時間を守ることは、いかに大事か

日本庭園

約束を守る。時間を守る。それは、社会人としての基本だと思います。ただ、その重要性と比して、どう大事なのかはあまり語られていないように思います。そこで、ここでは少し、時間を守ることの大切さについてお話していきたいと思います。

なぜ、時間を守ることが大事か?

なぜ、時間を守ることが大事なのかというと、その最大の理由は「周りの人に迷惑をかけるから」です。自分だけの問題ではなく、他人を巻き込んで迷惑をかけることになるからです。

たとえば、打ち合わせで遅刻したとしたら、相手を待たせることになり、相手の時間を奪ってしまいます。また、会社で一人でも遅刻者が出ると、雰囲気としてルーズな雰囲気になってしまいます。

さらに、そこで何か話が伝えられていたとしたら、遅刻者には別途、その話を伝えなければならないのです。二度手間になり、時間をとります。その人だけ特別扱いで、会社の雰囲気がとても悪くなってしまいます。このように、遅刻するということは、多大な悪影響を与えているのです。

もちろん、自分自身にとっても問題があります。遅刻は、一度やってしまうと、何度もしてしまう、常習性の高いものだからです。

これまできちんとしていたのに、一度遅刻を経験してしまうと、次に遅刻するのもこわくなくなるのです。そのため、遅刻の常習犯になってしまいがちなのです。そうなると、「時間を守らないヤツ」というレッテルを貼られ、信用を失ってしまうのです。

このように時間を守るということは、とても大事なことなのです。時間厳守。遅刻厳禁。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です