「住まいの提案、福岡。」に弊社代表 藤本香織が掲載されました 2012.06.02

「住まいの提案、福岡。」に弊社代表 藤本香織が掲載されました 2012.06.02

『住まいの提案、福岡。』2012年夏号に弊社代表 藤本香織が掲載されました。
ありがとうございます。

『住まいの提案、福岡。』誌は福岡エリアで、こだわりインテリアと地元ビルダー実例集を掲載した雑誌です。ライフスタイルの提案を掲げ、”住まいづくり”というテーマを”ライフスタイル”という切り口からとらえ、衣・食・住・遊にかかわる生活情報全般をまるごとコーディネートするアイデアを詰め込んだ雑誌です。オシャレな雑誌です。

住まいの提案、福岡。

タイトルは『学校では教えてくれなかった!”でん先生”に学ぶ はじめてさんのための住まいづくり講座』です。住まいづくりをされるご家族に向けて、家族の未来について考えて、お金の計画、ライフスタイルに合った考え方などを掲載いただいております。

学校では教えてくれなかった!

弊社代表 藤本香織(でん)をご掲載いただき、ありがとうございます!

福岡エリアの書店にて、絶賛販売中です。ぜひ、お手にとられてみていただければと思います。



月刊はかた 2012年4月号にご掲載いただきました(メディア掲載)

月刊はかた 2012年4月号

「月刊はかた」誌について

「月刊はかた」は昭和63年に創刊された福岡の文化情報誌。老舗、名店によってつくられる「福岡の名店百選会」をメインスポンサーにされている、社会的・精神的にも成熟した大人たちのための質の高い情報誌です。

2012年4月号の特集は「博多座の舞台裏」。接客をするスタッフの思い、道具、照明、音響といった舞台演出に携わる方々にフォーカスを当てています。博多座の裏側はこうなっているのだとわかります。

月刊はかた 2012年4月号に弊社代表 藤本香織をご掲載いただきました

さて、今回「月刊はかた 2012年4月号」に弊社代表 藤本香織をご掲載いただきました!見開きで2ページ丸ごとご掲載いただいております。「福博を愛する輝く女性たち 博多の女」というコーナーでご紹介いただいております。

月刊はかた 2012年4月号掲載:でんホーム代表藤本香織

でんホーム代表 藤本香織が家族の幸せの城、住まいづくりのお手伝いをするに至った経緯、住宅会社で働いていたときにお施主様からいただいた手紙がきっかけで人生が変わったことなど、書いていただいております。

弊社の事業であります注文住宅の建築の話についてや、プライベートで活動している「ふくおか明るい読書会」の活動についても、写真入りでご紹介いただいております。ありがとうございます。

福岡の文化情報誌『月刊はかた』は毎月1日発売で、定価380円です。

販売書店は、金文堂書店(本店、大橋駅店)、積文館書店(本店、市美術館店)、紀伊国屋書店(福岡本店、ゆめタウン博多店)、金修堂(本店、サンセルコ店)、丸善(博多店)、ジュンク堂、あおい書店、書斎りーぶるなどです。

記事にご興味を持っていただいた方は、ぜひ手にとっていただければと思います。



西日本新聞様に代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!2012.03.17

西日本新聞様に弊社代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!
2012.03.17(土)の朝刊に掲載いただきました。

藤本のライフワーク「ふくおか明るい読書会」の「3月 読書会のお知らせ 古事記を原文で読もう!朝活」を取材いただきました。西日本新聞「まちをつなぐ 5」にて、朝活のテーマで掲載いただいております。

西日本新聞様に弊社代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!

藤本のプロフィールについて、福岡市に移り住んだ経緯、読書会を始めた経緯。
色々と書いていただいております。

掲載いただき、ありがとうございます!!!



びぃーんずキッズに取材・掲載いただきました(メディア掲載)

「びぃ~んずキッズ」誌について

「びぃ~んずキッズ」は、大野城市を中心に子育て情報を発信している「子育てママがつくるマガジン」情報誌です。隔月刊で5万部発行のフリーペーパー。創刊14周年という歴史をお持ちです。

発行人は「NPO法人チャイルドケアセンター大野城」。
1997年に子連れママグループ「びぃ~んず」結成。1998年、「びぃ~んずキッズ」を創刊し、2001年に特定非営利活動法人 チャイルドケアセンター大野城となったそうです。子育て支援活動を中心に行っているNPO法人です。本誌「びぃーんずキッズ」も子育て情報満載です。

個人的に面白かったのは「Let’s 遊び場『ここがいいのよ! キングオブ 公園』特集
大野城を中心に据えていますので、超地元密着の情報が面白いです。

トップ3を勝手に引用させていただくと、

1. 筑紫野市総合公園
筑紫野市山口382-6

2. 太宰府梅林アスレチックスポーツ公園
福岡県太宰府市大字太宰府743番地1外

3. 基山総合運動公園
佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地

公園なので、さほどお金もかからず、大人も子供も一日思いっきり楽しめます。
こういう情報はありがたいですね。

「びぃ~んずキッズ 2・3月号(Vol.55)」に弊社代表 藤本香織を取材・掲載いただきました

さて、今回、「びぃ~んずキッズ 2・3月号(Vol.55)」に弊社代表 藤本香織を取材・掲載いただきました。見開き1ページ丸ごと掲載いただきました!

参考:取材された時のでん(藤本香織)ブログの記事。

右側は代表 藤本香織のアップ写真。
左側はインタビュー記事。

「自分の経験したこと、欠点やつらい体験も誰かの役に立つ」「自分の存在意義がわからなくなっていたときに、かつてのお客様から頂いたお礼状を見つけたんです。こんな私にも誰かの役に立てる事があるんだと思い、住まいの分野で生きていこうと改めて決意した出来事でした」などなど、これまでの経験を語っております。

大野城を中心とした子育て情報誌「びぃ~んずキッズ」。
インタビューをお読みになりたい方、大野城市周辺で子育て情報をご希望の方は、ぜひ手に取られてみてはいかがでしょうか?



鮒谷周史様の新刊が出版されました。

弊社「でんホーム」株主のお一人でもあります、鮒谷周史様が新刊をご出版されました。
『変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと』
鮒谷さんの本

有限会社セカンドステージ代表取締役 鮒谷周史様は、
読者数およそ20万人、通算3000号を数えるビジネスメルマガ「平成進化論」を発行されていらっしゃいます。

私が東京に行く機会があればお会いするというかたちで、
数年来、お付き合いさせていただいております。

加えまして、私ども「でんホーム一級建築士事務所」の株主のお一人でもあります。
誠に光栄なことです。

東京に訪れ、お会いするたびにお話いただく内容は、大変知的で、
ご自身の体験から導きだされた知見を様々に述べられます。

友人を数名、ご紹介させていただくこともあり、
彼らからの話でも、やはり知性と教養の深さは大変なものがあるということがわかります。

その鮒谷様が約8000人のキーパーソンと会食し、
そこでの学びや気づきから導き出された「自分の殻の破り方」について書かれたのが本書。

さっそく拝読させていただこうと思います。

読書感想文は、また別のブログ「1,000冊読書感想文を書くとどうなるか?」にて、
述べさせていただこうと思います。

1月11日追記:
読書感想文を書きました。
変われる人 8000人のキーパーソンと会食してわかったこと 鮒谷周史 (著) #186

鮒谷周史様プロフィール:
大阪府出身。甲陽学院中学校・高等学校卒業。早稲田大学商学部卒。

大手情報出版社での営業を経て、米大手通信会社ワールドコムの日本法人に。
2002年、同社アメリカ本社の巨額粉飾決算発覚。
当時、アメリカ史上最大規模となった経営破たん(負債総額410億ドル)に巻き込まれ、同年12月に退職。

この出来事をきっかけとして起業。
会社設立と同時に独自の「かけ算」思考により、ビジネスを飛躍的に成長させ、
複数の高収益企業を経営(うち1社はその後、上場企業へ営業譲渡)。
現在は、上場企業をはじめとする複数の企業の顧問、
海外を含む20社を超えるベンチャー企業への出資、
ならびに経営支援等を行う。

また、海外で活躍する日本人起業家・ビジネスパーソンを応援する目的で
経営者仲間4人とともにJBN(在留邦人ビジネスネットワーク)を設立、
世界十数カ国でボランティア講演を行うなど多方面で活躍。

趣味は昼・夜合わせて、年間平均500回ペースでの会食。
企業以来、会食した人は延べ8000人以上。
起業家・経営者から各界の専門家まで、
多くのキーパーソンから学んだことを執筆する日刊メールマガジン『平成進化論』は、
個人発行としては日本最大級のビジネスメルマガ。
約20万人の経営者、ビジネスパーソンから
「希望や勇気、学びを得られる」
と絶大な支持を得ている。

主な著書『「かけ算」思考ですべてが変わった』(かんき出版)。