住宅会社・工務店の選び方のポイント

髪がすごく伸びてしまっているので、早めにカットして坊主にしようとタイミングを狙っている竹内正浩です。

ずっと坊主だったんですけれども、一度タイミングを逸するとなかなか切ることなく、時間が流れてしまいますね。

さて、昨日はイベントがありました。

資金計画セミナーということで、人生にお金はいくらかかるのか。
住宅にいくらお金を使えばいいのか。
子育てに、老後にお金はどうなのか。

というようなことを日本でもトップクラスのファイナンシャルプランナーさんを講師にセミナーしていただきました。

その後に、本ブログを熱心にお読みいただいている方から、熱いご質問をいただき、熱く放談(笑)させていただきました。

そのなかで、自分で話しておきながら、なかなかいいことを言っているな、と思いましたことがあります。

それは「どうやって住宅会社を選んだらいいのか?」という話です。

住宅会社の選び方は人それぞれです。

外断熱や特別な工法がいいから。
デザインがいいから。
営業の人が熱心だから。
安いから。

色々あります。
人それぞれです。

では、業界人の自分なら、自分がお客様の立場なら、どうやって選ぶか、と考えますと、答えがあります。

それは「誰がやっているか?」です。

自分の家、一生の家を建てる住宅会社は誰がやっているのか。究極的には「人」です。

「A社の営業マンさんは動きが早いし、熱心に通ってくれているから・・・」

その営業マンは契約後も、そんなに熱心に通うと思いますか??
熱心にあなたの家に通うのは契約がほしいからで、契約して、完成後になったら、あなたの家に来たりしませんよ。

そもそもその営業マンは自社がマトモに家づくりしているかどうかなんて、わかってません。
建築のケの字も知らないのが営業マンなので。

住宅ローンと自社のウリと契約はできますけど、家は建てられません。

要は住宅建築をよくわかってない人を信用しているわけです。

僕はそんな人から家を買いたくありません。

真面目で真剣で責任取る覚悟があって、逃げない人。
真摯に向き合って、きちんとした知識を持って、仕事に向かっている人。

そんな人がいいですね。

外断熱でも内断熱でも、どんな工法でもいいんです。
メリットデメリットがそれぞれあるので、真面目で正義感の強い人なら、その人がベストと思うやり方をきちんと考えているはずで、そこは外れないからです。

要は「やっている人を信じられるかどうか」ということが重要なわけです。

たしかに熱心にされるとうれしいですね。
安いとよさそうですね。
外断熱もよさそうですね。

でも、そういうのは枝葉末節であって本質じゃないんです。

熱心にしてる人が大工仕事するわけではないです。
熱心でも、知識なかったら「ウソつき」です。
熱心でも住宅建築は手抜きします。
そんなものです。

熱心さは大切にしたいですが、本当にそれだけでいいんでしょうか?

安い高い、外断熱、そういうことで決めていいのでしょうか?

真面目な人は適正な価格です。
安い高いではなく、妥当な価格なんです。
真面目で正義感あったら、ぼったくりしません。

熱心だからって、真面目で正義感ある高潔な人間とはかぎらないです。
安い高い、外断熱とかじゃないんです。

結局、その住宅会社の人間はどんな人か。
それが大事なんです。

仕事柄、色々な人と会いますし、仕事を発注してますけれども、僕自身も相手の人間性をきちんと見極めていきたいと考えています。

でんホームも現場の職人さん方においてはいくつかの変遷がございましたけれども、それは彼らの人間性だったり、どのような人間かの判断で色々とあったわけです。相性だったりですね。

最終的には、でんホームとして、竹内正浩として、自信をもって住宅建築できているか。

誇りを持って仕事して、その仕事は胸張れるのか?

そういうところではないかと思うわけです。

プライドとか、責任感みたいなところです。

恥じない仕事をしていきたいものです。

なかなか人を見抜く目というのは難しいですし、自分自身まだ至らないところがございますけれども、よりよいかたちにしていきたいと考えながら、動いています。



近畿大学 産業理工学部 建築 デザイン学科の学外演習で、でんホームモデルハウスに来訪

近畿大学 産業理工学部 建築 デザイン学科の学生のみなさんが、学外演習ということで、でんホーム鳥飼モデルハウス「でんさんち」に来訪いただきました。

大学の学生さんたちということで、みなさんすごい若いです。当然ですが。

なんと1995年前後の生まれということで、まあ、それは当然なのですけれども、2016年−1995年で20歳くらいというわけで、大学生というとそういう年代の生まれなわけですね。

平成年代の生まれということで、いかに歳をとったかということが感じられます。

さて、学外演習ということで、でんホームの仕事内容、現場の話など、一通りのお話を代表の藤本がいたしました。

大学生さんたちは2回に分かれていらして、各回ともに15名程度ですから、合計30名くらいでした。

なかには熱心に藤本に質問をされたり、今後の進路について話をしたり、色々と話がありました。

まだ就職活動もスタートしておらず、今後の人生について、思案されているところだと思います。

多少なりとも、藤本の話が役に立てば幸いです。

さな部長も同席しまして、歓迎のダンスなどしておりました。



OBのお客様に完成のお祝いいただきました!&海外製食洗機談義

キッチンを使わないのにキッチンに詳しい男、竹内正浩です。
キッチンメーカーの方に比較しても、包括的な知識レベルでは上だと自負しております。

キッチンメーカーの方でも、職種によって知識内容が変わります。
営業の方はお金のことや設備、ウリなどは詳しいですが、施工面の知識はあまりありません。

逆に施工の方は施工面の知識はありますが、お金やそのまわりの話はわかりません。
加えて、キッチンメーカーの方は自社のキッチンは詳しいですが、他社さんのキッチンはあまり詳しくないです。
ショールームに行ってしまうと、敵情視察みたいな感じになりますから。。。

というわけで、何の話かよくわかりませんが、とりあえずキッチンに詳しいという話をしてしまいました。

まあ、キッチンを使わない男なんですけれども・・・

でんホームの新モデルハウス「でんさんち」が完成しまして、OBのお客様に完成のお祝いをいただきました!
ありがとうございます!

いらしていただいたときに、ちょうど今から建築というお客様の打ち合わせがありまして、そこで話が盛り上がりました。

そのテーマが「海外製食洗機」。

具体的な名前を出してしまうと「ガゲナウ(gaggenau)の食洗機」です。
参考リンク:ガゲナウ(gaggenau)

そのOBのお客様がガゲナウの食洗機のユーザー様なので、実際の具体的な食洗機の使い方のレクチャーを受けたというわけです。

ちなみに、でんホーム鳥飼モデルハウス「でんさんち」のキッチンにも別付けですが、食洗機があります。

それも「ガゲナウの食洗機」なのです!

前述しました通り、キッチンを使わないのにキッチンに詳しい男が、色々な検討材料とヒアリングを重ねた上で「これだ!」というセレクトをしましたのが「ガゲナウの食洗機」でございます。

とてもお高いブランド商品で、海外モノですから、本当にほしいと感じられる方にはオススメしたい商品でございます。

そういう情熱・熱意でセレクトしましたもので、その熱い気持ちをそのお打ち合わせのお客様にしまして、熱意が通じた?のか、「ガゲナウの食洗機」仲間になっていただくことになりそうです。

「ガゲナウの食洗機」については、別途、記事にしたいと思うのですけれども、端的に申し上げると、大変素晴らしい商品だと思うのですけれども、海外製食洗機がそもそも高いという点と知名度という点で、同じ海外製食洗機メーカーでも、ミーレ(Miele)とAEGに販売数では負けてしまっているというのが現実です。

ということで、福岡エリアにおいても、この「ガゲナウ食洗機」を入れているご家庭は少ないのだという話を某高級キッチンメーカーの方からお聞きして、せっかくなので「ガゲナウ食洗機」仲間をつくりたいという意味のわからない思いがありまして、仲間を増やせたらなという流れになっております。

ガゲナウ自体、ほとんど知られていないブランドなのですけれども、ドイツ本国では超高級時計ブランドなどと並んで、超高級ブランドイメージがあるそうでして、日本で買う分にはかなりお買い得との情報も得ております。

そういうお得情報が好きです。

熱い気持ちが文章になって長くなりましたが、そういうことで。



ひとりぼっちの日本一周中のべべーさんにモデルハウス来ていただきましたー!

東京都でウェブ制作を行う株式会社LIGの野田クラクションべべーさん。
現在、ひとりぼっちの日本一周をされていらっしゃいます。

1998年製の軽自動車「サンディエ号」に乗って、東京から南下。
現在、福岡市に来ているということで、
弊社でんホームのモデルハウスに来ていただきましたー。

▼ベベーさんの車「サンディエ号」
2016-04-05 20.51.28

▼横から
2016-04-05 20.50.43

もう40日以上、東京から移動して来られているそうで、大変ですね。

基本的には寝泊りはこの車中泊だそうで、自分はそういう経験があまりないのでわからないですが、ベベーさんは野宿経験も豊富だそうで(笑)、楽だそうです。若いですねー。

僕はちょっと無理っぽいですね。
ホテルがいいです(笑)。

▼室内で寝られるように加工
2016-04-05 20.51.02

でも、ちょっと憧れますね。
車中泊で日本一周。

知らない街に色々行って、車に泊まって、ぶらりぶらり・・・

なんか自由でいいですねー。

ちなみにべべーさんの「サンディエ号」は臭くありませんでした!!

車用のファブリーズとスプレータイプのファブリーズのWファブリーズ、ダブリーズでにおい除去されていて、実際車内をのぞいてみましたけれども、くさくなかったです!すごい。

▼べべ旅
2016-04-05 20.50.58

ちょうどタイミングがよく、木材を運ぶ機会があったので、一緒にトラックで運んできました。
色々と旅のお話やら、お伺いしました。

この日本一周中も、今後会う人とのやりとり、アポとり、スケジュール管理、メールやりとり、もちろんブログ記事を書いたり、facebookなどをしたりと、かなり多忙な動きをされていらっしゃいますね。

■ベベーさんのブログ記事
ついに中国地方に突入!広島県尾道市で着物美女に惚れました。 | べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

移動中は運転以外、何もできないでしょうから、大変です。
頑張っている人は応援したくなりますねー。

高速道路とかじゃなくて下道で移動して、お風呂セットなんかも持っていて・・・
応援したくなりますよね!

日本一周、無事故で完結させていただきたいですね!

飴もいただきました。ありがとうございます!

▼いただいた飴
2016-04-05 20.51.38

あと、余談ですが、べべーさんの写真って、きれいなんです。
それで見てましたが、べべーさんのきれいで、おしゃれな写真はやはりノウハウがあったみたいです。

▼撮影シーンを隠し撮り
2016-04-05 17.25.26

▼でん社長とベベーさんと3人でのショット
2016-04-05 20.51.32



差し入れいただきました!ありがとうございます。ホームオーナー様宅をご一緒に訪問しました。

20140514164955
▲「ポッシュ」というお店の「生ブラウニー」とのこと。

差し入れ、いただきました!ありがとうございます!!
なめらかなチョコレートバーで、ほどよい溶ける感がしまして、おいしかったです。

さて、最近は運動不足で、ちょっとダッシュすると、ふくらはぎあたりが痛くなってしまう感じの竹内正浩でございます。意識して体を動かさないと、なかなか運動不足になりがちですから、意識したいものです。

さて、今日は現在、でんホームで建築を検討されていらっしゃる方々2組とご一緒にすでに入居いただいておりますホームオーナー様(OB様)宅に訪問させていただきました。ありがとうございます。

お客様ばかりで心に余裕がありませんでしたので、写真を撮り忘れております。すみません。

実際にホームオーナー様の家に伺い、生活されている方々にお話しを直接聞ける機会をつくるというのは大変ありがたいことであると同時に、建築を検討されている方の参考に本当になるな、と感じました。

私たちは建物が完成してお引渡して、完了ということになるのですけれども、実際にはお客様がそのお家に住み始めるスタートとなるわけですから、そこからが始まりというわけです。

実際に伺うと、建築だけでない、生活感のある感じがある意味で、ステキだったりします。それは収納の工夫だったり、ちょっとした飾りつけだったり、それが味になって、そのお客様ご家族のテイストというか、雰囲気になじみます。

とにかく、建築物そのものだけではなく、ご家族のライフスタイルを含めて、お話をお聞きできるというのは素晴らしいですね。

今後も、このような機会をつくることができればという思いで、ホームオーナー様にお話して、6月7日(土)にホームオーナー様宅を再度訪問する機会をいただきました。まだ、案内などは完成しておりませんが、人数限定で開催する予定であります。

詳しい内容をお知りになりたい方は藤本にご連絡いただきますか、お問い合わせフォームよりご連絡いただけますと、助かります。もちろん、私、竹内正浩の名刺をお持ちの方は直接ご連絡いただけましたら、幸いです。