建築業者を見抜く目を養う:第3回家づくり勉強会を開催しました。

「10年後に後悔しないための勉強会」をコンセプトに、住宅業界についての裏側から、施工の話など広範囲にお伝えするこの勉強会、第3回が開催されました。

会場は「ももちパレス」。
GW真っ最中ということで、駐車場も空いておりました。満車の場合がほとんどです。

GW真っ最中にわざわざお越しいただきました。
お2組様。

家づくりについて勉強しようという前向きな方々にお集まりいただきました。

1回、2回とだんだんブラッシュアップされていっております。

根本的なテーマとしましては10年後に後悔しないためですから、やはりきちんとした家をつくるためには、発注者たる建主自身が知識ベースだけでも把握していないといけないということです。

家づくりそのものが一大プロジェクトです。
基礎、構造、断熱、設備、内装、それぞれの施工などなど、、、
加えてお金の話。

家づくり、住宅建築には本当に知らなければならないことがいっぱいです。

実際、知らなくても家を建てられるかと言われれば、それはもちろん建ちます。住めます。

ですが、知らずに建てると、建築業者の言いなりというか、選んだ建築業者の質がそのままあらわれてきます。

ダメな建築業者だと、ダメな家です。
真面目な建築業者なら、真面目な家が建ちます。

建築業者に依存します。

ただ、本来は建主自身の知識と目で、色々な事象を判断すべきなのです。
建築業者に投げっぱなしではなく、きちんと向き合う姿勢。

お任せでもいいのですが、お任せできる建築業者かどうかを判断できる知識と目。
これらを身につけていただき、10年後後悔しない、失敗しない家づくりを目指していただきたいと考えております。

そういう姿勢で、勉強会という啓蒙活動をしております。

ご参加いただく方々は必ずしも、でんホームで住宅建築されるわけではございません。
ですが、でんホームではなくとも、たしかな知識を身につけて、今後の判断材料にしていただければ、幸いです。

ありがとうございます。



第1回 家づくり勉強会を開催しました

家づくりに必要な知識って、実は色々あります。
そもそも家って、どうなっているのか。
どう作られているのか。

あとは住宅業界の裏側ですね。
ハウスメーカーの家はなぜ高いのか。

個人的に熱いテーマが「10年後に後悔しないためのポイント」です。

焦点を当てたのは「外壁」と「断熱材」。

本当は他にも色々あるんですけれども、この2点についてお話しました。

1時間30分の予定が3時間近くになってしまいました。すいません。。。

それくらい盛り上がりました。

ご参加いただいたのは2組様。

少人数でしたが、だからこその深い話ができたのではないかとも思います。

まだまだ勉強会としてはスタートしたばかり。

回を重ねまして、より素晴らしいものへとブラッシュアップしていきたい、長く育てていきたい勉強会です。

第一回でしたが、参加者が1組でも開催していきまして、第100回を当初の目標にしたいと思います。頑張ります。

ちょっとでもご興味あれば、ぜひお声がけください。

でんホームで家を建てる建てないは関係なく、誰でも参加オッケーです。

長期的な啓蒙活動の一環ですので。



「財産があってもなくても知っておくべき相続のこと」セミナー開催しました

「財産があってもなくても知っておくべき相続のこと」セミナー開催しました

相続というと、ちょっと話づらい内容ですよね?
実際問題、たしかに話しづらいとは思うのですけれども、事前に対策しておくと、資産金額に応じてですが、何百万円の差がうまれるのが「相続」なのです。

今回は外部講師の方をお招きして、相続についてお話していただきました。

住宅会社としましては、相続という点で関係があります。

それは、相続のときに相続税が発生するのですけれども、住宅取得のときには優遇があります。住宅取得等資金の贈与という特例で、両親や祖父母が子や孫に自宅の購入資金・増改築資金を贈与する場合、一定の条件を満たせば基礎控除(110万円)のほかに非課税枠を加算されるというものです。

相続資産を事前に贈与することで減らすことができます。

他に、同じような話なのですが、相続時精算課税制度があります。
これは子、または孫が60歳以上の父母または祖父母から贈与を受けた場合、贈与する人ごとに累計2,500万円まで非課税とし、相続時に贈与時点の価額で相続財産に加算して相続税を計算し精算する制度です。

このような相続に関する制度を活用することで、ファミリー(家族)としての資産をうまく動かすことで、経済的にメリットが生まれてきます。対処しない場合は、相続税が多くなってしまう可能性があるというわけです。

世間の流れとしましては、国家としての日本は少子化・高齢化に伴いまして、年金や健康保険などの社会保険料の支払い負担が大きくなってきまして、財政難なわけです。

これによって、課税強化の流れになるわけですけれども、それは消費税アップ、所得税アップになっておりまして、これが相続税強化につながっているわけです。

具体的には基礎控除額の引き下げです。

改正前は「5000万円+法定相続人の人数×1000万円」だったのが「3000万円+法定相続人の人数×600万円」になりました。

相続税が課税されやすくなった、相続税の負担が増えたというわけです。

このような背景がございますから、相続について知っておくべきメリットは大きいわけです。

相続の話を聞いたからといって、家を買わないといけないわけではございませんから、ご興味ある場合は、またセミナー開催する予定ですので、ぜひいらしていただければと思います。



工務店による工務店のための勉強会(KKB)@福岡

工務店による工務店のための勉強会(KKB)@福岡の幹事役をしました。

KKBは工務店による工務店のための勉強会で、全国の工務店がお互いに切磋琢磨して頑張ろうという会です。

今回は先日に私が浜松に伺った流れから、静岡県浜松市を拠点とされる扇建築工房さんの鈴木昌司社長に講師をしていただき、開催しました。

参考リンク:扇建築工房

扇建築工房さんは、でんホームとしても尊敬しておりまして、素晴らしい家づくりをされていらっしゃる工務店です。

KKBという会のリーダー・取りまとめ役をされているのが、この鈴木社長なのです。

KKBの勉強会を福岡で開催しまして、福岡だけではなく、佐賀、熊本、鹿児島の工務店の方もお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

今回の勉強会で感じましたことは、やはり家づくりというのは、それ自体が目的ではなく、あくまで建主の人生のなかの一部であって、あくまで人生の添え物なのだ、だからこそ、幸せな人生にとってプラスになる添え物として、価値ある存在となるべきだということです。

家を建てることで終わりなのではなく、人生のなかで、幸せになるために住まいとして住宅を建てるわけです。

そうだからこそ、10年や20年でダメになってしまう家づくりをしてはなりません。

長期的な視野で、その人の人生にとってプラスとなる価値ある住まいを提供していくべき。

そういう根本的なところを再確認した1日でした。



IKEA福岡開催のキッチンセミナーに参加しました[IKEA福岡新宮]

IKEA(イケア)といえば、知らない方はいないのではないでしょうか。
参考リンク:IKEA(イケア)
デザイン性のある家具などが安く手に入る会社さんです。

個人的には日本進出前にアメリカで行ったことがございまして、ストアの展示形式が部屋がいくつもあって・・・みたいな今のIKEAと同じレイアウトで、これはすごいなと思った記憶があります。

IKEA福岡新宮ができて、早4年だそうです。

私の印象としてはIKEA創業者のイングヴァル・カンプラードがすごい人物だということです。
イングヴァル・カンプラードはスウェーデン南部のスモーランド地方に生まれ、たった一代でIKEAを作り上げた人物で、とにかくすごい人ですね。

まあ、そういうことを思いましたが、今回伺ったのはIKEA主催のキッチンセミナーがあったからです。

セミナーは講師が横田満康建築研究所の代表 横田満康さんです。
早い時間帯はお施主様向けの個人対象のセミナー。
私どもが参加したのが、業者向けのセミナーです。

横田建築さんの試みについてご教授いただきました。

横田建築さんはIKEAのキッチンを使ったリフォームを数多く施工されていて、また原価公開をしてクリーンなお仕事をされていらっしゃいます。

素晴らしい。

お客様のDIYなども積極的にされているそうで、勉強になりました。
また、今回は娘を2人、子ども連れで行ったのですが、IKEAスタッフの方々の心遣いに大変感動いたしました。

子ども連れだと色々と気遣う部分も多いのですが、気さくでフレンドリーな対応頂き、有り難かったです。

ありがとうございます!

社長と2人の部長