工務店による工務店のための勉強会(KKB)@福岡

工務店による工務店のための勉強会(KKB)@福岡の幹事役をしました。

KKBは工務店による工務店のための勉強会で、全国の工務店がお互いに切磋琢磨して頑張ろうという会です。

今回は先日に私が浜松に伺った流れから、静岡県浜松市を拠点とされる扇建築工房さんの鈴木昌司社長に講師をしていただき、開催しました。

参考リンク:扇建築工房

扇建築工房さんは、でんホームとしても尊敬しておりまして、素晴らしい家づくりをされていらっしゃる工務店です。

KKBという会のリーダー・取りまとめ役をされているのが、この鈴木社長なのです。

KKBの勉強会を福岡で開催しまして、福岡だけではなく、佐賀、熊本、鹿児島の工務店の方もお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。

今回の勉強会で感じましたことは、やはり家づくりというのは、それ自体が目的ではなく、あくまで建主の人生のなかの一部であって、あくまで人生の添え物なのだ、だからこそ、幸せな人生にとってプラスになる添え物として、価値ある存在となるべきだということです。

家を建てることで終わりなのではなく、人生のなかで、幸せになるために住まいとして住宅を建てるわけです。

そうだからこそ、10年や20年でダメになってしまう家づくりをしてはなりません。

長期的な視野で、その人の人生にとってプラスとなる価値ある住まいを提供していくべき。

そういう根本的なところを再確認した1日でした。



扇建築工房さんの事務所へお邪魔しました[京都・浜松出張記6]

扇建築工房さんは浜松市、静岡県西部で自然素材の木の家を建てる工務店。
世間一般としては知名度は低いかもしれません。

リンク:扇建築工房

ただ、でんホームも同じように自然素材の木の家を建てていますが、扇建築工房さんは本物志向の自然素材の木の家を建てる工務店・住宅会社業界では、とっても有名で全国的に知られています。

扇建築工房さんは設計事務所ばりのデザイン性が高く、本物志向の自然素材を使った高級注文住宅のブランドとして確立されています。

平屋が多く、とっても美しい木の家を建てられています。

現場やお住まいには伺う機会がなかったので、写真はありませんが、扇建築工房さんのホームページから。

お値段も「相応に」お高い感じです。

同業者目線で「ほーっ」となるこだわりをいくつも実現されていらっしゃるところがすごいですね。
勉強会の幹事をされていたのが、扇建築工房の鈴木社長。
その流れで、扇建築工房さんの事務所へお邪魔しました。

外壁も建てられる住宅と同じく漆喰塗りとのこと。
最近は焼杉を外壁によく使うそうです。

事務所内はこちら。

漆喰の塗り壁と天竜杉の柱がきれいです。

扇建築工房さんおすすめの木の椅子が置いてあったり・・・

広い土間が和っぽいテイストななかで、薪ストーブのアメリカンが入った、和っぽさと洋の混在。

扇建築工房の鈴木社長様には長い時間お付き合いいただきました。

ありがとうございます。



でんホーム竹内の作業服(作業用の制服)はこうなりました。作業服のデザイン研究。

デスクワーカーという雰囲気を出しつつも、土木や建築の現場作業もします竹内正浩です。

これまで、ちょいちょい土木・造園・建築といった各種現場で現場作業をしたり、お手伝いしたりしてきました。そういう現場作業をするたびに考えることがあったんですね。それは・・・

どんな作業服を制服にするか?

です。

それについて答えが見当たらず、徹底的に考えることもなく、惰性でやっておりましたので、汚れてもいい服装+ジャージみたいな恰好で作業してきました。すみません。。。

それで今回、作業服についての結論が出ましたので、ご報告いたします。

作業服の問題点

そもそも、私がなぜ、作業服選びでこんなに問題に思っているのか、と申しますと・・・

私が作業服のデザインについて、自分の美意識と相いれないんですね。

それに加えて、なんで作業服選びについて問題意識を持っているのかの別の理由があります。

それは、ダサい仕事には若者は就労しない、という現実です。

今、建設業界は若手人材が不足しています。
若者で建設業界に入りたい、職人になりたいという人がいないわけです。
60代、70代の人が現役で、20代30代がすごい少ない業界です。
今はまだいいとしても、今後10年、20年が難しくなってきます。

そういうなかで、業界としてはやはり、低賃金に加えて、3K(きつい、きたない、きけん)なわけです。
それだけでもダメっぽいにおいがしますが、さらにダサいとくれば、致命的です。

その一方で、低賃金にもかかわらず、若者の流入の多い、魅力的に思える仕事の代表格が「アパレル」です。

それは、ダントツにカッコいい仕事だからだと思います。

もちろん、そこまでカッコいい仕事にはならないでしょうし、3Kは否定できないので難しい面もありますし、何より、私一人が何かしたところで、大した影響はないでしょうが、少しでも住宅建築業界をよい方向に変えていければと思っています。

で、どういう作業服を選んだか?

作業服を選ぶ上で、色々な作業服ショップに出向いて、いろんな作業服を見ました。
そうやって、服のデザインを分析してみました。

・服のフォルム、スタイル、シェイプ
・生地の織り方
・縫われている糸の色、意匠
・ポケットなどの外に出てくる機能面の処理
・意図的なデザインそのもの

これらの要素が複合的に絡まって、服のデザインが構成されているのだと分析しました。

それで、作業服を色々と模索したのですが、納得いくことができませんでした。

そこで、ネットサーフィンして、色々と調べてみると、興味深いことがわかりました。

日本における作業服のボトムスは大半が「カーゴパンツ」というカテゴリに属しているんですね。

▼カーゴパンツ
500px-Cargo_pant,_female

作業服といえば、こういうズボンをイメージされることもあるかと思います。

これが、なぜ、日本で主流を占めているのかという経緯についてはちょっとわかりませんでしたが、「カーゴパンツ」というその名の通り、そもそも論としては「カーゴ」つまり、貨物であって、「カーゴパンツ」は貨物船で荷役作業に従事する人向けの作業服であったわけです。港湾荷役業務の作業服がなんでまた、建築業界にも浸透しているのかの理由はわかりませんが、そもそもの発祥・起源としてはそういうことなわけです。

そういう起源について知ると、ふと気づいたわけです。

ジーンズはゴールドラッシュ時代の鉱夫用の作業服だ、と。
雑学の範囲ですが、ジーンズの起源を知っていて、ゴールドラッシュに湧く北米の鉱山で働く多くの鉱夫のために、丈夫な作業用ズボンとして、リーバイ・ストラウス社が出したものがジーンズのはじまりだったわけです。

鉱夫の仕事は、土や岩など、金鉱を掘ることですから、土木系にあたります。
港湾荷役系の服と、鉱夫系・土木系の服であれば後者が近いわけです。

そのような背景がわかったことで、アメリカの建築業界に目を広げてみました。

すると、アメリカの大工さんのファッションが目を引きました。

▼アメリカの大工さん画像
IMG_8649

なんとなく、シンプルでカッコいいですよね。
デザイン・デザインしているわけでなく、自然で素朴でカッコいい。

そういうわけで、色々長かったですが、でんホーム竹内の作業服(作業用の制服)はこうなりました。

2016-04-16 10.01.24

今後、色々と変更あるかもしれませんが、当面はこんな感じで作業します!
よろしくお願いします!



コスパのいい家の建て方

先日、スターバックスに行きました。
そのとき、「カスタマーズヴォイス」というものに当選しました。
確率は1/50とも1/1500とも言われているそうです・・・。

それで、アンケートに答えるとどうなるかと申しますと、「トールサイズなら、なんでもタダ」になるみたいです。ヒャッホー!

20150209165907

というわけで、メニューのなかでも一番高そうなコーヒー&クリームフラペチーノにしました(470円)。

ゼロ円です。うれしい!

20150209165920

このようなテンションの高さからもおわかりかと思うのですけれども、私、竹内正浩はケチでございます。いや、単にケチなわけではないですので、わかりやすく表現すると、コストパフォーマンス(コスパ)をもとめるタイプ、、、というわけです。

コストパフォーマンスは「価格<価値」で判断して割安なものが好き、、、というわけです。

ですので、単純に価格が安いだけでは、コスパがいいかどうかわからないです。価値が高くて、それに比して、価格が安いとコスパが高くて、割安。すごいいいわけです。

ケチと申しましたが、コスパ重視派というわけですね。

そんな私、竹内正浩が総務をしておりますので、でんホームは大変コスパの高い家を提供しているものと考えています。
あくまで、でんホームの家の品質・内容をベースにコスパが高いわけです。

常々、私は機会あるごとにお話していることがあります。

それはコスパのいい家の建て方です。

コスパのいい家の建て方

住宅業界で最もコスパが高い家の建て方とは何でしょうか?

それは

「その住宅会社・工務店が最も得意とする家のテイスト・イメージ・仕様で建てる」

ということです!!

たとえば、無垢の木を多用したり、漆喰・珪藻土などの塗り壁を使ったり、木製サッシを多用している住宅会社(たとえば、でんホーム)なら、そのような家を建てるのが最もコスパが高いです。

また、たとえば、ローコストで値段がウリでビニールクロスでアルミサッシで、、、という工務店なら、そういう家を建てるのが最もコスパが高いです。

反対にコスパの悪い建て方は、こだわりの高品質住宅を建てている会社にローコスト住宅を依頼することだったり、ローコストがウリの工務店にこだわりの注文住宅を依頼することだったりします。要は、その住宅会社・工務店が得意とする家ではない家を建てるということが、最もコスパが悪い建て方です。

あと、付け加えておくと、その会社の施工事例を見たときにテイスト・イメージに一貫性がない会社はコスパが悪いです。

なぜでしょうか?

なぜ、その会社が得意とする家を建てるのが最もコスパが高いのでしょうか?

なぜ、その会社が得意とする家を建てるのが最もコスパが高いのでしょうか?

それは「その会社が一貫したテイストの家を建てているからこそ、そのテイストでコスト最適化するから」です。

たとえば、でんホームの家は安いかと言われれば、安くはないです。一般的な相場からすると、高いです。ただ、コスパの面から見てみますと、この部材、品質でこの価格は安い!という非常に高いコスパです。さすがに、ケチでコスパにうるさいコスパ重視派の私が総務をやっているだけありますと言えます。

具体的に申し上げますと、まず、超高級の木製サッシが標準仕様で、高気密高断熱住宅で、無垢フローリングが標準で、自由設計の注文住宅で、細かいところもきれいに美しい設計をしていますし、建具もすっきり造作で、、、と話せばキリがないんですが、非常に高品質の仕様をかなり割安に建てることができます。

それは、でんホームがこのテイストを一貫して建てると決めているからできることで、実際には、各業者さんやメーカーさんと交渉をして、標準的に使用するから安くしてもらっているということがあります。

実際に、私たちでんホームの使用している部材は特殊なものが多いので、たとえば、他社さんが「この木製サッシだけ使いたい」ということをメーカーに言っても、すっごい高い金額になりますから、コスパが悪いですね。結局は、その時だけの付き合いの人には「その時だけの人用」の金額になるからです。水面下でいろいろがんばっているのでございます。

ということがございますので、でんホームはこだわりの木の家に特化・最適化しておりますので、反対に「ローコスト住宅を建ててください」と言われましても、なかなか割高になってしまいます。

できないことはないですが、正直、金額の割安さで言いますと、ローコスト専門の方々のほうが安いです。なぜなら、ローコストの仕様や設計、使っている部材はほとんどが異なるからです。

絶対的な金額がロー(低い)なので、使っているものも金額の低いものを多用しているんですね。私どもがほとんど使わないような部材を使っていたりしますので、仕入れ値がどうしても割高になってしまうんです。現実としましては。

ですから、ローコスト専門の工務店ないし住宅会社が、私どもと同じような家を同じような金額で建てられるかと申しますと、それは難しいでしょうね。ローコスト専門店はローコストの仕様に特化しているから安いんであって、何でも安いわけではございません。あくまでローコストの部材を使用した場合にかぎるわけです

ローコスト専門店の方々は、自社がメインで標準仕様として使う部材や仕様に対して、業者さんやメーカーさんと交渉して安いのであって、通常使わない部材に対してはとりたてて安くないわけです。むしろ高い。

そのため、ローコスト専門店が私どもの仕様で同じような家が建てられるかと言いますと、かなり厳しいでしょうね。そもそものそもそもとして、同じような設計ができないでしょう。

家を建てるための設計図の難易度が劇的に高いので、外注することになりますから、設計コストが高いです。簡単に言いますが、設計コストって、とても高いです。

加えて、部材の仕入れですが、特殊部材が多いので、高いです。いつも使っているものではないので「初めて」ばかりで大変苦労します。それでいて、安くないです。私たちはいつも仕入れているものでも、単発の仕入れなので高いです。

ということで、ローコストだからといって、コスパのよい割安な家をいつも建てられるわけではありません。ローコスト専門店の方々は、ローコスト住宅を建てる上ではコスパがよい、割安な会社になりますでんホームはこだわりの木の家を建てる上で(あくまで私どもの標準仕様に則った住宅ですが)、コスパのよい、割安な会社と言えます

ちなみに、その会社の施工事例を見たときにテイスト・イメージに一貫性がない会社はコスパが悪いです。これまでの話でもおわかりかと思いますが、標準仕様として「いつも使うもの」という話で割安にできるのであって、「今回はこれ」「次回はこれ」という感じでコロコロと変えていくのであったら、安くする道理はありませんので、仕入れが安くならないんですね。テイストに一貫性がないということは、標準的に使うものが決まってないということで、安くならないんです。どの家でも安くはならないですね。

ですので、何でも安いわけではないです。
その会社の得意不得意があるわけです。

ご参考になれば。



新潟に行ってきました。もちろん、住宅会社の視察です。

深く眠れたかどうかは思い込みや暗示の効果が強いということで、「いつも深く眠れている」という暗示をかけようと思っておりますが、基本的にはロングスリーパーな竹内正浩です。

さて、いきなりですが短期出張な感じで新潟に行ってまいりました。

新潟と言いますと、上越、中越、下越ということで、それぞれは京都からの距離を示唆しておりまして、上越が南のほうにあるんですね。位置的に上だから、上越ではないです。位置的に上なのは下越となります。

というようなトリビアを混ぜながら、何をしに新潟に行ってきたのかと申しますと、住宅会社の視察です。

私ども、でんホームが目指す住宅会社を実現されていらっしゃる会社様が新潟にいらっしゃいますので、その住宅会社を視察させていただきに伺ってきました。

■住宅会社を視察しての感想

やはり新潟は気温が低く、日射も少ないとのことで、長岡市にいたっては積雪が2m近くにもなる場合があるということです。それは、つまり、寒さに対する住宅への要求が高いということです。寒くない住宅、断熱性の高い住宅、そういうものがニーズとして強いわけです。ただ、それが大切というよりも、基本であって、それがないと相手にもならないという具合です。

20140522165953
▲ママさんダンプ

上の写真は「ママさんダンプ」と呼ばれるもので、雪をかき出す道具だそうです。福岡ではそういう品物は見ないですよね。新潟では一般的なものだそうです。

福岡はそこまでの寒さ、積雪があるわけではないので、決定的なポイントは違うように思うのですが、基本的な快適さという点で、断熱性の高さや快適に過ごすことのできる性能は重要な気がします。

また、視察させていただいた住宅会社様の姿勢は明確なポリシー、つまりは「うちの会社はこういう家がいいと信じて提案しています。安くはないです。でも、いい家です。どうですか?」という感じで、安売りしていないとのことです。

それは、相応の仕様であれば、それなりの価格になるという意味で、決して高く売ろうという意味ではないです。高い品質で高い仕様であるからこそ、それなりの価格ということです。

安く安くというのでは、住み心地がよいとはいえない家、本当に価値があるとはいえない家、愛着の持てない、単なる家。そういう家になるのではないでしょうか。

それは私も安く手に入るものなら、安くしたいものですが、よい家に住もうと思うと、どうしてもそれなりに価格がかかるものです。それを十分にご納得いただけるように価値をお伝えできるようにならねばならないと感じました。