打ち合わせで福岡をもっと知った。

腰が大激震しておりました竹内正浩です。幸いなことに、日を追うごとに楽になってきておりまして、だいぶ通常モードといった感じでございます。とはいえ、ものすごく無理した姿勢での歩行になっておりますので、見る人が見れば異常な感じではあろうかと思います。筋肉が痛くなっているんではなくて、腱を痛めたんではないかとアドバイスをいただいております。

さて、今日は建築現場に行った以外にも、連続して打ち合わせがございました。
その際、お話させていただいた方から頂いた資料に福岡の不動産動向というか、大規模開発の話が書かれていました。

福岡エリアの大規模開発の動向としましては、大きいイメージでは天神地区での福岡ビル建て替え。西鉄が所有する築53年の福岡ビル建て替えと再開発。JR博多駅近くの日本郵便との共同開発中の新博多ビル。2016年春の開業予定で、地上12階建て・延床面積44,000平方メートルと大規模。

そして、私ども、でんホーム鳥飼ゲストハウスのある城南区鳥飼のほど近くにある六本松。我が母校、九州大学の六本松キャンパスの再開発です。青春の思い出なんかは特にございませんけれども、私も六本松キャンパスで勉強していた時代がございますので、なんだかんだ申しましても、思い出なんかも意外にございます。それが今や、解体されて更地ですから、ちょっとさみしいですね。

とはいえ、JR九州が北側2区画を117億円で落札して、分譲マンション、有料老人ホーム、市の施設などが入る複合施設が建設されるそうです。また南側は裁判所や検察庁などが整備されるそうで、2018年ごろに完成予定だそうです。

ということで、2018年ごろには六本松エリアは相当な開発がなされまして、法曹関係の需要がごそっと赤坂エリアからこちらに来ることが予想されるわけです。加えて、JR九州による分譲マンション等の開発で人口も増えるということになりそうです。そこに加えての2020年予定の地下鉄七隈線の博多駅延伸。個人的には楽しみですね。

というようなことを知りまして、福岡をもっと知った気になりました。



「Y氏は暇人」ブログをリアルに体験。福岡の歴史をちょいちょい学ぶ

突然ですが、「Y氏は暇人」というブログをご存じでしょうか?

おそらくはご存じないことと思いますが、
福岡の局所的に高い知名度を誇るブログです。

どのようなブログかというと、
福岡の歴史を古地図から読みとく、ような感じのブログです。

個人的にとっても興味深かったのが「元寇の絵巻の舞台が鳥飼であった」という記事です。

元寇の絵巻、ご覧になったことがおありでしょう。
歴史の教科書なんかに載っていた、あれです。


▲「Y氏は暇人」ブログより転載しております

あれの舞台がなんと、私どもの鳥飼ゲストハウスのエリアである「鳥飼」だったというわけです。
その他の詳細はY氏のブログをじっくりごらんください。
元寇の有名なあの絵は鳥飼 | Y氏は暇人

さて、そんなこんなでY氏のブログを読んでおりました、
この私、竹内。

ブログの著者であるY氏がトークライブをするということで、
いざ馳せ参じたわけでございます。

舞台は「福岡市赤煉瓦文化館」。
なかなか歴史の趣のあるシブいセレクト。

20130828183609
▲風格ある歴史ある建物ですねー

東京駅の設計も行った辰野金吾が設計した建物。
元々は日本生命の建物だったそうです。

Y氏トークライブ

Y氏がそのブログ「Y氏は暇人」を始めたきっかけは、
NHKで放映された「古地図でたどる竜馬の旅」というテレビ番組だったそうで、
竜馬ゆかりの地を古地図でたどったという内容だったそうです。

それを福岡で調べてみて、
「このビルは元々は大名屋敷の跡地にできたんだなー」
という感じで知り合いとかからも引き合いがあったそうで、
始まっていったそうです。

20130828184658
▲右がY氏。「好青年」という言葉がぴったりでござる

Y氏の古地図レクチャー

Y氏は古地図を多用しているのですが、
地図としては鎌倉時代の地図が古いのですが、
かなりざっくりした感じで、細かく書かれているのは、
江戸時代くらいになって以降だそうです。

それで今回はY氏の古地図レクチャーとして、
会場となった「赤煉瓦文化館」の歴史を見てみます。

20130828201327
▲Y氏のレクチャー。

古地図を読みとくヒントは「寺と神社」だそうです。
お寺と神社はあまり位置がかわらず、ずっとあるそうです。

今回の会場付近でのお寺と神社といえば、
「水鏡天満宮」「勝立寺」「安国寺」となっています。

その位置関係から古地図をたどっていくと、
会場は元々、中洲からアプローチする橋のたもと、
門があった場所と相成るわけです。

そんなことを色々とお話を聞きました。

福岡に住み、これからも住続ける人間としては、
福岡の歴史くらいは知っておかねばなりませんね。

今後も、勉強いたします。

ゆるふわ系の歴史ブログ。
それが「Y氏は暇人」です。



福岡の経済について、真剣に学んできました

20130723211416

今日は天神にて、福岡の経済について学んできました。

親しい経営者の方のお誘いがありまして、
「福岡の経済について勉強会があるから来ないか?」ということで、
伺ってきました。

でんホームは注文住宅を建築するという、
完全に地域密着の仕事をしておりますので、
福岡の経済がよりよくなっていただくと、とてもうれしいです。
私自身も、生まれてずっと福岡なので、福岡が大きく、有名になってほしい。

ということで、学んできました。

福岡は支店経済と言われます。
東京本店に対して、福岡支店ということで成り立っている経済というわけです。

支店経済のデメリット

支店経済にはデメリットが大きく3つ。

1. 優秀な若者が東京に流出してしまう
2. 新しいビジネスが生まれにくい
3. 支店は縮小される傾向にある

話は飛んでしまいますが、
福岡では優秀な独身男性は上京してしまい、
反対に、独身女性が九州中から集まっているので、
結婚適齢期の女性が多いそうです。

どうすれば、福岡がよくなるか?

やはりアジア関係の企業本社や金融機能の中心となるべきだ、そうです。

上海の近くにある都市、たとえば、黒龍江省や吉林省。

・黒龍江省:3800万人
・吉林省:2700万人
・遼寧省:4400万人

これらエリアは、いわゆる旧満州ですが、
このエリアだけでも、1億2000万人レベルの人口規模・経済規模です。

ただ、実際上はハードルも高いです。

たとえば、福岡市の中心部のビルは老朽化が進んでいるものが多いそうです。
天神、博多駅周辺のビル群も、建設後30年を経過しているものが多いとのこと。

これらの老朽化が進むビルでは、
正直言って、東京やアジアの企業のビル探しの要件を満たしきれないそうです。

難しい表現ですが、企業のBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)、
つまり、地震や災害があっても、事業を継続し続けられるようにする計画上では、

・耐震基準
・自家発電設備
・ネットワーク環境

これらがメインですが、とても厳しい基準があるそうで、
老朽化したビルではとても満たしきれないとのこと。

要件が細かく、厳しいそうです。
最新で、最先端の設備の整ったビルでないと難しいのでしょうね。

このように問題点は多いのですが、何か打てる手、
何かできることはないかと考えています。

福岡、もっとよくしていきたいですね!!



友泉亭公園、都会にある大人のやすらぎ空間

20130717162841

東京からわざわざお越しいただいた
ゲストとご一緒に訪れた庭園。

友泉亭公園です。
でんホーム鳥飼ゲストハウスのある城南区鳥飼からほど近い場所。

筑前黒田家の六代藩主継高公が、江戸時代の中期に別荘として作ったもの。
福岡市の都会にありながらも、落ち着いた緑と池が印象的。

少し見上げると、そこにはやっぱり
鉄筋コンクリート造のマンションが見えてしまいますが、、、

天神から自動車でおよそ15分程度。
ちょっと走らせるだけで、落ち着いた大人の空間が・・・

20130717165754

この敷地、この緑、この建物、そして、この池。
個人が所有するにはあまりにも贅沢な大人の空間。

そのお値段(入場料)はなんと200円。

しっとりと落ち着いた休日をすごすにはよさそうです。 — 場所: 友泉亭公園

所在地:〒814-0122 福岡市城南区友泉亭1-46
利用時間:9時-17時
休園日:毎週月曜日



筑後市に定住しようという方は色々と支援・助成があるみたいですよ

20130708181651

先日、一通の郵便物が届きました。
差出人は「筑後市役所」。

何だろうと思って開けてみると、
筑後市定住を促進する策についてのお知らせでした。

筑後市に定住される方への支援策

福岡県筑後市。
同じ福岡県内とはいうものの、
正直、あまり関わりがありません。

福岡の南のほうで、熊本県に近い地域です。

ちなみに、九州新幹線で博多駅まで24分とのことです。

筑後市として「平成28年度人口5万人の元気な筑後市」を
ひとつの目標として定住人口増加をはかるための施策
『筑後市定住促進行動計画』を策定されたそうです。

ちなみに平成24年3月31日時点では人口48,777人。

その支援策のなかで、筑後市に定住しようという方は、
以下のような支援・助成が受けられるようなのです。

結構、メリットが大きそうなので、ご紹介しますね。

1.新築マイホーム取得支援事業
2.住宅リフォーム補助事業
3.新婚世帯家賃支援事業
4.転入者新幹線定期券購入補助事業
5.多子出産祝い金事業

20130708184015

1.新築マイホーム取得支援事業

筑後市内でマイホームを新築し、
一定の条件を満たした場合に奨励金を支給する事業。

具体的にいくらくらい給付されるのか、というと、
取得する住宅の固定資産税相当額(上限15万円)を
取得する住宅に固定資産税が課税された年度から3年間支給。

要は固定資産税の負担が3年間なくなる感じですね。

2.住宅リフォーム補助事業

筑後市に転入して、中古住宅を購入し、
その住宅を市内業者がリフォームする場合に補助金を支給する事業。

具体的に給付額はいくらなのか。
リフォーム金額の10%(上限20万円)。

3.新婚世帯家賃支援事業

市内の賃貸住宅に入居する新婚世帯に家賃の一部を支援する事業。
給付額は家賃から住宅手当等と48000円を差し引いた額で、
月額1万円を上限とし、最長36ヶ月。

4.転入者新幹線定期券購入補助事業

九州新幹線筑後船小屋駅から通勤、または通学する方へ、
その定期券の購入費の一部を補助する事業。

1カ月あたり1万円×新幹線定期券の通用期間の月数が支給額。

5.多子出産祝い金事業

平成25年4月1日以降に生まれた
第3子以降の子供を養育している方へ祝い金を支給する事業。

対象児1人につき10万円。

以上が筑後市定住促進事業の内容です。

正直、この施策があるから移住しよう!!とまで
思うほどのメリットはない気がします(厳しいですが)。

しかし、筑後市定住に興味があったり、地元が筑後市である人、
また、筑後市っていいな、と思っていて新幹線通勤でもいいや、
そう思っている人などは、これらの支援・助成を受けることで、
移住・定住しやすくなるな、と感じます。

移住・定住する意思のある方の背中を押すイメージでしょうか。

ご興味ある方は、筑後市役所 総務部 企画財政課 定住促進係まで
ご連絡されてみてはいかがでしょうか。