住宅会社・工務店の選び方のポイント

髪がすごく伸びてしまっているので、早めにカットして坊主にしようとタイミングを狙っている竹内正浩です。

ずっと坊主だったんですけれども、一度タイミングを逸するとなかなか切ることなく、時間が流れてしまいますね。

さて、昨日はイベントがありました。

資金計画セミナーということで、人生にお金はいくらかかるのか。
住宅にいくらお金を使えばいいのか。
子育てに、老後にお金はどうなのか。

というようなことを日本でもトップクラスのファイナンシャルプランナーさんを講師にセミナーしていただきました。

その後に、本ブログを熱心にお読みいただいている方から、熱いご質問をいただき、熱く放談(笑)させていただきました。

そのなかで、自分で話しておきながら、なかなかいいことを言っているな、と思いましたことがあります。

それは「どうやって住宅会社を選んだらいいのか?」という話です。

住宅会社の選び方は人それぞれです。

外断熱や特別な工法がいいから。
デザインがいいから。
営業の人が熱心だから。
安いから。

色々あります。
人それぞれです。

では、業界人の自分なら、自分がお客様の立場なら、どうやって選ぶか、と考えますと、答えがあります。

それは「誰がやっているか?」です。

自分の家、一生の家を建てる住宅会社は誰がやっているのか。究極的には「人」です。

「A社の営業マンさんは動きが早いし、熱心に通ってくれているから・・・」

その営業マンは契約後も、そんなに熱心に通うと思いますか??
熱心にあなたの家に通うのは契約がほしいからで、契約して、完成後になったら、あなたの家に来たりしませんよ。

そもそもその営業マンは自社がマトモに家づくりしているかどうかなんて、わかってません。
建築のケの字も知らないのが営業マンなので。

住宅ローンと自社のウリと契約はできますけど、家は建てられません。

要は住宅建築をよくわかってない人を信用しているわけです。

僕はそんな人から家を買いたくありません。

真面目で真剣で責任取る覚悟があって、逃げない人。
真摯に向き合って、きちんとした知識を持って、仕事に向かっている人。

そんな人がいいですね。

外断熱でも内断熱でも、どんな工法でもいいんです。
メリットデメリットがそれぞれあるので、真面目で正義感の強い人なら、その人がベストと思うやり方をきちんと考えているはずで、そこは外れないからです。

要は「やっている人を信じられるかどうか」ということが重要なわけです。

たしかに熱心にされるとうれしいですね。
安いとよさそうですね。
外断熱もよさそうですね。

でも、そういうのは枝葉末節であって本質じゃないんです。

熱心にしてる人が大工仕事するわけではないです。
熱心でも、知識なかったら「ウソつき」です。
熱心でも住宅建築は手抜きします。
そんなものです。

熱心さは大切にしたいですが、本当にそれだけでいいんでしょうか?

安い高い、外断熱、そういうことで決めていいのでしょうか?

真面目な人は適正な価格です。
安い高いではなく、妥当な価格なんです。
真面目で正義感あったら、ぼったくりしません。

熱心だからって、真面目で正義感ある高潔な人間とはかぎらないです。
安い高い、外断熱とかじゃないんです。

結局、その住宅会社の人間はどんな人か。
それが大事なんです。

仕事柄、色々な人と会いますし、仕事を発注してますけれども、僕自身も相手の人間性をきちんと見極めていきたいと考えています。

でんホームも現場の職人さん方においてはいくつかの変遷がございましたけれども、それは彼らの人間性だったり、どのような人間かの判断で色々とあったわけです。相性だったりですね。

最終的には、でんホームとして、竹内正浩として、自信をもって住宅建築できているか。

誇りを持って仕事して、その仕事は胸張れるのか?

そういうところではないかと思うわけです。

プライドとか、責任感みたいなところです。

恥じない仕事をしていきたいものです。

なかなか人を見抜く目というのは難しいですし、自分自身まだ至らないところがございますけれども、よりよいかたちにしていきたいと考えながら、動いています。



熊本市に現地調査行きました

熊本市に行きました。
住宅の改修工事の現地調査です。

「えっ、熊本市?施工エリア外じゃないの?」と思われましたでしょうか。

でんホームでは片道1時間以内を目安に施工エリアを決めております。

それで熊本市は片道1時間30分から2時間ですから、明らかな施工エリア外です。

では、なぜ熊本市に現地調査に行ったのかと申しますと、友人のたっての依頼だからです。

基本的にはお断りする内容でございます。

往復3-4時間かかっていたら、協力業者の疲労や仕事時間が長くなるためです。安全管理ですね。

そうなんですが、熊本といえば、ご存知の通り、大地震です。

その大震災のために改修が必要になっています。
実際、この案件も地震での改修案件です。

大規模な地震で、とても多くの家屋が被害を受けておりまして、工事する業者がとても足りない状況なのです。

ご依頼の友人も、熊本の業者を探したそうなんですが、当たっても当たっても、動けない会社ばかり。

それだけ仕事がパンパンなくらい改修必要な住宅が多いということでしょう。

いかんともしがたい状況で、私に声がけされたそうです。

そういう話ですから、一肌ぬいで、友人の役に立てばという思いで現地調査に伺った次第です。

移動費が大きいので、正直割高です。
メインの工種は泊まりこみの想定です。

見積り作成中です。

イレギュラーですが、勉強になります。



ラピュタファーム:こだわりの野菜たっぷりビュッフェで人気のレストラン@田川

ラピュタファームというこだわりの野菜たっぷりビュッフェで人気のレストランに行ってきました。
参考:ラピュタファーム公式サイト

メインはお打ち合わせ中のお客様との打ち合わせですよ。

田川の山を登っていくと、いきなりラピュタファームが、、、

ブドウ狩りできる農園に併設されたショッピングとレストランですね。

板貼りのナチュラルで、ラフな仕上げ。

レストランは平日昼間なのに大人気!!

大勢のお客様が・・・

予約がないとランチできないそうです。

そんなに格安なわけではなくて、ビュッフェで1700円くらいするわけで、なかなかの価格帯です。

野菜が多く、ヘルシーで、色々な種類が多いというのが人気の秘訣のひとつだと思いました。

福岡市内からですと、少し遠いかもしれませんが、プチ旅行気分で行けるレストランです。


ラピュタファームのヤギさんたち



住宅ローンの手続き同行・がんのリスクと三大疾病対応の団体信用生命保険

健康優良児っぽいガタイのいい体格で実際には虚弱体質な竹内正浩です。

本ブログでは何度もこのネタをお話ししておりますけれども、実際にそうですので、ぜひ浸透させていきたいと考えております今日頃ごろです。

さて、今回は住宅ローンの手続きをお客様がされるということで、某地方銀行様の応接室まで伺って参りました。同行です。

主要な件につきましては、特段このようなブログで書く話ではございませんから、同行という職責は果たさせていただいたということでございます。

それで今回、考えたことがありました。

それは住宅ローンとは切り離せない話「団体信用生命保険」です。

団体信用生命保険の話

団体信用生命保険は端的に申し上げると、住宅ローンを借りている人が亡くなった場合、住宅ローンが免除される保険です。生命保険ですね。

これは一般的には住宅ローンを組まれる方がみなさん入る類の保険です。

ただ、今回気になったのが、三大疾病対応のオプション保険です。

がん、脳卒中、心筋梗塞の三大疾病になって、所定の事由で住宅ローンがゼロ、免除という内容のオプション保険がございます。

これはこれでお得だなと感じるのですけれども、金利が0.2%上乗せということで、0.2%は小さい数字ですが、住宅ローンの金額が何千万円もしますから、金額にすれば結構大きな金額になるわけであります。

基本的には保険ですから、単に疾病に罹患しただけで借金チャラというわけにはいきません。事実上の就業不能状態というか、動けなくなる、実質的には寝たきりというような重いケースが対象となります。

うまい話はないわけですね。

ただ、気になる部分が。

「がんと診断されたら住宅ローン残高が0円に!」

というわけです。

•住宅ローンお借入日から91日目以降に、生まれて初めてがん(悪性新生物)にかかり、医師により診断確定された場合、診断確定時点のローン残高相当額を保障します。

•初期のがん(悪性新生物)でも進行程度にかかわりなく保障します。その後、完治した場合も住宅ローン残高は0円のままです。

ということで、おいしい話なのかどうかはよくわからない話ですけれども、住宅ローン借りて、ガンになったら借金チャラという話で、よさそうに思えます。

というわけで、調べてみました。

三大疾病対応の団体信用生命保険の裏側を考える

国立研究開発法人国立がん研究センターがん対策情報センターによりますと、

参考リンク:http://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/dl/index.html#incidence

全国年齢階級別推定罹患数は2012年のデータで、

0-4歳 881
5-9歳 476
10-14歳 518
15-19歳 820
20-24歳 1,455
25-29歳 2,791
30-34歳 5,365
35-39歳 11,141
40-44歳 18,313
45-49歳 25,570
50-54歳 34,507
55-59歳 53,651
60-64歳 104,031
65-69歳 113,999
70-74歳 132,556
75-79歳 137,774
80-84歳 113,043
85歳以上 108,347

全国で865,238人ががん罹患されるという計算になります。

これは一年間での新規のがん罹患数ですから、各年齢レンジでの一年間における発生率という見方でいえば、わかりやすいような気がします。

特筆すべきは60代以上の各年齢レンジでの罹患数は100,000を超えています。

一方で、55-59歳で50,000。
50-54歳で34,500。

35-39歳では11,141となります。

対人口10万人での罹患率も同じデータベースにあったのですが、

30-34歳 68.5
35-39歳 118.3

50-54歳 449.4
55-59歳 674.5
60代以降は1,000を超えています。

わかりやすく言えば、がんに罹患するリスクは年齢とともに上昇するというわけです。

反対に住宅ローンは年齢とともに減っていきます。

ただ、罹患リスクが高まれば高まるほど、住宅ローンの残債は減りまして、実際にがんになったときには、ほとんどローンがない状態ということもありえるわけです。

とは言うものの、リスクの低い年齢の若い世代だったとしても、がんになる可能性がありますし、そのためにリスクに対処するための保険があるわけです。

ですので、結論としましては、自分のリスク許容度を鑑みられて、がんリスクにどう対処すべきか、入るべきか入らざるべきか。

そういうことを考えられるのがよろしいかと存じます。

最終的には自己責任の自己判断の話ではあろうかと思います。

そんなことを思った日でした。



TOTOショールームに行ったら、同じ仕様で性能がアップしてました

太っているので、甘いモノを控えようと思っているのに、高速道路のサービスエリアでパン買ったときに、あんドーナツも買ってしまった竹内正浩です。

少食がいいらしいのですけれども、それに慣れるまでが大変ですよね。

TOTOショールーム福岡に行ってきました

さて、先日、お客様との設備機器の打ち合わせでTOTOショールームに行ってきました。

TOTOショールーム福岡はキャナルシティにあります。

藤本もブログ記事にしております。
設備機器の打ち合わせで キャナルシティにある、TOTOさんのショールームへ。 | でん(藤本香織)ブログ

週末ということで、ショールームはお客様でいっぱいでした。
すごいです。

実際に予約しようと思っても、週末・休日は2週間先まで予約がいっぱいだそうです。

それで今回、驚いたのが同じ仕様で性能・機能がアップしているということです。

TOTOショールームに行ったら、同じ仕様で性能がアップしてました

同じ仕様で性能・機能がアップということは、同じグレードですから、定価アップしていなければ、ほぼ同じ価格で純粋に性能・機能がアップしたものが手に入るという意味でして、すごいいいことですね。

それでTOTOというと、水回りの設備機器です。

でんホームではトイレ、ユニットバス、洗面台がメインです。

驚いたと申しましたが、ほとんどのところで基本的にはあまり変更はないので、ちょっとした変更くらいで「ふぅーん」という感じでございます。

それで、今回のヒットはユニットバスです。

まず、「ほっカラリ床」というユニットバスの床は以前からありました。
下に断熱材があって、あったかい(ほっと)。
プラス、形状が水切れいいようにつくられている(カラリ)。

それに加えて、汚れ落ちがいいように改良されてました。

床の表面に親水特殊処理していて、汚れがついても、水を使って軽くこすれば汚れがスッキリ、という汚れ対策がなされているのです。

これはなかなかよいですね。

さらにカウンターが変わっていました。

これまでカウンターといえば、壁とくっついていました。
まあ、当然な気がします。

それがカウンターが壁と離れたのです。

「お掃除ラクラク カウンター」

壁とカウンターの取り合いのところがどうしても汚れがちです。

それが壁と離れていることで、カウンター奥もサイドも洗い残しなし。

お手入れがカンタンに。

このようなかたちで、どんどん改良、進歩していっています。

私たちも同じように改良、進歩していかなければなりませんね。