーなはずはないのですけれども。

それにしても、色々な仕事が実際にはお客様の目に触れないところで行われているのであります。

たとえば、関連業者間での打ち合わせ。

キッチンハウスにまたまた来ています(笑)。
キッチンハウスは高級システムキッチンのメーカーさんでして、私はお遊びで来ているのではございません(笑)。
複数名での充実したミーティングを行いました。

そして、もちろんお客様との打ち合わせ。

日曜日はTOTOさんのショールームに同行いたしました。
キャナルシティにあるのですが、キャナルシティ自体もすごい人。
TOTOショールームも基本的には土日は接客がパンパン。
ということで、ショールームの方の接客は当初はなかったのですが、融通つけていただきまして、ショールームの方にご同行いただけました。

助かりました。
ありがとうございます。

私もTOTOショールームに何度も訪問しまして、商品知識はそれなりにございますけれども、何と言ってもTOTOさんの人間ではございませんので、知らないことも多々ございます。

あと、でんホーム鳥飼モデルハウスに行ったら、雨がかからないので、木が枯れていまして・・・

やりかえが必要でしょうか・・・
そういう仕事もでてきますね・・・

そうそう、iPhoneをメインで使っているのですが、ガラケーも1台追加しました。

ずっとスマホだったので、すっごく久しぶりにガラケーです。

なかなか慣れませんね。

色々な事情がございまして、ガラケー追加となりました。
基本的には通話専用機ということで、ネットはほぼ使いません。

とはいえ、LINE含めて、ガラケーでもネット使わせようという圧力がものすごいですね。
そういう流れなんですね。

あと、産業廃棄物の処理です。

建設物のゴミは産業廃棄物ということで、処分しなければなりません。
当然ですが。

そういうのも細かく、内容によって処分できる場所が違ったりするんです。
色々あるんですよー。

あとはちょっとした資材を買います。

ほんのちょっと足りない、とか。

ちょっとだけほしい、とか。

そういう細々した建設資材は都度、買わないといけないので、意外に手間がかかります。

そんな感じで想像以上に移動が多いというのが、この建設業・住宅会社・工務店業界なのではないでしょうか。

これらの業務以外にも、建築中の現場確認(これはメインっぽい仕事ですね)やら打ち合わせやら、ございます。

もちろん、ここでは写真掲載しておりませんけれども、建築中の現場に入り浸ったり、現場の職人さんにダメ出ししたり、与太話したり(笑)、
今後建築していただく予定のお客様や、どこの住宅会社・工務店で建てようかと検討中のお客様ともお話します。

そんな感じで、工務店の総務は何でもしてます。



第1回 家づくり勉強会を開催しました

家づくりに必要な知識って、実は色々あります。
そもそも家って、どうなっているのか。
どう作られているのか。

あとは住宅業界の裏側ですね。
ハウスメーカーの家はなぜ高いのか。

個人的に熱いテーマが「10年後に後悔しないためのポイント」です。

焦点を当てたのは「外壁」と「断熱材」。

本当は他にも色々あるんですけれども、この2点についてお話しました。

1時間30分の予定が3時間近くになってしまいました。すいません。。。

それくらい盛り上がりました。

ご参加いただいたのは2組様。

少人数でしたが、だからこその深い話ができたのではないかとも思います。

まだまだ勉強会としてはスタートしたばかり。

回を重ねまして、より素晴らしいものへとブラッシュアップしていきたい、長く育てていきたい勉強会です。

第一回でしたが、参加者が1組でも開催していきまして、第100回を当初の目標にしたいと思います。頑張ります。

ちょっとでもご興味あれば、ぜひお声がけください。

でんホームで家を建てる建てないは関係なく、誰でも参加オッケーです。

長期的な啓蒙活動の一環ですので。



福岡市東区は美和台にて地鎮祭をしました。

時間というものはあっという間に過ぎて行くものですね。
光陰矢の如しとはよく言ったものです。

ブログもまとめる機を逸してしまいまして、ブランク期間がございましたが、がんばって参りたいと考えております。

さて、福岡市東区は美和台にて地鎮祭をしました。

建主様とは出会って3年になるのでしょうか。
長いようで短い、これまたあっという間ですねー。

美和台は西鉄電車で三苫駅が最寄り駅になりますから、三苫駅から貝塚駅にて地下鉄に乗り換えてのアクセス。

また、三苫駅から千早駅にてJRに乗り換えてのアクセスなどなど、バリエーションありつつの公共交通機関ですね。バスもあります。

日常的には自動車でしょうけれども。これは福岡であれば、どこも同じですね。
通勤通学に公共交通機関か自転車。
レジャーは自動車。そんな感じでしょうか。

さて、地鎮祭なのですけれども、香椎宮に神主さんをお迎えに伺いました。


▲香椎宮です

でんホームのトラックで(笑)。

トラックで行かないと、竹や祭壇などが積めないので、男二人でトラックで香椎宮と美和台を往復しました。

車内では意外に談笑しまして、色々と書けない話もありつつ、でした。

書ける範囲で申しますと、神社の数に対して、神主さんが大いに不足しているそうですね。
複数の神社を掛け持ちで担当される方もいらっしゃるそうで、夏祭りの時期は大いに大変なことになるそうです。

知らない業界の話は面白かったです。

土地の神様にご挨拶しました。

お客様からの頂き物。
ありがとうございました。



住宅会社・工務店の選び方のポイント

髪がすごく伸びてしまっているので、早めにカットして坊主にしようとタイミングを狙っている竹内正浩です。

ずっと坊主だったんですけれども、一度タイミングを逸するとなかなか切ることなく、時間が流れてしまいますね。

さて、昨日はイベントがありました。

資金計画セミナーということで、人生にお金はいくらかかるのか。
住宅にいくらお金を使えばいいのか。
子育てに、老後にお金はどうなのか。

というようなことを日本でもトップクラスのファイナンシャルプランナーさんを講師にセミナーしていただきました。

その後に、本ブログを熱心にお読みいただいている方から、熱いご質問をいただき、熱く放談(笑)させていただきました。

そのなかで、自分で話しておきながら、なかなかいいことを言っているな、と思いましたことがあります。

それは「どうやって住宅会社を選んだらいいのか?」という話です。

住宅会社の選び方は人それぞれです。

外断熱や特別な工法がいいから。
デザインがいいから。
営業の人が熱心だから。
安いから。

色々あります。
人それぞれです。

では、業界人の自分なら、自分がお客様の立場なら、どうやって選ぶか、と考えますと、答えがあります。

それは「誰がやっているか?」です。

自分の家、一生の家を建てる住宅会社は誰がやっているのか。究極的には「人」です。

「A社の営業マンさんは動きが早いし、熱心に通ってくれているから・・・」

その営業マンは契約後も、そんなに熱心に通うと思いますか??
熱心にあなたの家に通うのは契約がほしいからで、契約して、完成後になったら、あなたの家に来たりしませんよ。

そもそもその営業マンは自社がマトモに家づくりしているかどうかなんて、わかってません。
建築のケの字も知らないのが営業マンなので。

住宅ローンと自社のウリと契約はできますけど、家は建てられません。

要は住宅建築をよくわかってない人を信用しているわけです。

僕はそんな人から家を買いたくありません。

真面目で真剣で責任取る覚悟があって、逃げない人。
真摯に向き合って、きちんとした知識を持って、仕事に向かっている人。

そんな人がいいですね。

外断熱でも内断熱でも、どんな工法でもいいんです。
メリットデメリットがそれぞれあるので、真面目で正義感の強い人なら、その人がベストと思うやり方をきちんと考えているはずで、そこは外れないからです。

要は「やっている人を信じられるかどうか」ということが重要なわけです。

たしかに熱心にされるとうれしいですね。
安いとよさそうですね。
外断熱もよさそうですね。

でも、そういうのは枝葉末節であって本質じゃないんです。

熱心にしてる人が大工仕事するわけではないです。
熱心でも、知識なかったら「ウソつき」です。
熱心でも住宅建築は手抜きします。
そんなものです。

熱心さは大切にしたいですが、本当にそれだけでいいんでしょうか?

安い高い、外断熱、そういうことで決めていいのでしょうか?

真面目な人は適正な価格です。
安い高いではなく、妥当な価格なんです。
真面目で正義感あったら、ぼったくりしません。

熱心だからって、真面目で正義感ある高潔な人間とはかぎらないです。
安い高い、外断熱とかじゃないんです。

結局、その住宅会社の人間はどんな人か。
それが大事なんです。

仕事柄、色々な人と会いますし、仕事を発注してますけれども、僕自身も相手の人間性をきちんと見極めていきたいと考えています。

でんホームも現場の職人さん方においてはいくつかの変遷がございましたけれども、それは彼らの人間性だったり、どのような人間かの判断で色々とあったわけです。相性だったりですね。

最終的には、でんホームとして、竹内正浩として、自信をもって住宅建築できているか。

誇りを持って仕事して、その仕事は胸張れるのか?

そういうところではないかと思うわけです。

プライドとか、責任感みたいなところです。

恥じない仕事をしていきたいものです。

なかなか人を見抜く目というのは難しいですし、自分自身まだ至らないところがございますけれども、よりよいかたちにしていきたいと考えながら、動いています。