「家族の絆を育む家 室見川」の地縄張り&ご紹介

ウェブサイトのページはつくっていましたが、ブログではご紹介しておりませんでした。

「家族の絆を育む家 室見川」という名称で、でんホームの新しい商品としての期間限定モデルハウスを建てます。

「家族の絆を育む家 室見川」ページ

地縄張りをしました。

建物のスケール感がわかります。

敷地は28.6坪とかなりコンパクト。
ビルトインガレージで駐車場1台確保。

コンパクトながらも、上質で快適な住まいです。

場所は「福岡市早良区南庄6丁目」。
地下鉄空港線「室見」駅まで徒歩8分。
原北小、原北中と教育環境も整っています。

色々と良さはありまして、ご興味あれば、ウェブページをご覧ください。

「家族の絆を育む家 室見川」ページ



バックホウで土いじり。土地を掘る。木を植える。

「何でもできますね」と職人さんたちに褒められて、調子に乗ってる感じの竹内正浩です。

何でもできるというよりも、何でもしないといけないというのが現実な気がします。

とはいえ、仕事内容の正確な把握のためにも、何でもしてみないといけないという背景もあります。

そういうわけで、土いじりをしました。

2つの違う場所で、違うサイズです。

最初の現場は早良区南庄。

でんホームの新商品モデルハウス建設の土地です。

バックホウという重機で、土いじりします。

バックホウという重機はご存知でないと思いますけれども、俗に「ユンボ」と呼ばれまして、「ショベルカー」と呼ばれることもあるのではないでしょうか。正確には色々ありますが、バックホウと申しまして、見た目でどんな仕事するかわかると思います。掘ります。

土いじりと申しましたけれども、実際の仕事内容は、敷地内の残置物であるフェンス基礎の解体です。壊します。

端的に申しますと、掘って壊して埋めもどすわけです。
ちなみに壊すには手壊しというか、電動工具で壊しますから、かなりの重労働です。腰痛いです。

なぜ手壊しかと言いますと、バックホウではピンポイントで力がかかりませんから、集中的に圧がかかる攻撃をしないとブロック壊れません。

立っているブロックはバックホウで一発ですが、基礎となると、そうはいかず、かなりのパワーがいります。

土に埋もれて、片面が掘れない状況ですので。

そういうわけで、数時間頑張りまして、仕事終わらせました。

次は西区に外構工事で、土いじりです。

おおむね終わりかけの外構工事ですが、苔貼ったり、細々な雑用しました。

なかなかよさげになってきてます。

サイズは異なりますが、土いじりしました。



木のトイレットペーパーホルダー(紙巻器・小泉誠さんデザイン)がなかなかいい雰囲気

木のトイレットペーパーホルダー(紙巻器)を買いました。

でんホームの新モデルハウス「でんさんち」ですが、基本的には完成したと申し上げて差し支えない状態なのですが、まだ終わってない感がします。

それは備品が完全に揃ってないからです。

細かい点で言うとトイレットペーパーホルダーがない、窓にロールスクリーンなどの遮光器がない、ポットがない、などなどなど。

一般のご家庭で言うと、引越し後に足りないモノがあったような感じです。

なければないで、ある程度なんとかなってしまうので、バタバタ急ぎという感じにはならないのが本当の問題だと自覚しております。

そういうわけで、なるべく早く揃えていこうと検討を繰り返しております。

今回はトイレットペーパーホルダーを買いまして、つけました。

▼木のトイレットペーパー

▼小泉誠さんのデザインです

なかなかいい雰囲気なんです。

難点は上からのおさえがないので、カットしづらいところでしょうか。

とはいえ手で切れますから、特には問題ないですね。

ちなみにこの木のトイレットペーパーホルダーは小泉誠さんデザインです。

小泉誠さんは家具デザインなどを多くされているデザイナーさんです。

参考リンク:公式・こいずみ道具店(小泉誠さんの公式サイト)

僕は小泉誠さんの作品としては、スポットライトを買ったことがあります。
有名なのは家具ですが、家具は買ったことがありません。

KMスポット(小泉誠・こいずみ道具店)開封の儀

どれもちょっと違う、うまくデザインされていて、なかなかに風合いがよいように思います。



新モデルハウス「でんさんち」ようやく完成間近です[でんホーム新モデルハウス記 17]

長らく熱のこもった外構作業をしておりましたが、ようやく完成間近となった、でんホームの新モデルハウス「でんさんち」。

お庭も出来上がって、家という感じになりました。
家具もおおむね搬入されました。

まだ細かい備品やインテリアなどがありますから、最終ではないですね。

基本的にはざっくりと完成という段階ですが、細かい調整やいろいろと小物やら、備品やらを置いて、きちんとしないとです。

お客様のお宅で言いますと、引っ越しと引っ越し後みたいな感覚でしょうか。

今回は引越業者に依頼することはなかったのですが、家財道具を新しい家に持ってきて、使えるように設置する。

新しい住まいに合わせて小物の配置やインテリアをコーディネートする。

意外に時間かかります。

ただ、バタバタと急ぐよりも、多少は時間をかけたほうがいい仕上がりになると思います。

一度、配置を決めてしまうと、なかなか変えるのは手間がかかりますから・・・

意外に完全に終わるのは先が長いのではあります・・・

さな部長の完成検査です。

「庭もよいね」と申しておりました。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます
  9. ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。
  10. そとん壁の下塗り-自然素材の外壁をつくってます
  11. 珪藻土(けいそうど)の塗り壁を一部、自分で塗ってます
  12. 土間コンクリートのハツリ作業しました
  13. 外構作業を地道にしてます。長い道のりです
  14. 御影石の石畳をコツコツつくっています
  15. 屋外給排水工事って何?
  16. 外構作業が終盤です。


外構作業が終盤です。[でんホーム新モデルハウス記 16]

気づけばブログの更新が10日くらい怠っていたことに気づきました。
習慣化まではほど遠い道のりです。
竹内です。

なかなかブログが書けなかった理由は単純です。
ずっと外構作業してたからです。

こんな感じです。

外構作業は肉体労働なので、いい汗かきます。
寝ないときついです。

ついつい寝ちゃいます(笑)。

その反面、生活リズムと健康にはプラスですね。
体を動かして、健康へと近づきます。

PCに向かう時間は間違いなく減りますね。
体力の問題が大きいです。

20代ではないので・・・

努力の甲斐あって、なんとか外構工事も終盤になりました。

熱のこもった外構、庭になっています。

室内も完成間近で時間がかかっていますが、出来上がりつつあります。

早く完成させたいものです。

[でんホーム新モデルハウス記]

  1. でんホーム新モデルハウスを建てます!
  2. 建築確認申請。裏側で時間がかかる手続き
  3. 地盤改良・鋼管杭をしました
  4. 基礎配筋工事とその検査をしました
  5. 基礎ができました
  6. 上棟、建物のプロポーションがわかります
  7. 耐震性、建物の構造の強さについて
  8. 家族経営ですが、施工はきっちりしてます
  9. ミャンマーチークの板材を買ってきた(大川市で)。
  10. そとん壁の下塗り-自然素材の外壁をつくってます
  11. 珪藻土(けいそうど)の塗り壁を一部、自分で塗ってます
  12. 土間コンクリートのハツリ作業しました
  13. 外構作業を地道にしてます。長い道のりです
  14. 御影石の石畳をコツコツつくっています
  15. 屋外給排水工事って何?