国連ハビタット福岡本部主催『女性が住み続けたいまち、みんなが住み続けたいまち』イベントにて、代表 藤本香織が講演しました。

6/28に開催されました、国連ハビタット福岡本部・公益財団法人福岡県国際交流センター主催の『女性が住み続けたいまち、みんなが住み続けたいまち』イベントにて、代表 藤本香織が講演しました。

チラシURL:国連ハビタット福岡本部によるイベントチラシ

アヴァンティの村山由香里社長、国連ハビタット本部長補佐官の星野幸代さんとご一緒に登壇いたしました。

国連ハビタットの活動として「住み続けられるまちづくり」があるそうです。

世界においては「都市」というのが重要な意味を持っているといいます。

「都市」は陸地の2%にもかかわらず、

・エネルギーの60%を消費
・CO2総排出量の70%を排出
・廃棄物の70%を排出
・人口の54%(2015年)

という集中化された位置づけです。

世界的には都市で人口が増加。
主にはスラム、貧困エリアで増加しています。
それはまた、インフラ、居住性の低さを導く結果となります。

また、ネパール、ラオスといった発展途上国は、水をくみに行くだけで一日仕事となることも・・・
そうなると、子供は教育機会や職業機会を喪失します。

同じように、水が手には入ったとしても、安全ではない水を飲まざるをえないという国々も・・・
安全な水へのアクセスが大命題だそう。
3割くらい、21億人の問題とのことです。

このような「都市・まち」という視点で考えたときに、日本とは、福岡とは、「住み続けたいまち」とは、ということを考える機会になるイベントでした。



博多三徳の朝マルシェ[月一開催]2017年1月に行って海鮮丼を買いました

お刺身や寿司、海鮮丼は大好きなんですけれども、お高いのでなかなか頻繁には食べられません。

さらに色々食べてますから、舌が肥えてしまっていますから、ジャンクな寿司、刺身ではなかなか満足いかず、、、

というわけで、安くて高品質な海産物の食事を模索しております。

そういう人間ですから、海鮮丼は好きなんですね。
どのクオリティでもいいわけではないんですけれども。

その私が月一で待ち構えているイベントがございます。

それが「博多三徳 朝マルシェ」なのです。

博多三徳 朝マルシェ 2017年1月

でんホームでも開催いただいている「おだし教室」の講師でもある博多三徳 三代目のお店が博多三徳です。

博多三徳の場所はこちら「福岡市博多区対馬小路10−18」

ここで月に一回、うまいものを大切に育てたり、作ったりしているお店を集めたイベントです。

ここ最近は毎回参戦してます。

お店がたくさんありますから、いくつもの買い物をしますけれども、メインはやっぱり海鮮丼なんです。

この海鮮丼は数量限定で午前中で売り切れるそうです。

朝、水揚げされたばかりの新鮮なお魚をドーン!とのせて650円です。

これは安い。

スーパーの海鮮丼相場からすると、ちょい高いですが、内容を比較するとレベルが違います。

刺身が肉厚。
種類が多い。

というわけで、スーパーで同等品があれば、1000円超えは間違いなさそう。。。

これだけのコストパフォーマンス。
竹内はコスパが高いものが大好きなのです。

高い品質を安く買う。

これがいいわけです。

安いモノを安く買っても、結局、無駄になるというか、安物買いの銭失いなんです。
まあ、自分の人生経験からの結論ですが。

住宅も、でんホームで建てるかどうかは別として、高性能な住宅を建てたほうがいいと思うんですよね。高性能といっても、すぐに劣化するグラスウールとかつかった住宅ではなくて、ですね。

グラスウール使っても、きちんと施工すればいいんですが、関東以北でもないとマトモに施工する業者はいませんので。

グラスウールとかロックウールやら、薄い断熱材つかった家は、今は冬ですから、寒いですよね。快適さはやっぱり違います。

マイホーム言っても、寒いといやですね。

でも、安いです。

価格だけ見て、見てくれだけ見てオッケーって感じで家を買っている人がほとんどだと思いますけれども、私は勉強したほうがいいと思うんですよね。

自分にはどういう家が合うのか、買うべきかどうか。どんなスペックか。

じゃないと35年ローンなんていやですね。

落ち着いて快適で、長く愛せる家がいいわけで、35年ローン組んでもいいかな、なんて思えるわけでして。

高コストパフォーマンス好き人間の自分は高い品質を安く買いたいわけです。
安いモノを安く買うなら、どこかで売却前提の買い物しますね。

分譲マンションとか、売る前提を考慮に入れるといいですけど、一生住むつもりあるなら、建て替えが必要になる未来をイメージしたほうがいいですね。

20-100世帯での意思決定で、建物を建て替えできるのか???と思います。
現実はすごい厳しいと思いますけど。

色々ありますけれども、その人の人生にとってベストな暮らしがいいんじゃないでしょうか。

個人的には完全な持ち家派で、区分所有は無理です。
単独所有でないと。

話がえらい方向に逸れましたけれども、博多三徳の海鮮丼は高コスパで最高!です。



ベーカリーSANA(サナ)に、さな部長とパン買いに行きました[糸島のパン屋さん]

現場やら、計画やら、半年先のための行動やら、で日々、自動車での移動が多い竹内です。

ドライブを楽しめるノウハウがあれば、もっと楽しんで移動できると思うのですけれども、現状は考えごとだけという段階です。ノウハウほしいです。

さて、所用で糸島市に行ってきました。

昼ごろになりまして、パン屋さんで検索しましたら、娘と同じ名前のパン屋さんがあったので訪問。

さな部長とSANA(サナ)ベーカリーに行ってきました。

ベーカリーSANAでは糸島産小麦を100%使用。
無添加天然酵母を使ったりと、いろいろなこだわりのパン屋さん。

ベーグルが多く、特徴になっています。
個人的には、ベーグルのもっちり食感が好きなのでありがたかったです。



打ち合わせで福岡をもっと知った。

腰が大激震しておりました竹内正浩です。幸いなことに、日を追うごとに楽になってきておりまして、だいぶ通常モードといった感じでございます。とはいえ、ものすごく無理した姿勢での歩行になっておりますので、見る人が見れば異常な感じではあろうかと思います。筋肉が痛くなっているんではなくて、腱を痛めたんではないかとアドバイスをいただいております。

さて、今日は建築現場に行った以外にも、連続して打ち合わせがございました。
その際、お話させていただいた方から頂いた資料に福岡の不動産動向というか、大規模開発の話が書かれていました。

福岡エリアの大規模開発の動向としましては、大きいイメージでは天神地区での福岡ビル建て替え。西鉄が所有する築53年の福岡ビル建て替えと再開発。JR博多駅近くの日本郵便との共同開発中の新博多ビル。2016年春の開業予定で、地上12階建て・延床面積44,000平方メートルと大規模。

そして、私ども、でんホーム鳥飼ゲストハウスのある城南区鳥飼のほど近くにある六本松。我が母校、九州大学の六本松キャンパスの再開発です。青春の思い出なんかは特にございませんけれども、私も六本松キャンパスで勉強していた時代がございますので、なんだかんだ申しましても、思い出なんかも意外にございます。それが今や、解体されて更地ですから、ちょっとさみしいですね。

とはいえ、JR九州が北側2区画を117億円で落札して、分譲マンション、有料老人ホーム、市の施設などが入る複合施設が建設されるそうです。また南側は裁判所や検察庁などが整備されるそうで、2018年ごろに完成予定だそうです。

ということで、2018年ごろには六本松エリアは相当な開発がなされまして、法曹関係の需要がごそっと赤坂エリアからこちらに来ることが予想されるわけです。加えて、JR九州による分譲マンション等の開発で人口も増えるということになりそうです。そこに加えての2020年予定の地下鉄七隈線の博多駅延伸。個人的には楽しみですね。

というようなことを知りまして、福岡をもっと知った気になりました。



「Y氏は暇人」ブログをリアルに体験。福岡の歴史をちょいちょい学ぶ

突然ですが、「Y氏は暇人」というブログをご存じでしょうか?

おそらくはご存じないことと思いますが、
福岡の局所的に高い知名度を誇るブログです。

どのようなブログかというと、
福岡の歴史を古地図から読みとく、ような感じのブログです。

個人的にとっても興味深かったのが「元寇の絵巻の舞台が鳥飼であった」という記事です。

元寇の絵巻、ご覧になったことがおありでしょう。
歴史の教科書なんかに載っていた、あれです。


▲「Y氏は暇人」ブログより転載しております

あれの舞台がなんと、私どもの鳥飼ゲストハウスのエリアである「鳥飼」だったというわけです。
その他の詳細はY氏のブログをじっくりごらんください。
元寇の有名なあの絵は鳥飼 | Y氏は暇人

さて、そんなこんなでY氏のブログを読んでおりました、
この私、竹内。

ブログの著者であるY氏がトークライブをするということで、
いざ馳せ参じたわけでございます。

舞台は「福岡市赤煉瓦文化館」。
なかなか歴史の趣のあるシブいセレクト。

20130828183609
▲風格ある歴史ある建物ですねー

東京駅の設計も行った辰野金吾が設計した建物。
元々は日本生命の建物だったそうです。

Y氏トークライブ

Y氏がそのブログ「Y氏は暇人」を始めたきっかけは、
NHKで放映された「古地図でたどる竜馬の旅」というテレビ番組だったそうで、
竜馬ゆかりの地を古地図でたどったという内容だったそうです。

それを福岡で調べてみて、
「このビルは元々は大名屋敷の跡地にできたんだなー」
という感じで知り合いとかからも引き合いがあったそうで、
始まっていったそうです。

20130828184658
▲右がY氏。「好青年」という言葉がぴったりでござる

Y氏の古地図レクチャー

Y氏は古地図を多用しているのですが、
地図としては鎌倉時代の地図が古いのですが、
かなりざっくりした感じで、細かく書かれているのは、
江戸時代くらいになって以降だそうです。

それで今回はY氏の古地図レクチャーとして、
会場となった「赤煉瓦文化館」の歴史を見てみます。

20130828201327
▲Y氏のレクチャー。

古地図を読みとくヒントは「寺と神社」だそうです。
お寺と神社はあまり位置がかわらず、ずっとあるそうです。

今回の会場付近でのお寺と神社といえば、
「水鏡天満宮」「勝立寺」「安国寺」となっています。

その位置関係から古地図をたどっていくと、
会場は元々、中洲からアプローチする橋のたもと、
門があった場所と相成るわけです。

そんなことを色々とお話を聞きました。

福岡に住み、これからも住続ける人間としては、
福岡の歴史くらいは知っておかねばなりませんね。

今後も、勉強いたします。

ゆるふわ系の歴史ブログ。
それが「Y氏は暇人」です。