児童養護施設の現状と支援のアプローチをどうすべきか?

「児童養護施設」という言葉を聞いたことがありますか?

「児童養護施設」は、様々な家庭の事情により家族と暮らせない子供たちが生活する施設です。全国に約560施設。0歳から18歳の子供たち約3万人が生活しています。以前は「孤児院」と呼ばれていたのですが、現在ではむしろ孤児は少ないのです。

親はいるが、養育不可能になったことで預けられるケースが多いです。具体的には、虐待された児童です。約6割は虐待が原因で、施設に入所するとのことです。

この「児童養護施設」は子供たちの支援、保護をされていらっしゃいます。
しかし、問題点も多々抱えているそうです。

たとえば、待機児童の数は増加しているのですが、対応する施設数が不足しています。これは財政的な問題も大きいです。

また、虐待された児童が多いですから、心の傷をケアしなければなりません。しかし、人員も不足しています。そのため、職員自体のオーバーワークが起こり、燃えつき症候群になってしまうケースも目立っています。

加えて、安心して暮らすことのできるはずの施設で、内部での虐待もあります。施設職員による体罰、性的虐待。子供同士のいじめや暴力、性的虐待。

様々な問題を抱えていますが、社会にとって必要な存在です。これらの問題を解決していくことが、養護児童の人生にとっても大いにプラスになることと感じます。

私と児童養護施設とのつながり

私自身のプロフィールをご覧いただければおわかりのように、私の父は小学3年生のときに他界しています。かれこれ、10年以上は母子家庭で育っていたわけです。

さいわいなことに、今でも母は健在で、よく育てていただいたと思います。ただ、もし、母がケガしたり、ましてや他界してしまった日には、私自身も児童養護施設に入っていた可能性は否定できません。母が私に虐待していても、児童養護施設に入っていたかもしれません。

今、過去を振り返ってみても、万一のことがあった場合、私自身も児童養護施設に入っていたと思うのです。

ですから、私自身、この種のテーマには関心があります。

福岡で活動する団体:スマイリーフラワーズ

お話をお聞かせいただいたのは、スマイリーフラワーズ代表 窪田広信様です。

2012年中に団体をNPO法人(特定非営利活動法人)として設立を予定されていらっしゃいます。
参考:スマイリーフラワーズ公式サイト

窪田様は、福岡県でパートナーと共に海外留学エージェント(日本人の海外留学を手配する会社)を経営されていました。10年の業界キャリアをお持ちです。そこから、既存の会社を離れ、NPO法人を設立する道を選ばれました。

そもそもは、窪田様自身、4人兄弟母一人という母子家庭の貧しい家に育ったことが原体験としてあるそうです。

自分では脱することのできない社会格差遺伝のなかで、将来に明るい希望を見いだすことのできなかった自分が、多くの人に助けられて海外に飛び出すことができ、それを機に大きく人生を切り開くことができたという経験があります。

これまでは、わずかながらも養護施設や小児病棟などで児童ボランティアに携わってきたそうです。ただ、社会格差遺伝の現実を考え、憂いを感じたそうです。

つまり、社会的底辺で育った子供は、同じく社会的底辺に陥りやすく、社会的上層で育った子供は、大人になっても社会的上層に立ちやすいということです。

そこで、NPO法人を設立され、大きな波を起こそうと奮闘されていらっしゃいます。

窪田様の夢は、自分の団体から支援を受けた子供たちが成長し、成功し、大人になって彼らが次の世代を支援していくこと。そういう支援の連鎖を創ること。

正直、お話を聞いていて、道のりは大変険しいものになると感じます。
それは、児童養護施設に関する社会的な認知がそこまで高くないからです。

なぜでしょうか?
「自分ごとではないから」です。

自分は大人。
自分には両親がいる。
自分はやさしい両親(腹立つこともあるけど)に育てられた。

そういう人が多いからです。
児童養護施設について、少しも関心を持たずにいられます。

私は違います。
母子家庭で育ち、母一人というリスキーな状況下で育ちました。小学生の自分でも、施設に入る可能性に恐れていました。

ですが、実際には少ないです。

児童養護施設の現状、問題点への認知を広めていくと同時に、養護児童の人生をよりよい方向へと支援するアプローチをとっていくことは、とても厳しい道のりだと思います。

ただ、私はこのような活動が社会にとって大いに有益だと思います。
また、私自身の過去から、そのような支援の一助となりたいと思います。

最後に、このような支援活動団体の一部には、私利私欲で、私的濫用を行っている団体もいることは存じ上げております。

そこで、私は窪田様にくれぐれもそうならないよう、会計報告、活動報告をきちんと行い、クリーンで透明性の高い運営を行っていただくようお伝えさせていただきました。

健全で透明性の高い支援団体が増えていくと、もっと素晴らしい社会になるのではないかと思います。

弊社でんホームでもCSR活動のひとつとして、このような支援団体のサポートも行っております。

社会がより素晴らしいものとなりますよう、願うと同時に、一助となる活動を行っていきたいと思います。



お金の勉強会 開催報告 2012.01.16

2012年1月16日(月)。
とあるスターバックスにて、6名の方々にご参加いただき、
「お金の勉強会」を開催させていただきました。

それぞれの知りたいこと、聞きたいことが違うため、
今回はテーマを絞らず、質疑応答座談会の形式で進めさせていただきました。
差し支えない範囲で、質疑応答の内容をお伝えさせていただきます。

Q. 株式投資を考えているのですが、何から始めたらいいでしょうか?

A. とりあえず、経験してみることです。
もし、株式投資していきたいのなら、証券会社に口座を開設すること。
実際に株式に投資してみることです。

もちろん、知らないことばかりですので、失敗する可能性は高いです(笑)。
ですので、失ってもいい金額からスタートされるといいです。

実際に経験してみて、失敗すれば、学べばいいです。
どのような知識が必要か、がわかるようになります。
もちろん、同時並行で、株式投資についての勉強をしてみるといいです。

Q. 株式投資を始めたいですが、いくらぐらいから始めればいいでしょうか?

A. ほしい株式の購入金額次第です。
たとえば、スターバックス・コーヒー・ジャパンの株価は48,600円。
1株から買えるので、48,600円から始められます。

もし、ほしい株式があれば、その購入代金に相当する金額があれば、スタートできます。
基本、いくらからでも始めたらいいです。経験は得られます。

Q. 某ネット証券に口座を持っているのですが、大丈夫でしょうか?安心でしょうか?

A. 基本的に、証券会社の資産と、口座の資産は分離されてますので、大丈夫です。

口座所有者が証券会社に預けている有価証券や金銭は「顧客の資産」として、
証券会社の資産とは分別して保管されることが義務づけられています。
「顧客資産の分別保管」です。
万一、証券会社が破綻しても、資産は保全されます。

加えて、破綻時、何らかの理由で円滑に返還できない場合、当該証券会社に代わり、資産返還すべく「投資者保護基金」があります。証券会社は加入義務があります。1顧客あたり1000万円を限度として補償されます。

最悪のケースを想定するのであれば、証券口座も分散されるといいです。
基本は大丈夫ですが。

今後、弊社でんホームのウェブサイト上でも、お金についての情報提供をしていきたいと思っております。
また、「お金の勉強会」にご興味がおありな方は、お問い合わせよりご連絡ください(現在、無料です)。



鮒谷周史様の新刊が出版されました。

弊社「でんホーム」株主のお一人でもあります、鮒谷周史様が新刊をご出版されました。
『変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと』
鮒谷さんの本

有限会社セカンドステージ代表取締役 鮒谷周史様は、
読者数およそ20万人、通算3000号を数えるビジネスメルマガ「平成進化論」を発行されていらっしゃいます。

私が東京に行く機会があればお会いするというかたちで、
数年来、お付き合いさせていただいております。

加えまして、私ども「でんホーム一級建築士事務所」の株主のお一人でもあります。
誠に光栄なことです。

東京に訪れ、お会いするたびにお話いただく内容は、大変知的で、
ご自身の体験から導きだされた知見を様々に述べられます。

友人を数名、ご紹介させていただくこともあり、
彼らからの話でも、やはり知性と教養の深さは大変なものがあるということがわかります。

その鮒谷様が約8000人のキーパーソンと会食し、
そこでの学びや気づきから導き出された「自分の殻の破り方」について書かれたのが本書。

さっそく拝読させていただこうと思います。

読書感想文は、また別のブログ「1,000冊読書感想文を書くとどうなるか?」にて、
述べさせていただこうと思います。

1月11日追記:
読書感想文を書きました。
変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと 鮒谷周史 (著) #186

鮒谷周史様プロフィール:
大阪府出身。甲陽学院中学校・高等学校卒業。早稲田大学商学部卒。

大手情報出版社での営業を経て、米大手通信会社ワールドコムの日本法人に。
2002年、同社アメリカ本社の巨額粉飾決算発覚。
当時、アメリカ史上最大規模となった経営破たん(負債総額410億ドル)に巻き込まれ、同年12月に退職。

この出来事をきっかけとして起業。
会社設立と同時に独自の「かけ算」思考により、ビジネスを飛躍的に成長させ、
複数の高収益企業を経営(うち1社はその後、上場企業へ営業譲渡)。
現在は、上場企業をはじめとする複数の企業の顧問、
海外を含む20社を超えるベンチャー企業への出資、
ならびに経営支援等を行う。

また、海外で活躍する日本人起業家・ビジネスパーソンを応援する目的で
経営者仲間4人とともにJBN(在留邦人ビジネスネットワーク)を設立、
世界十数カ国でボランティア講演を行うなど多方面で活躍。

趣味は昼・夜合わせて、年間平均500回ペースでの会食。
企業以来、会食した人は延べ8000人以上。
起業家・経営者から各界の専門家まで、
多くのキーパーソンから学んだことを執筆する日刊メールマガジン『平成進化論』は、
個人発行としては日本最大級のビジネスメルマガ。
約20万人の経営者、ビジネスパーソンから
「希望や勇気、学びを得られる」
と絶大な支持を得ている。

主な著書『「かけ算」思考ですべてが変わった』(かんき出版)。