「for FUN」2012年7月号(105号)企業取材サークルFUN発行に掲載いただきました

でんホームのホームページ上で、新着情報としてお伝えしておりますが、先日、企業取材サークルFUNが発行されている「for FUN」2012年7月号(105号)に掲載いただきました。

発行元の「企業取材サークルFUN」は大学、学年の垣根を越えてお互いの真剣な思いをぶつけ合える学びの場を作ろう、という理念のもと創設されたサークルだそうです。大学生が中心となって活動しているサークルです。

これまで747社の企業取材実績を持ち、105号を刊行。
取材内容を記事にして、毎月発刊しています。

また、毎週土曜日のFUNゼミは通算565回も開催されています。

今回は「For Woman」というコーナーで取材・掲載いただきました。
このコーナーでは、女性社会人取材をしており、仕事観、結婚観、「女性としての生き方」などを取材・掲載されています。

建設業界はやはり男性社会です。
業界に関わる大半は男性で、現場に行けば女性の姿を見る事はごくまれ。

そのようななかで、代表 藤本が一級建築士として、住宅会社の社長として、なぜ、
この業界での仕事に一生を捧げる決意をしたのか、ということにご興味を持って頂きました。

藤本の『明るい未来を創ること』という使命。
「家族を想う家づくり」。
そして、住宅という仕事を通して、人生を送ることの決意。

そのようなことについて、取材いただき、まとめていただきました。
取材いただき、ご掲載いただき、誠にありがとうございます。



「住まいの提案、福岡。」に弊社代表 藤本香織が掲載されました 2012.06.02

「住まいの提案、福岡。」に弊社代表 藤本香織が掲載されました 2012.06.02

『住まいの提案、福岡。』2012年夏号に弊社代表 藤本香織が掲載されました。
ありがとうございます。

『住まいの提案、福岡。』誌は福岡エリアで、こだわりインテリアと地元ビルダー実例集を掲載した雑誌です。ライフスタイルの提案を掲げ、”住まいづくり”というテーマを”ライフスタイル”という切り口からとらえ、衣・食・住・遊にかかわる生活情報全般をまるごとコーディネートするアイデアを詰め込んだ雑誌です。オシャレな雑誌です。

住まいの提案、福岡。

タイトルは『学校では教えてくれなかった!”でん先生”に学ぶ はじめてさんのための住まいづくり講座』です。住まいづくりをされるご家族に向けて、家族の未来について考えて、お金の計画、ライフスタイルに合った考え方などを掲載いただいております。

学校では教えてくれなかった!

弊社代表 藤本香織(でん)をご掲載いただき、ありがとうございます!

福岡エリアの書店にて、絶賛販売中です。ぜひ、お手にとられてみていただければと思います。



月刊はかた 2012年4月号にご掲載いただきました(メディア掲載)

月刊はかた 2012年4月号

「月刊はかた」誌について

「月刊はかた」は昭和63年に創刊された福岡の文化情報誌。老舗、名店によってつくられる「福岡の名店百選会」をメインスポンサーにされている、社会的・精神的にも成熟した大人たちのための質の高い情報誌です。

2012年4月号の特集は「博多座の舞台裏」。接客をするスタッフの思い、道具、照明、音響といった舞台演出に携わる方々にフォーカスを当てています。博多座の裏側はこうなっているのだとわかります。

月刊はかた 2012年4月号に弊社代表 藤本香織をご掲載いただきました

さて、今回「月刊はかた 2012年4月号」に弊社代表 藤本香織をご掲載いただきました!見開きで2ページ丸ごとご掲載いただいております。「福博を愛する輝く女性たち 博多の女」というコーナーでご紹介いただいております。

月刊はかた 2012年4月号掲載:でんホーム代表藤本香織

でんホーム代表 藤本香織が家族の幸せの城、住まいづくりのお手伝いをするに至った経緯、住宅会社で働いていたときにお施主様からいただいた手紙がきっかけで人生が変わったことなど、書いていただいております。

弊社の事業であります注文住宅の建築の話についてや、プライベートで活動している「ふくおか明るい読書会」の活動についても、写真入りでご紹介いただいております。ありがとうございます。

福岡の文化情報誌『月刊はかた』は毎月1日発売で、定価380円です。

販売書店は、金文堂書店(本店、大橋駅店)、積文館書店(本店、市美術館店)、紀伊国屋書店(福岡本店、ゆめタウン博多店)、金修堂(本店、サンセルコ店)、丸善(博多店)、ジュンク堂、あおい書店、書斎りーぶるなどです。

記事にご興味を持っていただいた方は、ぜひ手にとっていただければと思います。



西日本新聞様に代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!2012.03.17

西日本新聞様に弊社代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!
2012.03.17(土)の朝刊に掲載いただきました。

藤本のライフワーク「ふくおか明るい読書会」の「3月 読書会のお知らせ 古事記を原文で読もう!朝活」を取材いただきました。西日本新聞「まちをつなぐ 5」にて、朝活のテーマで掲載いただいております。

西日本新聞様に弊社代表 藤本香織の活動を掲載いただきました!

藤本のプロフィールについて、福岡市に移り住んだ経緯、読書会を始めた経緯。
色々と書いていただいております。

掲載いただき、ありがとうございます!!!



びぃーんずキッズに取材・掲載いただきました(メディア掲載)

「びぃ~んずキッズ」誌について

「びぃ~んずキッズ」は、大野城市を中心に子育て情報を発信している「子育てママがつくるマガジン」情報誌です。隔月刊で5万部発行のフリーペーパー。創刊14周年という歴史をお持ちです。

発行人は「NPO法人チャイルドケアセンター大野城」。
1997年に子連れママグループ「びぃ~んず」結成。1998年、「びぃ~んずキッズ」を創刊し、2001年に特定非営利活動法人 チャイルドケアセンター大野城となったそうです。子育て支援活動を中心に行っているNPO法人です。本誌「びぃーんずキッズ」も子育て情報満載です。

個人的に面白かったのは「Let’s 遊び場『ここがいいのよ! キングオブ 公園』特集
大野城を中心に据えていますので、超地元密着の情報が面白いです。

トップ3を勝手に引用させていただくと、

1. 筑紫野市総合公園
筑紫野市山口382-6

2. 太宰府梅林アスレチックスポーツ公園
福岡県太宰府市大字太宰府743番地1外

3. 基山総合運動公園
佐賀県三養基郡基山町大字宮浦666番地

公園なので、さほどお金もかからず、大人も子供も一日思いっきり楽しめます。
こういう情報はありがたいですね。

「びぃ~んずキッズ 2・3月号(Vol.55)」に弊社代表 藤本香織を取材・掲載いただきました

さて、今回、「びぃ~んずキッズ 2・3月号(Vol.55)」に弊社代表 藤本香織を取材・掲載いただきました。見開き1ページ丸ごと掲載いただきました!

参考:取材された時のでん(藤本香織)ブログの記事。

右側は代表 藤本香織のアップ写真。
左側はインタビュー記事。

「自分の経験したこと、欠点やつらい体験も誰かの役に立つ」「自分の存在意義がわからなくなっていたときに、かつてのお客様から頂いたお礼状を見つけたんです。こんな私にも誰かの役に立てる事があるんだと思い、住まいの分野で生きていこうと改めて決意した出来事でした」などなど、これまでの経験を語っております。

大野城を中心とした子育て情報誌「びぃ~んずキッズ」。
インタビューをお読みになりたい方、大野城市周辺で子育て情報をご希望の方は、ぜひ手に取られてみてはいかがでしょうか?