TOTOはチームワークの勝者-TOTO創立の歴史から学ぶ

TOTOはチームワークの勝者。
僕はそう感じました。

100年以上の歴史を誇る大企業TOTO。

▼TOTO本社。社長室もあるらしい
TOTO本社。社長室もあるらしい

その本社と小倉第一工場のそばにあるのが、TOTOミュージアムです。
TOTOミュージアムは創立100周年を記念して建てられました。

▼TOTOミュージアム外観
TOTOミュージアム外観

本社と小倉第一工場の敷地はなんと148,716平方メートル。
東京ドーム3個分を超える規模の広さ。

業績を見れば、その好調ぶりがわかります。
売上高5738億円、経常利益493億円。
一般的な知名度も高く、ブランド力のある企業です。
一方で、その歴史を紐解くと、強烈な創業一族の存在が浮かび上がってきました

▼TOTOミュージアムエントランスホール
TOTOミュージアムエントランスホール

強烈な事業家・森村市左衛門

TOTOにおける、日本のセラミックス業界における、重要なキーパーソンは6代目・森村市左衛門です。

6代目・森村市左衛門は7歳で母を失い、13歳で呉服商・笹山宇兵衛の小僧となります。16歳の時に江戸の大火により屋敷・家財を全て失い、五郎兵衛町に転居するも、翌1855年の安政江戸地震に再び焼失したため銀座三丁目に賃居し、震災の片付け人足としての労働の傍ら、夜は銀座で露店を出し煙草入や財布を売ったそうです。

財を成し、1858年の日米修好通商条約締結による開港を受けて、翌年から横浜で外国人の洋服・靴・鉄砲・懐中時計などを仕入れ、土佐藩・中津藩などに販売を始めます。

▼ウォシュレットの初期型
ウォシュレットの初期型

明治維新後、その資金を元に様々な事業を行ったが、ほとんどが失敗し破産。

そこから戊辰戦争関係での馬具製造工場の経営をはじめ、成功。借金の返済に成功します。1876年に弟の森村豊がニューヨークに渡ることを決めたことで、森村組(現・森村商事)を設立しました。

一方で、妹婿・大倉孫兵衛は日本橋で老舗の絵草紙屋を経営していたが、間もなく森村組に参加します。

1800年代末までの事業としては、骨董や陶器、日本の雑貨・工芸品を輸出しており、当時アメリカでの生産がほとんどなかった陶磁器が大きく成長します

▼森村組についての展示
森村組についての展示

1882年に陶磁器の輸出に将来性を見出し、小売から卸売に転換。
1893年には名古屋に専属窯を設けるようになり、大きく成長していきます。
1899年、当時はグレーがかった色味だったので、白色硬質磁器の製造研究を開始します。
1904年、日本陶器合名会社(現在のノリタケカンパニーリミテド)を設立します。
1921年にはディナーセットの対米輸出が6万セットを超えたそうです。
1914年日本の陶磁器輸出に占める日本陶器社製品の割合は40%以上となったそうです。

このような背景から、硬質磁器の製造技術を活かして1919年には日本碍子株式会社を設立します。
衛生陶器については1912年から研究を行い、1917年に東洋陶器株式会社(現・TOTO)を設立します。

TOTOの始祖・大倉和親

TOTOは、そもそもは森村ファミリーの一員であった妹婿・大倉孫兵衛の子、大倉和親が父とともに1903年、製陶技術の視察のためにヨーロッパ視察をした際、清潔感のある真っ白な衛生陶器に出会ったことがきっかけでした。そこに将来性を見出した彼は上下水道が未整備の時代に衛生陶器開発をスタートします。

▼TOTO初代社長・大倉和親
TOTO初代社長・大倉和親

日本陶器合名会社(現・ノリタケカンパニーリミテド)の製陶研究所が母体となり、国産第一号の水洗便器を製造。原材料の調達、燃料である石炭の調達、門司港があり輸出にも便利ということで、福岡県企救郡板櫃村(後の小倉市、現・北九州市小倉北区)に約17万平方メートルの土地を購入して工場を建設しました。

欧州の製品を超え、世界進出する旨の目標が設立当初からあったことが、その先見性と目標の高さがうかがえます。

6代目・森村市左衛門という、日本銀行監事に就任するほどの強烈な大事業家のリーダーシップと資産を背景に硬質磁器の事業展開を図っていったのがTOTOのスタートと言えるわけです。

現在は森村グループということで、「世界最大のセラミックス企業グループ」を形成しており、TOTO、日本特殊陶業、日本ガイシ、ノリタケカンパニーリミテドという東京証券取引所一部上場企業の中で陶磁器売上高上位5社のうち1、3~5位を占めています

▼六代 森村市左衛門の展示
六代 森村市左衛門の展示

TOTOを含む森村グループ

ただ、注目すべき点としては、現在のマネジメント状況を鑑みますと、森村グループというつながりを持ってはいますが、森村一族の直接的な支配は森村商事株式会社にとどまっているということです。

森村商事株式会社自体も、売上高778億円という大きな会社ではありますが、日本碍子株式会社の売上高4000億円、経常利益645億円。日本特殊陶業株式会社の売上高3729億円、経常利益555億円と比較すると、せっかくの森村財閥がもったいない気もします。

通常の事業家としては創業者が強烈なリーダーシップで規模を拡大。その後は創業一族が年数を経ても一族として現在もリーダシップと一定の資本を持っているのがよく見られるパターンです。

たとえばトヨタ自動車は豊田氏が社長となり一族がリーダーシップをとっています。竹中工務店は竹中一族がリーダーシップをとっています。

▼ネオレストNX。定価57万円也。
ネオレストNX。定価57万円也。

ただ、今回話を色々と聞いてみると、どうやらTOTOはそうではないということがわかってきます。

現在、TOTOの主要株主は明治安田生命やTOTO自社、日本生命、三菱東京UFJ銀行や積水ハウス、外資その他ということで、森村一族による支配というわけではないのです。

それはTOTOだけではありません。

ノリタケカンパニーリミテドも明治安田生命が筆頭株主で、第一生命、三菱東京UFJ銀行、TOTO、日本生命、東京海上日動火災、取引先持株会が主要株主です。

日本碍子株式会社も、第一生命、明治安田生命、三菱東京UFJ銀行、日本生命、外資その他が大株主。

日本特殊陶業株式会社は第一生命、明治安田生命、三菱東京UFJ銀行といった面々が大株主。

総じて申し上げれば、これらの会社は「生命保険の預け入れ金の運用先」となっており、森村一族の強烈な支配的リーダーシップがとられているというわけではないのです。

もちろん、森村グループということで、森村一族によるリーダーシップは行われているものの、資本的な支配やコントロールは手放されているところに、森村一族の思想が見て取れるように感じます。つまりは「カネだけではない、何か」があるというわけです。

▼ネオレストNX。使ってみました。
ネオレストNX。使ってみました。

森村市左衛門の思想

純粋に資本的な支配をしていれば、森村商事が小さいとは言えない規模の売上778億円だけではなく、TOTO5738億円、日本ガイシ4000億円、日本特殊陶業3729億円、ノリタケ1088億円の合計1.5兆円の直接的影響力を持てていたわけですから。

6代目・森村市左衛門の思想をいくつか拾っていきますと「海外貿易は四海兄弟万国平和共同幸福正義 人道の為志願者の事業と決心し創立せし社中也」「私利を願はず一身を犠牲とし後世国民の発達するを目的とす」という高い目的というか、意思が見えてきます。

TOTO、日本碍子、日本特殊陶業、ノリタケなどの森村組から派生した森村グループはたしかに、6代目・森村市左衛門という強烈な存在があったからこそ、発展を遂げたと考えられます。

ただ、その一方で、創業家の強烈なエネルギーはあったにせよ、彼らの発展は森村一族だけではなしえていないということも垣間見えます。そこで働く人たちのチームワークによってその勝利がもたらされたのではないでしょうか

6代目・森村市左衛門という波瀾万丈の人生を送った大事業家とともに、その名を歴史に残してはいないけれども、事業を発展させるべく懸命に奮闘していった、そこで働くチームの努力が実った現状。それがTOTO創立の歴史なのだと感じました。



柳川の金子工務店さんを訪問

人生初の食中毒から立ち直りましたが、また同じような症状で苦しんでおります竹内正浩です。

体調が悪いとネガティブ思考になってしまいますね。
トイレに何度も駆け込むと、それだけで疲労感がすごいです。
そんな近況です。

さて、先日は福岡県柳川市にある金子工務店さんを訪問しました。
リンク:金子工務店

柳川市というと、うなぎが有名ですね。
福岡市からは1時間半程度。

柳川市の営業範囲は久留米がギリギリだそうで、大牟田などの福岡県南部が主要なエリアだそうです。

2年ほど前に事務所を新築。
今年に金子専務のご自宅を新築されたということで、拝見させていただきました。

金子工務店さんの新事務所

入るときに気づくのは、麦畑の借景。
景色が絵になりますね。

右手は応接スペース。
社長夫人の20年ものキャリアが光る「粘土でつくる造花」。
本物に見間違えるほどの精巧さですごいです。

左手は事務所スペース。

木をふんだんに使いながらも、ラフな建築材料そのままを見せる、木質すっぴんな空間。
いいですね。こういう事務所が欲しくなりますね。

金子専務のご自宅

金子工務店の専務のご自宅は基本設計が丸谷博男さん。
住宅建築家として有名な伊礼智さんという方がいらっしゃるんですが、伊礼智さんのお師匠さんがこの丸谷博男さんなんですね。伊礼智さんは何冊も本を出されています。

その丸谷博男さんが基本設計。でんホームの床材(フローリング材)としても、ほとんど入れています杉岡製材所さんの杉の床。外壁は、でんホームでもおなじみ「シラスそとん壁」。
リンク:杉岡製材所

使われる素材もこだわり、家づくりにもこだわりが感じられるご自宅ですね。

お時間いただき、ありがとうございました!!



建設現場で働く職人組織をつくるには?『新たな“プロ”の育て方』原田宗亮(著)を読んで

現代の建設現場はどんな感じだと思いますか?

実態としては、40-50代以上、60代を中心とした”おじさん”職人の職場です。
それはやはり建設労働者の高齢化が進んでいるからです。

そのために潮流としては建設労働者として、外国人が採用されることが多くなってきています。

私のいる福岡では、そこまでのムーブメントではないですが、関東を中心として、建設現場で外国人を職人として見かけることが多くなっているそうです。

そこで、女性活躍が出てきたり、若者に建設業に来てもらおうということが叫ばれているわけです。
これが進んでいくと、建設現場での職人不足が進むことになり、建設業自体が厳しい、建物が建たないということになりかねません。

そのようななかで、本書の著者・原田宗亮氏の経営する原田左官工業所は若者や女性が活躍する左官屋さんということ。

これは建設業ではありえない、すごいことです。

そのノウハウが本書にあったので、参考にさせていただきます。

若者の育成について

建設業は3Kです。
きつい、汚い、危険。

なかなか採用できない、採用してもすぐに辞める。
これが普通です。

「モデリング」という手法で、経験ゼロから一か月でプロの入口に立つことができ、定着がはかれるそうです。

一般的には「見て覚えろ」。
下積みばっかりで、やる気をなくし、おこられるので100人に1人しか残らない。
そんなのが建設業界の常識です。

ただ、これからは職人の世界でも「しっかりとした人材育成のプログラム」を整備する時代になったというのが著者の持論。

「モデリング」とは、現場に出る前に壁塗りをトレーニングすることです。
新人は最初の一か月、トレーニング場で練習用のベニヤ板を繰り返し塗る訓練を受けます。
左官の名人が塗っている姿を撮影したものを見て、作業手順や塗る動きを真似るトレーニングです。

これらを通した一連の人材育成プログラムがあるからこそ、新人職人の若者が辞めないのです。

女性の活躍について

原田左官には女性の職人が社員として8名在籍されているそう。
そのために、社内に女性専用の更衣室や休憩室を設け、また育児休暇を制度化。
女性が働きやすい職場をつくることを目指されています。

復帰してから慣れるまで10時から16時で、週4日勤務にしたこともあるそう。

職人的ライフスタイルを大切にしつつ、しっかりとした労働環境を整えて、働きやすい職場をつくることが大切のように思いました。



産業廃棄物処理から、キッチンハウスまで。住宅会社の総務は何でもします。

住宅会社・工務店というと、どのような仕事をしていると思いますか?

家を建てたいお客様と接客して、打ち合わせ。
イメージを設計で具体化させて、建てる。

こういう仕事が全体的な感じなのですけれども、現実には複雑でして、それらに付帯する仕事が色々とございます。

単純なようで、簡単にはいかないという話でして、それはもちろん何千万円もする家という資産を作り上げるわけですから、そんなにイージーなはずはないのですけれども。

それにしても、色々な仕事が実際にはお客様の目に触れないところで行われているのであります。

たとえば、関連業者間での打ち合わせ。

キッチンハウスにまたまた来ています(笑)。
キッチンハウスは高級システムキッチンのメーカーさんでして、私はお遊びで来ているのではございません(笑)。
複数名での充実したミーティングを行いました。

そして、もちろんお客様との打ち合わせ。

日曜日はTOTOさんのショールームに同行いたしました。
キャナルシティにあるのですが、キャナルシティ自体もすごい人。
TOTOショールームも基本的には土日は接客がパンパン。
ということで、ショールームの方の接客は当初はなかったのですが、融通つけていただきまして、ショールームの方にご同行いただけました。

助かりました。
ありがとうございます。

私もTOTOショールームに何度も訪問しまして、商品知識はそれなりにございますけれども、何と言ってもTOTOさんの人間ではございませんので、知らないことも多々ございます。

あと、でんホーム鳥飼モデルハウスに行ったら、雨がかからないので、木が枯れていまして・・・

やりかえが必要でしょうか・・・
そういう仕事もでてきますね・・・

そうそう、iPhoneをメインで使っているのですが、ガラケーも1台追加しました。

ずっとスマホだったので、すっごく久しぶりにガラケーです。

なかなか慣れませんね。

色々な事情がございまして、ガラケー追加となりました。
基本的には通話専用機ということで、ネットはほぼ使いません。

とはいえ、LINE含めて、ガラケーでもネット使わせようという圧力がものすごいですね。
そういう流れなんですね。

あと、産業廃棄物の処理です。

建設物のゴミは産業廃棄物ということで、処分しなければなりません。
当然ですが。

そういうのも細かく、内容によって処分できる場所が違ったりするんです。
色々あるんですよー。

あとはちょっとした資材を買います。

ほんのちょっと足りない、とか。

ちょっとだけほしい、とか。

そういう細々した建設資材は都度、買わないといけないので、意外に手間がかかります。

そんな感じで想像以上に移動が多いというのが、この建設業・住宅会社・工務店業界なのではないでしょうか。

これらの業務以外にも、建築中の現場確認(これはメインっぽい仕事ですね)やら打ち合わせやら、ございます。

もちろん、ここでは写真掲載しておりませんけれども、建築中の現場に入り浸ったり、現場の職人さんにダメ出ししたり、与太話したり(笑)、
今後建築していただく予定のお客様や、どこの住宅会社・工務店で建てようかと検討中のお客様ともお話します。

そんな感じで、工務店の総務は何でもしてます。



第1回 家づくり勉強会を開催しました

家づくりに必要な知識って、実は色々あります。
そもそも家って、どうなっているのか。
どう作られているのか。

あとは住宅業界の裏側ですね。
ハウスメーカーの家はなぜ高いのか。

個人的に熱いテーマが「10年後に後悔しないためのポイント」です。

焦点を当てたのは「外壁」と「断熱材」。

本当は他にも色々あるんですけれども、この2点についてお話しました。

1時間30分の予定が3時間近くになってしまいました。すいません。。。

それくらい盛り上がりました。

ご参加いただいたのは2組様。

少人数でしたが、だからこその深い話ができたのではないかとも思います。

まだまだ勉強会としてはスタートしたばかり。

回を重ねまして、より素晴らしいものへとブラッシュアップしていきたい、長く育てていきたい勉強会です。

第一回でしたが、参加者が1組でも開催していきまして、第100回を当初の目標にしたいと思います。頑張ります。

ちょっとでもご興味あれば、ぜひお声がけください。

でんホームで家を建てる建てないは関係なく、誰でも参加オッケーです。

長期的な啓蒙活動の一環ですので。