今後、でんホームの最新情報は別サイトに集約されます!

本ブログをご覧いただき、ありがとうございます!!

このでんホームスタッフ・竹内正浩のブログも、でんホームの最新情報のアップデートも、すべて別サイト(https://www.denhome.co.jp/)に集約されます!

今後はこちらのサイトをご覧ください!

365日、毎日更新を目標に活動いたします!!
https://www.denhome.co.jp/
福岡の工務店 でんホーム株式会社

新建ハウジング様に雑誌取材していただきました!自らを振り返ってみて

先日、新建ハウジング様の関編集長様にご来社頂きまして、雑誌取材していただきました。ありがとうございます。

今回は代表の藤本をメインに取材いただきました。

その流れで、私、竹内正浩も取材頂きまして、ヒアリングしていただき、自らを振り返る機会になりました。

そもそもは、でんホームは強いこだわりのある木製サッシや塗り壁、外壁のそとん壁といった自然素材を使った日本の木の家という考えをご提案するようなかたちでスタートしました。

現在でも注文住宅として建築しています。
ただ、やはり問題になりますのが「価格」です。

木製サッシやそとん壁といった部材はそれ自体が非常に高価であって、やはり高級注文住宅というカテゴリ入るというのが正しい認識になります。

そのようななかで「ナチュラルベーシック」という新商品カテゴリを作りまして、比較的価格を抑えて、一般的な工務店、住宅会社の価格帯に合わせた仕様をご提案しはじめました。

そこから自然素材でありながら、誰でも手の届く家づくりができるWOODBOX。

これらのスタートへとつながっていっています。

徐々に価格レンジを広げていっていますが、一貫して重要視しているのが「自分たちが心から勧められるかどうか?」です。

自分たちが「いいモノ」と思ってもいないものを他の人には勧められません。

そういう観点で物事を進めていっています。
一方でぼんやりと範囲が広がっていっています。

あくまでコアとして、自然素材の木の家をつくるということに持っておいた上で、色々やっていきたいと思っています。

竹内

オーダーキッチンの選び方:ショールーム巡り(TOTO、クチーナ、リブレ、キッチンハウス)で、オーダーキッチンの感覚をつかむ

キッチンを使わないのにキッチンにやたらと詳しい竹内正浩です。
とりわけ高級なキッチンに詳しいです。
基本的に高いモノが好きです。

さて、今回はお打ち合わせ中のお客様に同行しまして、午後だけで4つのショールームを巡りました。

バタバタでお疲れ様でした。
立ちっぱなしで、接客を受け続けるので、なかなかにハードなのです。

今回はじっくり何かを決める、ということではなく、一通りショールームを見て「オーダーキッチンはどのようなものか」という感覚を掴んでいただく意味合いもございましたので、バタバタと見ていきました。


TOTOショールームです。

ここでは、トイレ、ユニットバス、洗面化粧台、キッチンを見ていただきました。

続きになっているYKK APのショールームでサッシや玄関ドアもご覧頂きまして、一般的なサッシやドアはどのようなものかをご覧頂きました。

なぜ、いくつものキッチンショールームをご覧頂くのかといいますと、大切な理由があるのです。

連続してオーダーキッチンショールームを巡る訳

一気にオーダーキッチンショールームを巡る訳は「お客様の趣味・嗜好・感性によって、最適なオーダーキッチンメーカーは変わるから」です。


クチーナショールームにて

そもそもオーダーキッチンとは、自由にキッチンのサイズや高さ、表面材や天板、水栓などが選べるキッチンのことです。

お値段は張りますが、自由度が高く、こだわりキッチンを作るには適しています。

また、僕の好きな海外製食洗機「ガゲナウ」や「ミーレ」「AEG」といったブランドの海外製食洗機をキッチンに入れたい場合はどうしても、オーダーキッチンメーカーに依頼するという流れになります。

パナソニックやリクシルといった汎用キッチンメーカーでも海外製食洗機ができるという話も聞くのですけれども、僕が聞き込みした限りではメーカー側の知識がなく、経験がないので、トラブルの元になりかねないと感じます。やったことないメーカーではあまりされないことをオススメしますね。


クチーナショールーム

それで、オーダーキッチンということなのですけれども、メーカーはいくつかございます。

今回、伺いましたクチーナ、リブレ、キッチンハウス、アムスタイルが福岡市にショールームを持つメジャーなオーダーキッチンメーカーです。


リブレショールーム

オーダーキッチン選びで大事なこと

それで重要なことは「それぞれのメーカーの得意分野というものがあって、そこにフィットしたメーカーを選ぶべき」という考えが僕の主張です。

各メーカーの得意ワザを一通り見て、どこが自分に合っているか?
趣味・嗜好・感性。
それが大事なんです!

得意ワザ以外は、オーダーキッチンメーカーといえど、なかなか似たようなものなんですね。

なぜかと申しますとキッチンだからです。

シンクがあって、加熱機器があって、水栓があって、食洗機があって、引き出しがある。
同じなんです。
本質的には。

各パーツのメーカーも似てしまうんです。

レンジフードはアリアフィーナ。
加熱機器は日立、ハーマンとか。
水栓はグローエかハンスグローエとか。
食洗機はリンナイ、パナソニック、海外製。
メーカーは限られています。

なので、得意ワザが重要なんです。

軽くまとめますと、

・本物の木の風合いがよければ、クチーナ、リブレ。

・メラミン(樹脂プリント)での機能性をとるならキッチンハウス

・天板も同じ面材で統一するならキッチンハウス

・ステンレス天板にピアノ鏡面塗装ならアムスタイル

そんな感じです。

海外製食洗機入れたいなら、どこかのオーダーキッチンメーカー、ないしはオリジナル造作(でんホームではアーキテクトプラスカテゴリだけ対応しています)。

コストパフォーマンス、機能性だけならば、一般的なキッチン。

そういう選び方ですね。


キッチンハウスショールーム

同じ木の表面材を使っていても、細かいデザインが違うんですね。

あるメーカーはちょっと野暮ったいデザイン。
あるメーカーはきれいにまとめられたデザイン。
あるメーカーは洗練されたデザイン。

なので、感性やセンスもフィットするかどうかがあるんですね。

大事なのは一通りショールーム巡りしてみて、ご自分の感性に響くものを見つけることです。

国連ハビタット福岡本部設立20周年記念シンポジウムに代表 藤本香織がパネリストとして登壇しました。

国連ハビタット福岡本部設立20周年記念シンポジウムに代表 藤本香織がパネリストとして登壇しました。

シンポジウム自体は格式高く、ご来賓の方々も福岡県知事、元福岡県知事や福岡副市長といった方々。

国連ハビタット事務局長のジョアン・クロス氏と語る「住み続けられるまちづくり」をテーマに、
基調講演とパネルディスカッションが行われました。


開会挨拶は福岡県知事の小川洋氏。


僕の席自体は一番うしろだったので、ズームで画質が悪いです(失礼)。


パネルディスカッションのメンバー


でんホーム株式会社 代表取締役 藤本香織のご紹介が・・・


九州経済連合会の会長で、株式会社麻生代表取締役会長の麻生泰氏による挨拶。


パネルディスカッション


国連ハビタット事務局長 ジョアン・クロス氏とでんホーム代表 藤本香織。


でんホーム代表 藤本によるパネリストスピーチ


笑顔で語っています。


国連ハビタット事務局長 ジョアン・クロス氏による総括。